動いています!相互応援協定!!

九州北部豪雨災害では、大分県中津市の3施設に被害がありました。うち2施設は、前回(7/3)の大雨により被災し、ようやく片付け作業が終わり復旧の目途が立ったばかりでした。


大分県社協では、再び「社会福祉施設等災害時相互応援協定」に基づき、各施設の応援態勢を依頼し、2施設の復旧復興作業に取り組んできました。(1施設は施設職員により片付け完了)


うち、特養施設は、総勢42名の施設職員さんのご協力でわずか2日間で作業完了です。また、障がい者のグループホームは、本日から県内各施設から28名の職員さんが復旧作業の応援に入っていただいています。


この協定がここまでうまく機能するとは・・事務局として大変うれしいです。施設職員の皆様の迅速な対応に心から感謝です。作業されている職員のみなさん、暑い中大変ですが引き続きよろしくお願いいたします。(UME)

トラックバックをする

この記事のトラックバックURL

コメント

コメント(0)

コメントをどうぞ

※投稿いただいたコメントは、事務局でチェック後、掲載させていただきます。
掲載までに少しお時間をいただくこともありますのでご了承ください。