あなたが遭ったら、どうします?


東日本大震災で大分県内に避難してきている方々を対象に、県被災者受入対策室が、集いの会の開催しました。


県内12世帯35名が参加していました。


皆さん集まって、情報交換したり、思いのたけを話していました。「みんな被災者ばかりなんだから、今日この集まりで、今まで思ってきたことを全部出しちゃいなさいよ」と言われていた方。


その話にふれ、中には号泣する方も・・・


 


・・・そりゃそうでしょうよ。


家も、思い出の品々も、全部流されちゃったんだから。


 


いくら言葉をかけても駄目だと思います。


やっぱり私たちにできることは、地域ぐるみで「あたたかく支える」行動だと思います。たぶん。

トラックバックをする

この記事のトラックバックURL

コメント

コメント(0)

コメントをどうぞ

※投稿いただいたコメントは、事務局でチェック後、掲載させていただきます。
掲載までに少しお時間をいただくこともありますのでご了承ください。