«Prev | | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 |...| 253 | 254 | 255 || Next»

変な磁石

映画館でも飛行機でも電車でも前にも書いたが、隣に変な人を吸い寄せてしまう。先日の映画チケットの予約、左3席の真ん中が予約済みで、自分が予約しようとした一番端の通路席の右隣は空席。そしてその横は予約済みになっていたので、まず自分の両隣は誰もこないだろうと思い、当日ビール片手にリズミカルに席に向かうと・・・。なんということでしょう。しっかりおじさんとおばさんに挟まれる格好に・・・。しかもいつものように両隣とも雑音を出すエチケット無視の人達で・・・。いつもこうだ。自分の体内に変な人を吸い寄せる磁石があるというのか。


映画館でも飛行機でも電車でも前にも書いたが、隣に変な人を吸い寄せてしまう。先日の映画チケットの予約、左3席の真ん中が予約済みで、自分が予約しようとした一番端の通路席の右隣は空席。そしてその横は予約済みになっていたので、まず自分の両隣は誰もこないだろうと思い、当日ビール片手にリズミカルに席に向かうと・・・。なんということでしょう。しっかりおじさんとおばさんに挟まれる格好に・・・。しかもいつものように両隣とも雑音を出すエチケット無視の人達で・・・。いつもこうだ。自分の体内に変な人を吸い寄せる磁石があるというのか。

【→続きを見る】

さすがにセミも

こう暑いとクーラーの効いているところから出たくない。コンビニもその一つである。 少しだけ週刊誌を立ち読みして、お目当てのものを手にしてふと下を見ると、床に一匹のセミがじっとしている。おまえもさすがに暑くて、ここに逃げ込んできたんだなと思ったが、多分前世が人間で、コンビニの涼しさを知っているんだな?セミらしく外で鳴かないと神様はその行動を見て、来世はハエにされるぞ。


こう暑いとクーラーの効いているところから出たくない。コンビニもその一つである。 少しだけ週刊誌を立ち読みして、お目当てのものを手にしてふと下を見ると、床に一匹  のセミがじっとしている。おまえもさすがに暑くて、ここに逃げ込んできたんだなと思  ったが、多分前世が人間で、コンビニの涼しさを知っているんだな?セミらしく外で鳴  かないと神様はその行動を見て、来世はハエにされるぞ。

【→続きを見る】

ライバルに負けた

あの走りに負け、ジャンプに負け、ヘリの操縦に負け、わかっているけど、あの甘いマスクに負け・・・。同年代のライバルに完全に完敗。別に最初から勝負にならないのはわかっているのだが・・・。「ミッションインポッシブル」。いつもだが、ハラハラドキドキのシーンに思わず手に汗が。トム君、いつまで頑張るんだい?今度、他人に変装できるあのマスクの機械を貸してくれないか。そしたら君のマスクをつくって・・・。


あの走りに負け、ジャンプに負け、ヘリの操縦に負け、わかっているけど、あの甘いマスクに負け・・・。同年代のライバルに完全に完敗。別に最初から勝負にならないのはわかっているのだが・・・。「ミッションインポッシブル」。いつもだが、ハラハラドキドキのシーンに思わず手に汗が。トム君、いつまで頑張るんだい?今度、他人に変装できるあのマスクの機械を貸してくれないか。そしたら君のマスクをつくって・・・。

【→続きを見る】

朝知った訃報

職員のお兄さんが自動車会社に勤めていることを雑談の中で知った。そしてそこは以前自分も車を買ったことがあり、しかも支店長は同級生である。そんな事を話しながら、その職員に同級生の名前を教え、今度お兄さんに知っているか聞いてみてと言って数日が過ぎた。そしてある朝、その職員が自分のデスクに来て教えてくれた。「兄に聞いたら確かに知っていると。だけど亡くなっているそうですと」「えっ、・・・」知らなかった。急に彼の笑顔が頭に浮かんで消えた。


職員のお兄さんが自動車会社に勤めていることを雑談の中で知った。そしてそこは以前自分も車を買ったことがあり、しかも支店長は同級生である。そんな事を話しながら、その職員に同級生の名前を教え、今度お兄さんに知っているか聞いてみてと言って数日が過ぎた。そしてある朝、その職員が自分のデスクに来て教えてくれた。「兄に聞いたら確かに知っていると。だけど亡くなっているそうですと」「えっ、・・・」知らなかった。急に彼の笑顔が頭に浮かんで消えた。

