※上記の様式はすべての様式を含んでいます

ボランティア募集中

フードバンクおおいた事業実施要綱

(目的)
第1条 社会福祉法人大分県社会福祉協議会(以下「本会」という。)が、食べ物に困っている人や生活に窮迫した相談者に対して支援事業(以下、「本事業」という。)を行うことを目的とする。また、災害時の避難所被災者等向け緊急食料支援事業を実施する。
(実施主体)
第2条 本事業の実施主体は本会が行うものとする。実施にあたっては業務の一部を委託する。

(支援内容)
第3条 本事業の支援内容を次のとおり定める。
 フードバンクおおいた事業(緊急食料支援事業)

(1) 相談者のなかで、食べ物に困っている人、喫緊に生活上の困難に直面している相談者に対する緊急食料支援。

(2) 災害時の避難所被災者等に対する緊急食料支援。

(3) その他、本会が必要と認めた支援。

(本事業の支援体制)
第4条 本事業の支援体制を次のとおり定める。
 本事業の責任
  本事業の責任は本会が担う。
2 本事業の支援窓口業務

本事業の支援窓口業務は原則、県内市町村社会福祉協議会(以下「市町村社協」という。)とし、その職務は次のとおりとする。なお、相談者が本会窓口に直接来所した場合は、本会が以下の職務を行うこととする。

(1) 生活福祉課題を抱えている者からの相談受付

(2) 相談者の課題、相談者の現状、支援内容の確認と記録

(3) 食料支援を実施した対象者の支援内容及び改善状況等について、本会及び幹事会への報告

3 幹事会

幹事会は、食料確保・管理、支援内容の調整等を目的に設置し、本会が必要と認めた場合にその都度開催するものとする。

(本事業の対象者)
第5条 本事業の対象者は、食べ物に困っている人、生活に窮迫している者を対象としている。また、生活福祉課題を抱えている者であり、生活困窮者自立支援制度の自立相談支援機関と十分連絡調整を行ったうえで制度・支援策につながる者またはつながる可能性がある者とする。上記に加えて、災害時に緊急食料支援を必要とする避難所被災者等とする。なお、これに依らない者は、別途、本会と協議して決めることとする。
(本事業の支援手順)
第6条 本事業の支援手順は次のとおりとする。

本事業の周知
 本会は生活福祉課題を抱えている者や被災者に対し、市町村社協の名称・連絡先や食料支援の仕組みについて周知を図る。なお、実施主体である本会の名称も記載するものとする。

2 本事業の支援受付

(1)市町村社協は、生活福祉課題を抱えている者、被災者からの相談を随時受付ける。

(2)市町村社協は、生活福祉課題を抱えている者、被災者からの相談受付に際し、次の事項を別紙様式に記録する。

ア 相談者の氏名、住所、連絡先

イ 相談者の生活福祉課題の内容

ウ 相談者に対する支援策の内容

エ 相談者のモニタリング内容

3 本事業の支援決定

市町村社協は、本要項第5条にある対象者と判断した場合、本会へ報告後、支援決定した相談者へ食料の提供を行うこととする(配達、炊き出し含む)。ただし、市町村社協が緊急を要すると判断した場合は本会への報告を事後とすることができる。

4 本事業の支援後活動

市町村社協は、食料支援を決定した対象者をモニタリングし、適宜、相談支援活動を行う。また、その際の活動記録をとる。なお、活動記録は、3ヶ月ごとに本会へ提出する。

(食料品の確保及び管理)
第7条 食料品の確保及び管理を次のとおり定める。

食料品の確保
本会は、本事業の目的に賛同する企業を募り、賛同企業から食料品を寄贈してもらうとともにフードドライブを随時実施し、食料品を確保する。そのために啓発事業としてフードバンクキッチン等を実施する。

2 食料品の管理

本会は確保した食料品を適切に管理する。また、適宜、市町村社協へ食料品を配付する。なお、市町村社協は、配付のあった食料品を適切に管理する。

(その他)
第8条 この要項に定めのない事項については、本会が別に定める。
附 則 この要項は、平成28年6月30日から施行する。

ボランティア募集中