メニュー
関連リンク
大分県社会福祉協議会
トップ  >  諸規定
福祉サービス評価センターおおいた委員等服務規程
平成17年1月28日
規程第28号
(目的)
第1条 この規程は、福祉サービス評価センターおおいたに置く委員等の服務に関し必要な事項を定めるものとする。
(適用の範囲)
第2条 この規程は、次の各号の職にある者に適用する。
(1)福祉サービス評価委員会委員
(2)評価調査者
(3)事務局職員(嘱託職員、臨時的任用職員を含む。)
(秘密保持義務) 
第3条 前条の委員、評価調査者若しくは事務局の職員(以下「委員等」という。)又はこれらの職にあった者は、その職務に関して知り得た秘密を漏らしてはならない。
(公正な職務の執行) 
第4条 委員等は、常に公正な職務の執行に務めるとともに、その職務や地位を私的な利益のために用いてはならない。
(禁止行為)
第5条 委員等は、評価の対象となる福祉サービス提供事業者から一切の利益又は便宜の供与を受けてはならない。
(事務局職員の服務) 
第6条 事務局職員は、この規程の定めによるほか、社会福祉法人大分県社会福祉協議会職員就業規則(昭和38年4月1日規則第1号。以下「就業規則」という。)の適用を受けるものとする。
(違反に対する処分等)
第7条 会長は、委員がこの規程に違反する行為を行ったと認めたときは、定款第26条の5第1項の規程に基づき当該委員を解任することができる。
2 代表委員は、評価調査者がこの規程に違反する行為を行ったと認めたときは、これを解雇することができる。
3 代表委員は、事務局職員がこの規程に違反する行為(就業規則に違反する場合を含む。)を
行ったと認めたは、会長に対し当該事実を記載した書面でもってその旨を通知するものとする。
(委任)
第8条 この規程に定めるもののほか、委員等の服務に関し必要な事項は代表委員が定める。
附則 この規程は、平成17年1月28日から施行する。

ネクスト
プリンタ用画面