ドストライク

誰でも異性の好みのタイプがあるもんだ。東京からのJAL便。いつものように週刊誌を片手に座席に腰を下ろした。そして何気に前方を見ると、笑顔のステキなスッチーが。もろに自分のタイプ。しかもドストライク。いつもだとすぐに週刊誌に目をおとし、しばらくすると目を閉じるのだが・・・。その日は飲物のサービスを受けるまで眠らないぞと。しばらくするとワゴンを押して二人のスッチーが近づいてきた。近くで見るほど笑顔がさわやかだ。さーていよいよ飲物のサービスを受けようとすると、もう一人の違うスッチーが飲物を聞いてきた。内心、君じゃないんだけどぉと思いながら、アップルジュースをお願いした。リンゴの味みたいに甘酸っぱい一時のフライトとなった。


誰でも異性の好みのタイプがあるもんだ。東京からのJAL便。いつものように週刊誌を片手に座席に腰を下ろした。そして何気に前方を見ると、笑顔のステキなスッチーが。もろに自分のタイプ。しかもドストライク。いつもだとすぐに週刊誌に目をおとし、しばらくすると目を閉じるのだが・・・。その日は飲物のサービスを受けるまで眠らないぞと。しばらくするとワゴンを押して二人のスッチーが近づいてきた。近くで見るほど笑顔がさわやかだ。さーていよいよ飲物のサービスを受けようとすると、もう一人の違うスッチーが飲物を聞いてきた。内心、君じゃないんだけどぉと思いながら、アップルジュースをお願いした。リンゴの味みたいに甘酸っぱい一時のフライトとなった。

トラックバックをする

この記事のトラックバックURL

コメント

コメント(0)

コメントをどうぞ

※投稿いただいたコメントは、事務局でチェック後、掲載させていただきます。
掲載までに少しお時間をいただくこともありますのでご了承ください。