歳のせいでしょうか・・・

 最近、なぜか涙もろくなってきました。
 昨日~今日と日放送された、恒例の「24時間テレビ」。足に障がいのある子どものシンクロ挑戦。目が不自由な少女の青森~北海道の遊泳縦断。聴覚障がい者の子どもたちの影絵劇に向けた猛特訓。脳に腫瘍ができ23才の若さで逝った青年と家族との絆のドキュメンタリードラマ。などなど、24時間涙は止まりませんでした。
 そして、いよいよフィナーレ。お笑い芸人、珍獣ハンター“イモト”の力走。いつもはみんなを笑いに包んでいますが、その人の裏側(産まれた時から現在までの生き様)を見るにつけ、色んなことを考えさせられます。
 人は、表面だけを見て判断するのではなく、裏側を、内側を注意深く考えることで、見えてくる何かがきっとあります。分かっちゃいるけど、いざ現場(その時)になるとついつい忘れがち。
 涙が止まらなかったのは、年のせいではありません!(と言いきりたい(^^;)。
いつの年代になっても、感受性豊かに生きていきたいものです。

トラックバックをする

この記事のトラックバックURL

コメント

コメント(0)

コメントをどうぞ

※投稿いただいたコメントは、事務局でチェック後、掲載させていただきます。
掲載までに少しお時間をいただくこともありますのでご了承ください。