ぎゅっと

いつもの店で買い物を済ませ、出口を出て駐車場に向かう途中、左手をぎゅっとつかまれた。振り向くと2歳くらいの女の子。「違うわよ、その人はパパじゃないのよ」後ろから聞こえてきたのはその子の母親だ。少し離れていたその女の子のパパと自分を間違えたらしい。かわいいなぁ。熊本にいる孫の円花の顔を頭に思い浮かべながら、車の助手席に荷物を置いた。


いつもの店で買い物を済ませ、出口を出て駐車場に向かう途中、左手をぎゅっとつかまれた。振り向くと2歳くらいの女の子。「違うわよ、その人はパパじゃないのよ」後ろから聞こえてきたのはその子の母親だ。少し離れていたその女の子のパパと自分を間違えたらしい。かわいいなぁ。熊本にいる孫の円花の顔を頭に思い浮かべながら、車の助手席に荷物を置いた。

トラックバックをする

この記事のトラックバックURL

コメント

コメント(0)

コメントをどうぞ

※投稿いただいたコメントは、事務局でチェック後、掲載させていただきます。
掲載までに少しお時間をいただくこともありますのでご了承ください。