※上記の様式はすべての様式を含んでいます

ボランティア募集中

フードバンクおおいた設立趣意書

 現在、我が国ではこどもの6人に1人が相対的貧困状態にあり、こどもたちを養育する世帯のうち、ひとり親世帯とりわけ母子世帯は2世帯に1世帯が相対的貧困の中で生活を余儀なくされているといわれており、こどもやひとり親世帯の貧困が大きな社会問題となっています。

 その一方で、我が国の食品流通の現場では、包装の破損や印字ミス、賞味期限・販売期限等の理由により、品質には問題がない食品まで廃棄されている現状があります。この食品ロスは年間800万トンにも上るという試算もあり、その量は米の生産量に匹敵するといわれています。

 私たちは、この二つの問題を結びつけ、まだ食べられるのに様々な理由で廃棄処分されてしまう食品を、食べ物に困っている人や福祉施設などに届けるフードバンク事業を行ってまいります。

 このフードバンクを活用することにより、相対的貧困状態に置かれているこども達やひとり親世帯の「食」を支援し、他方、食品製造や流通・小売りなどの企業には、社会貢献活動を実施していただく中で、廃棄コストの削減にもつながるものと考えております。

 さらには、このような事業を通じて、大規模災害発生時の避難所・福祉避難所、在宅避難者への食料提供の仕組みづくりにも貢献できるものと考えています。

 ここに、これまでも多くのボランティア活動や社会貢献活動を推進してこられた企業や団体、個人の皆様と連携・協働し、余っている食べ物を困っている人へつなぐ活動を行うため、「フードバンクおおいた」を設立させていただきたいと考えております。

 皆様方には、この設立趣旨をご理解いただき、「フードバンクおおいた」事業活動の推進にご支援、ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

フードバンクおおいた(社会福祉法人大分県社会福祉協議会)
会 長  髙 橋  勉

ボランティア募集中