«Prev | | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 || Next»

祝オリムピック


(ボードをくるり)「トキヨー」
「ゥワァァアアアアア!!!(歓声)」
・・・ってなってた今朝ですが、今日は「歓声」ならぬ「閑静」な佇まいの臼杵市社協さんを訪問しました。災害時に備えた情報共有ネットを作らんかえ~・・って話などです。今月中にほぼ全市町村を回る予定です(^з^)

ありがとうございます(*^ω^*)


今日は大分市の【ボラ連運営委員会】におじゃマップ。8月31日開催の大分県ボランティア・NPO推進大会の内容説明と、スタッフィ~のお願いをしました。7月24日に初ホルトホールで研修会もあるそうな。ちょうど【ふくしまっ子】たちが来県している時で、イケマセンが・・・


スタッフも快く了承を得ました。ボランティアさんたちにはホント頭が下がります。

【さしこが大分に帰郷し凱旋ーッ!!】


というニュースを聞きつつ、今日は由布市社協さんをホーもんしました。4月に局長さんが代わり、新体制で活気があった(ように見えたのは俺だけか(^w^))。


8/31の大分県ボランティア・NPO推進大会のお願いに行きました。


何をお願いしたかは、ヒ・ミ・ツ!久々に見たA君も何故か肩がびしょ濡れだったけど、外見上元気でした(謎)

おはようナイスキャッチ!


アンド リリース。


・・・リリースしたらイカンがな!!


・・・ってことで? 「ふくしまっ子応援プロジェクトⅢ」の2回目の実行委員会を行いました。


今日は主にスケジュールについて、日にちごとに班を作って固めました。また、前回実行委員だった皆さんにお越しいただき、留意事項などお話しいただきました。


皆さん!ふくしまっ子たちを大分へ招待するために、ご寄付を!ご協力よろしくお願いします!!

下記参照、という感じで、


大分県ボラ連の総会&研修会(講演会)を行いました。午前中に監査、理事会をやって、午後。


施設支援課時代は、経営協や知障協、児童養護協・・・などいろんな種別の総会をやってきましたが、いつも初めては緊張するなぁ、協議会それぞれのやり方があるんで・・・。なので今日も手探りで雰囲気つかみながら何とか(^^ゞ。


講演会は認知症をテーマに、その人への理解と地域での支援ということで家族の会の局長さんにお話しいただきました。アンケートが好評で一安心しました。


やっと終わった、じゃなくて、これからが25年度なんだなあ(みちゅを)

しょくたくにたくしょくを!


国東市のNPO法人「きずな」さんと「コープおおいた」さんが、『過疎地域を対象にした食事宅配&見守りサービス』を3月から始めるにあたって、本日県社協4階で事業提携宣誓書の調印式がありました~。


NPOさんと企業さんによる「食事宅配サービス」は、県内で初めての試みです。
コープおおいたさんが行っている宅配事業「ふれあいハート便」で届けられたお弁当を、NPOきずなさんがお年寄りや宅配の希望があった方々のお宅に毎日届けて、その際に声かけを行うという活動です。また、その際ちょっとした買い物が必要な場合も対応するということです。


こんな風に、分業じゃないけど、人の身体に例えた場合の、動脈・静脈部分と毛細血管部分。これがうまく回ることできめ細かい支援が行われるんだなー、と思います。
このような活動が県内すべてに行きわたって、血液サラサラな社会が作れるとイイナーと思います!


タイトルは「食卓に宅食を!」です(^^

大分市社協「地域福祉推進会議」に参加したよ


はい、そして今日も大分市社協さん主催の「地域福祉推進会議」に参加すべく、大分市鶴崎市民行政センターへ。「校区ボランティアのさらなる発展のために」っていうテーマで、大分市東部地区の校区社協役員さんらの参加のもと、お話をさせていただきました。ありがたいことです。


今日3回目で最終日となる会議ですが、東部地区のボランティアさんのパワーがすごい!!意見交換では時間を超過してアツいお話が・・・皆さん地域で実践しているからこその、ご意見・ご要望、賛同などなどであったと思います。それだけ、シンケンに、自分たちの地域づくりを考えているってことで、「良くしていきたい!」という気持ちがヒシヒシと伝わってきました。中には30年近くボランティア活動していらっしゃる人も・・・


