青空ふたりきり

しばらくギターをかき鳴らし気分よく歌っていると、いつのまにか知らない男の人がヌッとあらわれた。ここは滅多に人の来ない穴場の場所にしていたのにどうして・・・。それよりも山のてっぺんに見しらぬ男とふたりきりという状況に少し身構えた。その30歳位の男は話しかけてきた。「あの山はなんという山ですか?」と。その発音はどう も韓国の人らしい。仕方なく丁寧に教えてあげ、しばらく雑談すると車で去って行った。 気分良かったのになんか拍子抜けに・・・。帰りの車の中で、男ではなくいつかのドストライクのスッチーだったら、ささやくようにバラードなどと勝手に想像して気分を切り替えた。


しばらくギターをかき鳴らし気分よく歌っていると、いつのまにか知らない男の人が
ヌッとあらわれた。ここは滅多に人の来ない穴場の場所にしていたのにどうして・・・。   それよりも山のてっぺんに見しらぬ男とふたりきりという状況に少し身構えた。その  30歳位の男は話しかけてきた。「あの山はなんという山ですか?」と。その発音はどう も韓国の人らしい。仕方なく丁寧に教えてあげ、しばらく雑談すると車で去って行った。 気分良かったのになんか拍子抜けに・・・。帰りの車の中で、男ではなくいつかのドス  トライクのスッチーだったら、ささやくようにバラードなどと勝手に想像して気分を切  り替えた。

トラックバックをする

この記事のトラックバックURL

コメント

コメント(0)

コメントをどうぞ

※投稿いただいたコメントは、事務局でチェック後、掲載させていただきます。
掲載までに少しお時間をいただくこともありますのでご了承ください。