【→続きを見る】

いつまでもあると思うな・・・。

気づけば両親は他界し、この前まで財布にいた諭吉さんも旅立ち、その後戻ってくる気配はない。さすがに両親が増えることはないが、お金を増やすにはどうすればいいのか、せめて減らさないためには使わないことだが・・・。ここ10年、ロト6に使ったお金を貯めておけば・・・。夢はお金で買えるって本当か?ビールを飲まなければ貯まるかもしれないが、では貯まったお金をどうするのか?1日1生。今日を精一杯生きるためには明日のことを考えてはいけない。今日のビールがおいしければそれでいいではないか。子ども達よ、自分が死ぬときは一銭も残らないと思っときなさい。というか期待してないか・・・。


気づけば両親は他界し、この前まで財布にいた諭吉さんも旅立ち、その後戻ってくる気配はない。さすがに両親が増えることはないが、お金を増やすにはどうすればいいのか、せめて減らさないためには使わないことだが・・・。ここ10年、ロト6に使ったお金を貯めておけば・・・。夢はお金で買えるって本当か?ビールを飲まなければ貯まるかもしれないが、では貯まったお金をどうするのか?1日1生。今日を精一杯生きるためには明日のことを考えてはいけない。今日のビールがおいしければそれでいいではないか。子ども達よ、自分が死ぬときは一銭も残らないと思っときなさい。というか期待してないか・・・。

【→続きを見る】

朝6時の怪 2

朝6時。謎の音を確かめるためにそっと足をしのばせ、その団体の事務所のドアの前に立った。今度9月に上映される恐怖映画「ア・クワイエット・プレイス」は音をたてると殺されるというもの。ふと、その映画のことが頭をよぎりながら、腕時計の針が6時をさすのを待った。はたして・・・。しかし時間を過ぎても音は聞こえない。しばらくたたずんだが、これ以上この音に関わることは止めようと思い、立ち去ろうとするとその事務所の曇りガラス越しに何か動く気配が・・・・。その事務所のMさんもこのブログを読んでいることは知っているが・・・。さいごの行は冗談だけど、少しは暑さをしのげたかな?


朝6時。謎の音を確かめるためにそっと足をしのばせ、その団体の事務所のドアの前に立った。今度9月に上映される恐怖映画「ア・クワイエット・プレイス」は音をたてると殺されるというもの。ふと、その映画のことが頭をよぎりながら、腕時計の針が6時をさすのを待った。はたして・・・。しかし時間を過ぎても音は聞こえない。しばらくたたずんだが、これ以上この音に関わることは止めようと思い、立ち去ろうとするとその事務所の曇りガラス越しに何か動く気配が・・・・。その事務所のMさんもこのブログを読んでいることは知っているが・・・。さいごの行は冗談だけど、少しは暑さをしのげたかな?

【→続きを見る】

朝6時の怪

朝の6時前、職場は自分以外誰もいない。今日もこうしてブログを書いていると、どこからか「チリリリン、チリリリン」と目覚まし時計のような音が聞こえてくる。その音はそんなに大きくないのだが、決まって朝6時になると・・・。朝6時過ぎに出勤するA次長も「何か音がする」と言っていた。2~3日同じことが続くので、その音の場所をたどっていくと、ある団体の事務所からだ。そこの職員にそのことを告げると、心当たりがないという。なので、明日はその音が鳴り出したら、そっとその事務所のドアを開いてみることにした。すると・・・。髪の長い女性が白い服を着て、血がしたたるスマホをにぎりしめ、こちらを振り向くと何と・・・顔がな・い。なんてね。続きは明日。


朝の6時前、職場は自分以外誰もいない。今日もこうしてブログを書いていると、どこからか「チリリリン、チリリリン」と目覚まし時計のような音が聞こえてくる。その音はそんなに大きくないのだが、決まって朝6時になると・・・。朝6時過ぎに出勤するA次長も「何か音がする」と言っていた。2~3日同じことが続くので、その音の場所をたどっていくと、ある団体の事務所からだ。そこの職員にそのことを告げると、心当たりがないという。なので、明日はその音が鳴り出したら、そっとその事務所のドアを開いてみることにした。すると・・・。髪の長い女性が白い服を着て、血がしたたるスマホをにぎりしめ、こちらを振り向くと何と・・・顔がな・い。なんてね。続きは明日。