組織化と福祉教育の優先順位。補助の増額。地域での兼任の苦労。すべて、今後解決していくテーマになりました。でも、この合同会議、実は昨年度から始めたモノで、こういった、集まる場所ができたということもとても効果があった。ありがたい。という声もありました。 少しずつ、でも確実に、困りごとを解決していけたらなあと思います。 私も微力ながらお手伝いしていきたいと思いました(^^。



会議終わりに、1階にあるレストラン「ひまわり畑」でから揚げカレー。結構ボリュームがあって、から揚げもアツアツのサクサクで美味しかったです(^^。

大分市社協の会議に参加しました~


大分市社協さん主催の「地域福祉推進会議」に参加しました。校区ボランティアとともに進める地域づくりということで、市社協局長さんのあいさつの後、少しお話をさせていただきました。 11月27・30日そして12月4日と、3日間、大分市内を中部・西部・東部に分けて開催されます。校区社協の役員さん、民生委員さん、校区ボランティアさんなど代表の方が参加していました。


校区内にいる様々なボランティアの会をどのように結集させて、地域づくりに取り組んでいくか。そのような説明が、市社協の課長さんと担当さんからありました。


27日の会もそうでしたが、今回2回目の会も意見交換の時、皆さんから活発なご意見が次々と出て、活気のある会となりました。次回は12月4日にあります。私の出身地域です。ちょっと緊張(^^。

密着して地域づくり


大分市「ボラ連」。「ボッタクリされない連合会」じゃなくて、「ボランティア連絡協議会」のことですが、その研修会が会館4階でありました。あわせて大分ブロックの研修会とのことで、由布市のボランティア団体さんも一緒に参加してました。
「災害時に備えての地域づくり」との演題で、おいたん県社協村野さんが講演後、市内3つのボランティア団体の活動発表がありました。「川添校区ボランティア協会」さんは、協会という形で組織をしっかりさせたことで、個々のボランティア活動に幅ができ様々な活動に広がっていること。「竹中ハエ釣り同好会」さんは、大野川での釣りも行ないつつ、竹工作やアユのつかみ取り大会、シイタケのコマ打ち体験をさせるなど、子供たちを巻き込んだ地域づくりに頑張っている。「シニア・ハーモニー・K&K」さんは、音楽活動。バンドを結成して福祉施設や公民館、地域イベント等でボランティアとして月平均8回、様々な音楽ジャンルや曲当てクイズなどで活動をしている。というお話でした。
皆さんそれぞれ形態は違うけれど、地域に根付いた「地域づくり・人づくり」活動を続けていました。
様々な地域活動は、お近くの社会福祉協議会に登録されると良いと思います。いろんな情報が入ってくるから。そして、より多くの人たちが同じ目標を持って、同じ方向を向いて活動していければ、より早くより良い地域社会づくりができると思うんだけど!

今週末で・・・


一応の目途がつく、竹田市災害ボランティアセンターへ支援に行きました。最後の派遣です。前回来た時とうって変わって、かなり道路や家が綺麗になっていました。これも、暑いなか毎日汗だくで頑張っているボランティアの皆さんの成しえる技でしょう。


各スタッフの人員も、多くいたことから、お昼前からお昼過ぎにかけて、竹田市“荻町”へと行ってきました。災害ボラセンから、車で約30分くらいでしょうか。こちらにも、災害ボラセンから派遣されてボランティアの皆さんが、家の裏山が崩れて土砂が流入しそうな民家の庭を、小型重機や一輪車をつかって片づけておりました。


家々の被害は多くは無いようでしたが、川に近い民家は、やはり床上まで泥水が上がってきたとのこと。橋げたは壊され、近くの水田も、川の土手を削り取るように流れてきたであろう濁流によって、地割れが発生したかのようにスパッ!と無くなっていました。



ボランティアの皆さんの範疇ではありませんが、まだまだ元通りになるには、年月が必要だと感じました。

«Prev | | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 || Next»