ささげた言葉

土曜日に職員の結婚式に出席し来賓祝辞を。子貢(孔子の弟子)が孔子にこう聞いた。「先生、たった一語で、一生それを守っておれば間違いのない人生が送れる、そういう言葉がありますか」と。すると孔子は「恕」かなと答える。この「恕」の意味は、思いやりという意味である。そして他を受け容れ、認め、許し、その気持を思いやる。自分のことと同じように人のことを考える。そのことこそ人生で一番大切なことだと子貢に教えたそうだ。私は新郎と新婦に「恕」の一語をささげた。


土曜日に職員の結婚式に出席し来賓祝辞を。子貢(孔子の弟子)が孔子にこう聞いた。「先生、たった一語で、一生それを守っておれば間違いのない人生が送れる、そういう言葉がありますか」と。すると孔子は「恕」かなと答える。この「恕」の意味は、思いやりという意味である。そして他を受け容れ、認め、許し、その気持を思いやる。自分のことと同じように人のことを考える。そのことこそ人生で一番大切なことだと子貢に教えたそうだ。私は新郎と新婦に「恕」の一語をささげた。

トラックバックをする

この記事のトラックバックURL

コメント

コメント(0)

コメントをどうぞ

※投稿いただいたコメントは、事務局でチェック後、掲載させていただきます。
掲載までに少しお時間をいただくこともありますのでご了承ください。