自然の世界とゲームの世界

休みに公園をぶらり。見かけるのはお年寄りか犬の散歩をしている人くらい。この世から子どもがいなくなったかと思うくらい子どもを見かけない。きっと家の中でゲームに夢中なんだろう。その昔、トンボは20㎝くらいのひもの両端に小石をくくりつけ、それを空に放り投げトンボを捕まえた。そして近くの田んぼに行って、道端に落ちているタバコのフィルターをひもにくくりつけ、カエルを何匹もつり上げた。夕方になると長い棒を空に突き上げグルグルと回してコウモリを捕まえた。ゲームの中のキャラクターを捕まえるよりずっとおもしろかった気がする。


休みに公園をぶらり。見かけるのはお年寄りか犬の散歩をしている人くらい。この世から子どもがいなくなったかと思うくらい子どもを見かけない。きっと家の中でゲームに夢中なんだろう。その昔、トンボは20㎝くらいのひもの両端に小石をくくりつけ、それを空に放り投げトンボを捕まえた。そして近くの田んぼに行って、道端に落ちているタバコのフィルターをひもにくくりつけ、カエルを何匹もつり上げた。夕方になると長い棒を空に突き上げグルグルと回してコウモリを捕まえた。ゲームの中のキャラクターを捕まえるよりずっとおもしろかった気がする。

トラックバックをする

この記事のトラックバックURL

コメント

コメント(0)

コメントをどうぞ

※投稿いただいたコメントは、事務局でチェック後、掲載させていただきます。
掲載までに少しお時間をいただくこともありますのでご了承ください。