電話番号097-558-0300 FAX097-558-1635
インフォメーション
後援申請

だいふくんと県内のゆるキャラ仲間達

だいふくん動画の一覧はこちら

後援申請
アクセスカウンタ
トップ  >  福祉サービス利用援助事業  >  1-2 福祉サービス利用援助事業
どのような人が利用できるの?

 認知症高齢者、知的障がい者、精神障がい者など判断能力が十分でない方で、日常生活を営むのに必要なサービスを利用するための情報の入手、理解、判断、意思表示を本人のみでは適切に行うことが困難な方が対象となります。ただし、この事業は、契約に基づいてサービスを提供しますので、事業の契約内容について判断し得る能力を有していることが必要です。


※判断能力に特に課題がなく、身体障がいのみの理由で本事業を希望される場合や、認知症や障がいに起因せず、単に浪費であることを理由として本事業の利用を希望される場合は、対象になりません。
※日常生活自立支援事業は、ご本人にこのサービスを利用する意思があり、契約の内容がある程度理解できる方と社会福祉協議会が対等な立場で契約することが前提です。
 障がいなどにより、ご本人に社会福祉協議会と契約できるだけの判断力がなくなった場合には、「成年後見制度」やこの事業以外でご本人にふさわしい援助につないだりします。
※認知症の診断を受けていない方、療育手帳や精神保健福祉手帳をお持ちでない方もご利用できます。
※施設、病院に入所、入院している方でも、ご利用できます。

どのようなサービスを受けられるの?

1 福祉サービスの利用のお手伝い

このようなとき

  1. 福祉サービスを利用したいけど、よくわからない。
  2. 福祉サービスの利用料の支払い手続きができない。
  3. 今、受けている福祉サービスに不満があるが、どうしたらよいかわからない。

次のような援助を行います

福祉サービスの利用のお手伝い
  1. 福祉サービスについての情報提供を行います。また、福祉サービスについての相談を受け、助言をします。
  2. 福祉サービスを利用する際の申し込み手続きを援助します。
  3. 福祉サービスの利用料の支払い手続きを援助します。
  4. 係の人にあなたの気持ちを伝えるなどし、苦情解決制度の利用を援助します。

2 日常生活に必要な手続きのお手伝い

このようなとき

  1. 住宅改造や住居の賃借について、どうしたらよいのかわからない。
  2. 住民票の届出などの行政手続きがよくわからない。
  3. 日常生活上の消費契約の手続きの方法がわからない。

次のような援助を行います

  1. 住宅改造や住居の賃借に関する手続きについて相談を受け、助言します。
  2. 住民票の届出などの行政手続きを援助します。
  3. クーリングオフなど、日常生活上の消費契約の手続きの援助をします。

3 日常的なお金の出し入れのお手伝い

このようなとき

  1. 年金や福祉手当の受け取りがうまくできない。
  2. 公共料金や税金の支払いが滞りがちである。
  3. 家賃やヘルパーの食材費などの支払いをして欲しい。
  4. 計画的な金銭管理ができないので、生活費を定期的に届けて欲しい。

次のような援助を行います

日常的なお金の出し入れのお手伝い
  1. 年金、福祉手当の受取に必要な手続きを援助します。
  2. 公共料金や税金の支払い手続きを援助します。
  3. 家賃や食材費を支払う手続きを援助します。
  4. 生活費を定期的に届ける援助をします。
  5. 以上に伴う預貯金の預け入れ、払い戻し、解約の手続きを援助します

 

4 大切な書類などのお預かり

このようなとき

  1. 通帳や印鑑を紛失してしまう。
  2. 土地の権利証や年金証書などの大切な書類の保管に不安がある。

次のような援助を行います

大切な書類などのお預かり
  1. 通帳や証書
  2. 実印や銀行印
  3. 年金証書
  4. 権利証
  5. 契約書類
  6. 保険証書
  7. その他、実施主体が適切と認めた書類
    をお預かりします。
    ※ただし、宝石、書画、骨董品、貴金属などは、お預かりできません。

 

プリンタ用画面
前
8 問い合わせ先一覧
カテゴリートップ
福祉サービス利用援助事業
次
3 利用するにはどうしたらいいの?

このページの先頭へ