イタチごっこ

涼を求め少しでも高い山へ車で向かった。少し登っていくとわきからイタチが現れた。 そのまま横切ればいいものを、自分の車の進む方向へ逃げるように真剣(笑)に走りだした。こっちはスピードをあげるわけでもなく、早くどいてくれないかなと思いながらしばらくこの状態が続いた。どのくらい進んだだろう。イタチはやっと気づいて横の林に逃げ込んだ。まさにイタチごっこだった。


涼を求め少しでも高い山へ車で向かった。少し登っていくとわきからイタチが現れた。 そのまま横切ればいいものを、自分の車の進む方向へ逃げるように真剣(笑)に走りだした。こっちはスピードをあげるわけでもなく、早くどいてくれないかなと思いながらしばらくこの状態が続いた。どのくらい進んだだろう。イタチはやっと気づいて横の林に逃げ込んだ。まさにイタチごっこだった。

トラックバックをする

この記事のトラックバックURL

コメント

コメント(0)

コメントをどうぞ

※投稿いただいたコメントは、事務局でチェック後、掲載させていただきます。
掲載までに少しお時間をいただくこともありますのでご了承ください。