労働時間と生活時間と睡眠時間

人間は本当は1日25時間のサイクルで生活する動物だそうだ。世界的に見て、お昼寝をする民族は案外多い。 先日、ある県庁職員の異常な超過勤務時間の報道があった。日本人は勤勉で有名だが、1日の大半を職場にいる時間で費やす。その職場の環境(人間関係等)が悪かったら最悪である。今の新人職員はせっかく就職しても2~3年で離職していく人が多いそうだ。自由を求めることはいいことだ。しかし、人間は忍耐力も必要だ。もう一度、自分の生活サイクルを見直してみよう。

トラックバックをする

この記事のトラックバックURL

コメント

コメント(0)

コメントをどうぞ

※投稿いただいたコメントは、事務局でチェック後、掲載させていただきます。
掲載までに少しお時間をいただくこともありますのでご了承ください。