おトイレの神様から学んだこと


お食事中の方は見ないようにして…ってそれほどでもないんですが。


先日夏休みに家族で泊まりに行った時のこと。トイレに行きたくなって入ったら、便器がシャワー付きトイレだったわけね。んで、用を足したので、何の気なしにボタンを押してシャワーを浴びているとき、ふと見ると、ボタンが「おしり」と「ビデ」しかない。


・・・・・・・・???「切」のボタンない・・・・・・


『どうやって止めるん・・・だ・・・・。』


『おい!!誰か奴を止めろ!!止めるんだ!!』


『キラー~スライド!!!』


『ザ・マウンテン!!うおおおお~~~』


・・・・すいません、イロイロ取り乱してしまいました。


慣れってコワい・・・つまり、言いたかったのは、日ごろあなたが思っている「常識=当たり前だと思っていること」は、他の人から見ると「非常識」なことかもしれん、ってことです。


独断と偏見には極力注意して、普段からいろいろな人たちの声を聞いて、考えていきたいものです。


今回TK(トイレの神様)から改めて気付かされました(って、ちょっと大げさだった)。

トラックバックをする

この記事のトラックバックURL

コメント

コメント(0)

コメントをどうぞ

※投稿いただいたコメントは、事務局でチェック後、掲載させていただきます。
掲載までに少しお時間をいただくこともありますのでご了承ください。