ふれあいサロン発会式を訪れました

顧問の佐藤さん。自治会長さんです。
発会式の冊子は、民生委員安東会長作成のもの。
社協も事業説明をしてます
「地域ふれあいサロン」の発会式があるとのことで、伺いました。
地区は、大分市末広町1丁目。末広町は、大分駅のほぼ真ん前の地域で、多くのビルが建ち並ぶ中心商業地区。

地価が高いため?地域住民の公民館などありません。・・・じゃあ、どこでする?
・・・実は、駅前の「グリーンリッチホテル」さんが、『地域の方のために』と、会議室を開放してくれたそうです。
サロンの名称は「すえひろ会」。会長を含む16名の会員さんでの発足。
中心市街地で、日中は若者の姿があるため、高齢化率はそんなないと思いきや・・・実は、33.9%。3人に1人は65歳以上なんだそうです。
ちなみに、大分市全体では19.7%(21年末現在)。日中、いかに若者が郊外から流入しているかが伺えますね。

そんなわけで、地域の皆さんの集い場が必要、と、民生委員さんが一念発起したそうじゃ。めでたしめでたし・・・で、終わるんじゃなくって、今後この活動をいかに継続させていくか。参加者(会員)獲得も必要ですが、活動企画運営の後継者育成も大切になってくるのでしょうね。
兎にも角にも、発足おめでとうございました!会の名称どおり、活動が幾重にも広がっていきますようお祈りします。

トラックバックをする

この記事のトラックバックURL

コメント

コメント(0)

コメントをどうぞ

※投稿いただいたコメントは、事務局でチェック後、掲載させていただきます。
掲載までに少しお時間をいただくこともありますのでご了承ください。