至福の時間

眼下に広がる穏やかな海。白い帆をたてたヨット。傍らの木々の葉を揺らす心地よい風。青い空を飛び交うツバメ。目の前の草花のかすかな匂いと、それに誘われたのか一頭の蝶々が。そして絶えどなく湧き出るお湯の音。連休中は人込みをさけて、空いていそうな時間帯を選んで露天風呂へ。引き戸を開けると貸し切りだ。湯加減もちょうどよく体になじむ。鳥の声とお湯の湧き出る音だけが時の流れを遅く感じさせる。一人だけの至福の時間。目を閉じれば・・・。


眼下に広がる穏やかな海。白い帆をたてたヨット。傍らの木々の葉を揺らす心地よい風。青い空を飛び交うツバメ。目の前の草花のかすかな匂いと、それに誘われたのか一頭の蝶々が。そして絶えどなく湧き出るお湯の音。連休中は人込みをさけて、空いていそうな時間帯を選んで露天風呂へ。引き戸を開けると貸し切りだ。湯加減もちょうどよく体になじむ。鳥の声とお湯の湧き出る音だけが時の流れを遅く感じさせる。一人だけの至福の時間。目を閉じれば・・・。

トラックバックをする

この記事のトラックバックURL

コメント

コメント(0)

コメントをどうぞ

※投稿いただいたコメントは、事務局でチェック後、掲載させていただきます。
掲載までに少しお時間をいただくこともありますのでご了承ください。