【→続きを見る】

もうすぐ終わる

サマサマに行き、スタンプがいっぱいになったのでその日は無料で入浴。店員にそれをわたすと新しいカードをくれるはずなのだが、その日はくれなかった。そうか後1か月で閉店になるのでもう発行しないのかな?。かれこれ10数年通った温泉施設。もうすぐここへ来ることもなくなると思うと・・・。併設するドンキは9月末にリニューアルオープンするんだとか。この際、ドンキよ、サマサマ経営をしちゃえよ。


サマサマに行き、スタンプがいっぱいになったのでその日は無料で入浴。店員にそれをわたすと新しいカードをくれるはずなのだが、その日はくれなかった。そうか後1か月で閉店になるのでもう発行しないのかな?。かれこれ10数年通った温泉施設。もうすぐここへ来ることもなくなると思うと・・・。併設するドンキは9月末にリニューアルオープンするんだとか。この際、ドンキよ、サマサマ経営をしちゃえよ。

【→続きを見る】

何も考えずに

いつものように映画館のカウンター前にビールを買おうと並んでいると、背中をポンと軽くたたかれた。振り返るとI部長だ。お互い目で挨拶して、自分はビールを受け取り一番奥の席へ。すると遅れてI部長が入ってくるのが見えた。「なんだ同じ映画を見るなんて奇遇だなと」と思いながら二口目のビールを。映画は約50年前につくられた「メリーポピンズ」。ディズニーが手がけたミュージカル映画だ。仕事のことなんか何も考えず、ただ映画の世界に入り込めば、自然と笑顔になれる。今度50年ぶりに続編が出来るとのこと。メリーポピンズがそばにいてくれたら・・・。


いつものように映画館のカウンター前にビールを買おうと並んでいると、背中をポンと軽くたたかれた。振り返るとI部長だ。お互い目で挨拶して、自分はビールを受け取り一番奥の席へ。すると遅れてI部長が入ってくるのが見えた。「なんだ同じ映画を見るなんて奇遇だなと」と思いながら二口目のビールを。映画は約50年前につくられた「メリーポピンズ」。ディズニーが手がけたミュージカル映画だ。仕事のことなんか何も考えず、ただ映画の世界に入り込めば、自然と笑顔になれる。今度50年ぶりに続編が出来るとのこと。メリーポピンズがそばにいてくれたら・・・。

【→続きを見る】

夏季休暇の1日

朝9時。ベットを背もたれに足を投げ出す。扇風機からは生暖かい風。レトロな音楽をかけ、2本目の缶ビールもすぐに温くなる。ぼっーと何をすることもなく、思考回路は停止。外ではセミが競って鳴いている。とにかく動かない。動くのは缶ビールを口にやるときだけ。暑い。ビールが汗に変わる。けど1時間もすれば動き出す。町へ向かって歩き出す。アミュプラザをうろつき、思いついたようにはじめての「いきなりステーキ」へ。そこで生ビールを飲み、また大粒の汗をかきながら自宅へ。そして朝と一緒の姿勢になり缶ビールを・・・。貴重な夏季休暇の1日がビールと共に終わっていく。


朝9時。ベットを背もたれに足を投げ出す。扇風機からは生暖かい風。レトロな音楽をかけ、2本目の缶ビールもすぐに温くなる。ぼっーと何をすることもなく、思考回路は停止。外ではセミが競って鳴いている。とにかく動かない。動くのは缶ビールを口にやるときだけ。暑い。ビールが汗に変わる。けど1時間もすれば動き出す。町へ向かって歩き出す。アミュプラザをうろつき、思いついたようにはじめての「いきなりステーキ」へ。そこで生ビールを飲み、また大粒の汗をかきながら自宅へ。そして朝と一緒の姿勢になり缶ビールを・・・。貴重な夏季休暇の1日がビールと共に終わっていく。

【→続きを見る】

«Prev | | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 |...| 253 | 254 | 255 || Next»