指は何を語る

連休の1日は駅ビルの屋上庭園で生ビール。パラソルの日よけの下で。前のテーブルで友達のカップルと笑って別れた高校生の男女(どこの制服かな?)。気にすることなく自分はビールを飲んでいたのだが、急に静かになったそのテーブルが気になった。男子生徒はテーブルにうつぶせになり左手を前に。向き合って座った女性徒の右手はその男性の左手に。からみあう指は時々動くが二人は無言のままだ。5分ほど静かな時間が流れ二人は黙って立ち去った。二人にしかわからない指先の会話。再び自分の指先は冷たいビアカップと会話した。


連休の1日は駅ビルの屋上庭園で生ビール。パラソルの日よけの下で。前のテーブルで友達のカップルと笑って別れた高校生の男女(どこの制服かな?)。気にすることなく自分はビールを飲んでいたのだが、急に静かになったそのテーブルが気になった。男子生徒はテーブルにうつぶせになり左手を前に。向き合って座った女性徒の右手はその男性の左手に。からみあう指は時々動くが二人は無言のままだ。5分ほど静かな時間が流れ二人は黙って立ち去った。二人にしかわからない指先の会話。再び自分の指先は冷たいビアカップと会話した。

トラックバックをする

この記事のトラックバックURL

コメント

コメント(0)

コメントをどうぞ

※投稿いただいたコメントは、事務局でチェック後、掲載させていただきます。
掲載までに少しお時間をいただくこともありますのでご了承ください。