きたァー!(auのCM風に)


「全国健康福祉祭!」高齢者の国体と称される?一大大会が、今年は、あの3.11大震災で大きな被害がありました宮城県仙台市など県内13市町で、10月13日(土)から16日(火)の4日間開催されます。


その全国大会に向けた「第25回全国健康福祉祭宮城・仙台大会 大分県選手団結団壮行式」を、県総合社会福祉会館で開催しました。


今年は、平(たいら)選手団団長ほか、選手・役員総勢73名が、12種目に大分県代表として参加してきます!!私は留守番です!!(それは強調しなくてよい)


広瀬県知事から団旗を授与され、「震災で未だ多くの人たちが困難な生活をしています。皆さんのハツラツとしたプレーで、ぜひ、宮城県の皆さんを元気な笑顔にしてきてください!」と激励の言葉をいただきました。


選手の皆さんは、気持ちも新たに、2週間後の大会に向け、シルバーパワーをミナギらせました。みなさんのご活躍を祈念いたします!


 ←宮城のゆるキャラ「むすび丸


壮行式終了後、大分県選手団の行程や現地での行動などについて説明会を開催しました。


ちなみに、過日開催しました「シルバー作品展」の優秀作品を全国大会「美術展」に送って審査を受けましたところ、全国各都道府県からの秀作を押さえ、見事!「彫刻の部」で大分市の清松さんの作品は、宮城県知事賞を受賞しました!おめでとうございます!

トラックバックをする

この記事のトラックバックURL

コメント

コメント(0)

コメントをどうぞ

※投稿いただいたコメントは、事務局でチェック後、掲載させていただきます。
掲載までに少しお時間をいただくこともありますのでご了承ください。