自然の中でのモーニング

休日の朝、いつものように4時30分に目覚め、今日1日をどう過ごすか思案。思いついたのが、たまには外でモーニングを食べようということ。早速出かける準備をして車に乗り込み、途中コンビニに寄り弁当と飲み物を買い込んだ。そしていつも行く山へと車は向かい、ハンドルを右へ左へ何度かきり目的地へ。その日は霧が立ち込め幻想的。静かな山の中、きれいな空気を前菜に弁当をつまむ。日ごろしないことをすることは新鮮であり、おいしかったりする。傍らを飛び回っていた蝶々が自分の胸にとまり、あいさつにきたりする。外での食事はやはりいいなと思いながら遠くの景色を眺めた。


休日の朝、いつものように4時30分に目覚め、今日1日をどう過ごすか思案。思いついたのが、たまには外でモーニングを食べようということ。早速出かける準備をして車に乗り込み、途中コンビニに寄り弁当と飲み物を買い込んだ。そしていつも行く山へと車は向かい、ハンドルを右へ左へ何度かきり目的地へ。その日は霧が立ち込め幻想的。静かな山の中、きれいな空気を前菜に弁当をつまむ。日ごろしないことをすることは新鮮であり、おいしかったりする。傍らを飛び回っていた蝶々が自分の胸にとまり、あいさつにきたりする。外での食事はやはりいいなと思いながら遠くの景色を眺めた。

トラックバックをする

この記事のトラックバックURL

コメント

コメント(0)

コメントをどうぞ

※投稿いただいたコメントは、事務局でチェック後、掲載させていただきます。
掲載までに少しお時間をいただくこともありますのでご了承ください。