ポリスマン

昔、子どもだった頃、夜に見知らぬ女性が家に来た。事情を聞くと怪しい人につけられていると。母は事情を聞くとその女性の自宅まで送ってあげた記憶がある。数年前、次女(当時高校生)が泣きながら帰ってきた。話しを聞くと帰り道でチカンにあったと。(階段の下からスカートの中を覗かれ、追いかけられたと)長女もその数日前にチカンにあったばかり。(後ろから近づいてきた男にスカートをめくられたそうだが)さすがに頭にきて110番。すぐに警察官(刑事かも)が二人自宅にやってきた。経緯を話し現場へ一緒に向かった。(夜の9時頃)犯人が落としたかもしれないタバコの吸い殻なども調べた。なるほどテレビで見る刑事と同じようにカッコイイじゃんと感心。しかし、そこにはもう犯人はいなかった。それでも結構時間をとって話しを聞いてくれ、いざというときの対処方も詳しく教えてくれた。最近、警察官の不祥事も多く報道されるが、それはほんの一握りの人だと思う。長男は、今年4月から半年の警察学校を経て警察官に。県社協とともに地域を愛する警察官になってほしい。それから、地域住民同士助け合いの気持ちを強くもち、まずは自らの地域の安全安心から・・・。困ったときはお互い様の気持ちで。

トラックバックをする

この記事のトラックバックURL

コメント

コメント(0)

コメントをどうぞ

※投稿いただいたコメントは、事務局でチェック後、掲載させていただきます。
掲載までに少しお時間をいただくこともありますのでご了承ください。