AをBみたいな感じでC風に(不明瞭)

大阪市立大学大学院の白澤教授をお招きして「大分県地域包括・総合相談・在宅介護支援センター研修会」を行いました。


介護保険制度の改正に向けた地域包括ケアを進めるネットワークづくりについて、午前中ご講義をいただきました。主に地域包括系、みたいな~、的な、内容(アバウトすぎるやろ)でしたが、社協としてもヒントでピンとな内容。多々感じるものがありました。


遅きに失することなきよう、おのおの方、油断召されるな。

トラックバックをする

この記事のトラックバックURL

コメント

コメント(0)

コメントをどうぞ

※投稿いただいたコメントは、事務局でチェック後、掲載させていただきます。
掲載までに少しお時間をいただくこともありますのでご了承ください。