イヌにあってサルにないもの

イヌが人間のとこへやってきた歴史は古い。イヌは群れをつくって行動するので、家族の中での自分の上下関係を勝手につくってしまう。
 例えば、上位の人がソファに座っていたら、同じ高さには座らずソファの下にいるそうである。ソファに座っているといつも横に座っている家のペロよ、おまえは私をどうみてるんだい?
イヌにあってサルにないもの、その答えは眉毛。眉毛は表情をつくるのに大変重要なものである。眉毛がない人を見るとちょっとこわい。
 長い間人間と暮らしてきた犬はコミュニケーションをとるために眉毛があるのだ。
 今度、ペロが横に座っていたらつけまつげをしてみたいと考えている。

トラックバックをする

この記事のトラックバックURL

コメント

コメント(0)

コメントをどうぞ

※投稿いただいたコメントは、事務局でチェック後、掲載させていただきます。
掲載までに少しお時間をいただくこともありますのでご了承ください。