«Prev | | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 || Next»

フォトボラ募集!

フォトボランティア養成講座日程
1回目 5/19(木) 13:30~15:30―趣旨説明、写真とは デジタルカメラを使う意味 その構造
2回目 6/2(木) 13:30~15:10―ボランティアミニ知識、デジタルカメラの使い方 画像の扱い方 保存の方法
3回目 6/14(火) 13:30~15:10―ボランティアミニ知識、施設での人物(個人、集団)の撮り方 室内外の撮影
4回目 6/30(木) 13:30~15:10―注意事項説明(現地集合)、福祉施設等での撮影実習(現地解散)
5回目 7/14(木) 13:30~15:20―期待される活動内容、作品講評・まとめ、カメラボランティア証交付 

・・・ってな感じで、団塊世代を中心にしたシニア層の方々を対象に、「デジカメボランティア養成研修会」を開催しますよ。


写真家 芦刈博美氏によるデジタルカメラの使い方、画像の扱い方、保存の方法、施設等での人物(個人、集団)の撮り方等を学ぶ至福の90分。(至福?)


全5回予定なんですが、受講後は、デジカメボランティア(フォトボラ)として、ボランティア活動の写真や福祉施設の要望に応じてイベントの写真を撮るなどの活動を行なっていただける方。が対象でっせ!30名定員で、参加費は2,000円(1回出ても5回出ても、初回にお支払いいただきます)です。


お問い合わせは、大分県ボランティア・市民活動センター、電話097-558-3373(デ・ジ・カ・メ・し・よ・う・よ)まで。←前々語呂になってない


あっ、そうそう。参加者は、デジタルカメラ(コンパクトデジタル、ミラーレス一眼、一眼レフデジタルカメラ)で、普段自分が使っているものをご持参ください!


持って来ないと、フォトフォト困るんだがね!(季節外れの寒波)

善意の風がおいたん社協にも!

ワンダ君もご推薦(^^
匿名の企業様から、ランドセル計22個をご寄贈いただきました。
子どもたちの喜ぶ顔が目に浮かびます。
本当にありがとうございました!

【→続きを見る】

役員海鮮

今年の、おいたん社協ブロガー集会(嘘)が今日ありました。

県内には約40団体あるそうで・・・

熱気ムンムン
今日は久々朝から雨やな~。そんな中、午後から「住民参加型在宅福祉サービス研修会」を3階母子研修室で行いましたよ。60名参加。
今後のそれぞれの活動を活性化させるため、3つの団体の実践報告と全体での情報交換をしました。たまには地域で頑張っている人たちが集まるのも良いね。心のガソリンを蓄えることが出来たでしょうか(^^?

住民参加型在宅福祉サービスって・・・何?

出張帰りで、何とやら

イメージ図をイメージで・・・
先週金、第2回目の「市町村社協 災害ボランティアセンター設置運営マニュアル検討会」がありました。
市町村社協から代表者が出て、前回提案・修正した運営マニュアルを、完成に向けてさらに確認しましたよ。
すぐ終わるかと思いきや、あーでもない、こーでもないで奮闘努力の末、3時間半!!の歳月を経て、何とか出来上がりに向かいました。
今年中に、各市町村社協へ配布予定です!

こっちにも載っけちゃえ

取材陣の後ろから取材(^^;
日産プリンス大分販売株式会社様と、同社労働組合様から、『福祉向上のために使ってただきたい』ということで、介護のためのベッド2台が県社協の【善意銀行】に寄付されました~。
同社・組合様からは、平成7年からこれまで、車いす34台、介護用ベッド13台を寄贈していただいてます!贈呈式が本会館で行われ、報道関係も取材に来ました。
介護用ベッドは、善意銀行を通じて杵築市社協と豊後高田市社協に寄贈されました。

~用語MEMO~ 試験に出る!?(謎)
【善意銀行って・・・?】
社会福祉協議会では、皆さまからいろいろな寄付をお寄せいただいております。
皆さまの善意の窓口として、また、ご寄付いただいた金銭や物品を、必要としている方々へお届けする橋渡し役として、効果的に配分を行うための善意の窓口を設置しています。これが「善意銀行」です。
あなたの善意を、社会福祉の向上のためにお寄せください

福祉ボランティアリーダー養成講座♪


11月3日文化の日。別府鶴見岳にも雪が積もり、と~っても寒かったこの日に、福祉ボランティアリーダー養成講座1日目が行われました!!
講師はIIHOE「人と組織と地球のための国際研究所」代表の川北秀人先生です。
日頃ボランティア活動を行っている方、これから始めようと思っている方、社協職員約30名が受講しました。

講義・ワークショップの中で「自分がやっている活動を15秒で説明できるか?」という話がありました。
短い時間で人に伝えて共感してもらうって難しいですよね(^_^;)
そう考えると印象に残るTVCMってすごい!!と思いませんか?
自分が所属している団体のCMを作ってみる・・・意外とおもしろいかもしれません(*^▽^*)

それ以外にも、「組織活動」という一見堅くなりそうな内容を大分県内の状況や分かりやすい具体例を交えて講義してくださいました!
聞くだけではなく「自分で考える」講座。
講座はあと4回あり、最終日に修了証書が交付されます。受講者のみなさんはボランティアリーダーとしてきっとご活躍されることでしょう♪

災害が起こる前の下準備として・・・

null
災害ボランティアセンター設置と運営のマニュアルを作成するための会議を行いました。
災害が起こったとき、被災された地域の実情を十分に把握して、個々のニーズに対する適切な生活支援を行い、被災者の自立支援や被災地の復興を支援するための手順について、話し合いました。
いつ起こるか分からない災害に対して、発災後、社会福祉協議会としていかにスムーズに対応できるかについての手引きです。出来上がったマニュアルは、各地の社協の実態に応じて多少加工してもらうことになりますが、今後あと1回検討会議を行い、完成する予定です。

第6回大分県ボランティア・市民活動推進大会

 今年で6回目となった、ボランティア・市民活動推進大会、もう夏の風物詩となった感じがします。(実は私、第1回目の担当でした・・・)
 今年は、国東市での開催。会場となった「アストくにさき」には、県内各地から多くのボランティアさんが集い、講演や活動発表を聴き学習したり、それぞれのボランティアグループの活動や作品を発表する場であったり、とっても楽しい1日になったようです。地元の国東市社協さんはじめこの大会を成功させようと暑い中頑張ってこられたみんさん、本当におつかれさまでした。今年もこの大会で多くのみなさんがふれあい語り合えたことで,今後もいっそうボランティアの輪が広がっていくことを期待しています。

«Prev | | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 || Next»