楽なのか過酷なのか

公園を散歩中ふと立ち止まり、大きな蜘蛛の巣の真ん中にじっとしている蜘蛛を眺めた。人間と違って働くことはない。じっと獲物を待つだけだ。楽と言えば楽だが、何日も獲物がかからなかったら・・・。地面の落ち葉をそっと巣にかけてみた。蜘蛛はやっとかかったと思い動き出す。蜘蛛さん、騙してゴメンね。やっぱり子猫のルークは幸せだ。


公園を散歩中ふと立ち止まり、大きな蜘蛛の巣の真ん中にじっとしている蜘蛛を眺めた。人間と違って働くことはない。じっと獲物を待つだけだ。楽と言えば楽だが、何日も獲物がかからなかったら・・・。地面の落ち葉をそっと巣にかけてみた。蜘蛛はやっとかかったと思い動き出す。蜘蛛さん、騙してゴメンね。やっぱり子猫のルークは幸せだ。

トラックバックをする

この記事のトラックバックURL

コメント

コメント(0)

コメントをどうぞ

※投稿いただいたコメントは、事務局でチェック後、掲載させていただきます。
掲載までに少しお時間をいただくこともありますのでご了承ください。