障がい者就労支援・共同受注の拡大 業務提携式


先日、10月20日(月)、障がい者就労支援・共同受注の拡大 業務提携式が執り行われました。


主催者は、社会福祉法人別府若葉会と生活協同組合コープおおいたで、県社協は立会人という立場でした。



内容としては、「生活協同組合コープおおいた」が、社会福祉法人別府若葉会の運営している就労継続B型事業所「メロディー」に、生活協同組合コープおおいたのスーパーのカゴの洗浄と配送用のトラックの清掃作業を委託・発注したものでした。


大分県の障がい者雇用率は、2.15%(全国5位)ですが、これを契機に更に障がいのある方の雇用がすすみ、障がいのある方の生活向上が図られればと考えています!!


トラックバックをする

この記事のトラックバックURL

コメント

コメント(0)

コメントをどうぞ

※投稿いただいたコメントは、事務局でチェック後、掲載させていただきます。
掲載までに少しお時間をいただくこともありますのでご了承ください。