笑う門には

別府ビーコンプラザで「笑いとセラピー講演会」がありました。この会は、別府市社協さんが開催しています。
笑いとセラピー・・・ってなんやねん?という方もいるかもしれませんが、笑うことが健康増進(介護予防、認知症予防、血糖値が下がる、内部疾患などの病気に効果的)に繋がるということは、聞いたことがあると思います。そういうことです。
高齢者を対象に健康増進、閉じこもり防止・介護予防の一環で“笑いと健康”をテーマに、毎年開催して今年で5回目。例年満員御礼で、多い年には600人くらいの参加があるとのこと。
今年は総合司会と講話に笑いと健康学会澤田隆治会長、ギタレレ漫談のぴろきさん、“な~んでか?フラメンコ”の堺すすむさんのライブ漫談がありました。
今年も会場は超満員で、皆さんめちゃくちゃ、いい笑いが出てました(^^。
別府市社協さんは、設営やら整理やら誘導やら・・・裏方でアクセク活動していましたので、健康には影響がなかったと思いますが(^^;。
お疲れさまでした。

トラックバックをする

この記事のトラックバックURL

コメント

コメント(0)

コメントをどうぞ

※投稿いただいたコメントは、事務局でチェック後、掲載させていただきます。
掲載までに少しお時間をいただくこともありますのでご了承ください。