そんなことで

あれは中学2年生の頃。後ろから2番目の窓際の席。いつもたいくつな授業がいやで、窓の外ばかりを眺めていた。風にいたずらされるままの白い雲。遠くの山並み。ベランダに遊びに来たスズメは舌を出して飛んでいく。そんな自分に一番後ろの席に座っていた女子から言われた。「いつも窓の外を眺めている○○君が好き」と。そんなことで好きになってくれるのなら今でも外を眺めていようかな。しかし、今はデスクの背中側が窓だし・・・。ふと振り向くといつかのスズメが舌を出して飛んで行った。


あれは中学2年生の頃。後ろから2番目の窓際の席。いつもたいくつな授業がいやで、窓の外ばかりを眺めていた。風にいたずらされるままの白い雲。遠くの山並み。ベランダに遊びに来たスズメは舌を出して飛んでいく。そんな自分に一番後ろの席に座っていた女子から言われた。「いつも窓の外を眺めている○○君が好き」と。そんなことで好きになってくれるのなら今でも外を眺めていようかな。しかし、今はデスクの背中側が窓だし・・・。ふと振り向くといつかのスズメが舌を出して飛んで行った。

トラックバックをする

この記事のトラックバックURL

コメント

コメント(0)

コメントをどうぞ

※投稿いただいたコメントは、事務局でチェック後、掲載させていただきます。
掲載までに少しお時間をいただくこともありますのでご了承ください。