イメージの世界

理髪店の独身の女性店員はイケメン好き。「そういえば先日、職場にきた営業の人はイケメンだったなぁ」「えっ、どんな人ですかぁ?」と目が輝く。「身長が高くて顔が小さくて、清潔感があって・・・」鏡に写る彼女の顔は笑顔になってくる。「やさしそうな目で・・・」ここまでくると彼女の頭の中は、そのイケメンのイメージで一杯に。「最近、いいことないの?」「このまえ、自転車に乗ってて、イケメンが運転する車に進路を譲ってもらったの」「また、進歩のない話し。笑」その女性は笑顔で、やさしく肩をもんでくれた。


理髪店の独身の女性店員はイケメン好き。「そういえば先日、職場にきた営業の人はイケメンだったなぁ」「えっ、どんな人ですかぁ?」と目が輝く。「身長が高くて顔が小さくて、清潔感があって・・・」鏡に写る彼女の顔は笑顔になってくる。「やさしそうな目で・・・」ここまでくると彼女の頭の中は、そのイケメンのイメージで一杯に。「最近、いいことないの?」「このまえ、自転車に乗ってて、イケメンが運転する車に進路を譲ってもらったの」「また、進歩のない話し。笑」その女性は笑顔で、やさしく肩をもんでくれた。

トラックバックをする

この記事のトラックバックURL

コメント

コメント(0)

コメントをどうぞ

※投稿いただいたコメントは、事務局でチェック後、掲載させていただきます。
掲載までに少しお時間をいただくこともありますのでご了承ください。