雲海

東京出張の帰り、飛行機の窓側に座りぼんやり外を眺めていた。青い空の下に広がる雲海。自然の芸術にその日は飽きずに眺め続けた。雲海の下にいるのは深海魚ならぬ深海人かな?  ドラえもんの道具のスプレーで雲を固めてのれたらな。などといろいろな想像をしていたら大分空港に着陸。深海人の一人になってしまった。


東京出張の帰り、飛行機の窓側に座りぼんやり外を眺めていた。青い空の下に広がる
雲海。自然の芸術にその日は飽きずに眺め続けた。雲海の下にいるのは深海魚ならぬ深  海人かな?  ドラえもんの道具のスプレーで雲を固めてのりたいな。などといろいろな
想像をしていたら大分空港に着陸。深海人の一人になってしまった。

トラックバックをする

この記事のトラックバックURL

コメント

コメント(0)

コメントをどうぞ

※投稿いただいたコメントは、事務局でチェック後、掲載させていただきます。
掲載までに少しお時間をいただくこともありますのでご了承ください。