«Prev | | 1 | 2 | 3 |...| 237 | 238 | 239 |...| 253 | 254 | 255 || Next»

玖珠で“元気玉”は発動するか?

活発な意見が
玖珠町社会福祉協議会では、第三次地域福祉活動計画の策定に向けて、委員会でねるねるねるね(←知ってる?)の作業をしています。
26日は策定委員と作業委員の合同会議があり、地域福祉懇談会の開催内容などについて話し合いました。
3月2日~15日にかけて、町内8つの地区で地域での困りごと・心配ごとの解決を目指すための地域福祉懇談会を開く予定にしているそう。懇談会で出された「地域の諸課題」について、福祉を推進する基礎組織としての社協が第三次計画に反映する、という流れの、はずです。
遂行するためには、地域の人たちの支えが必要です。
みんな!!オラに元気を分けてくれ!!という気持ちです。(謎)

善意の心が大分の未来を育てますですよ~

目録をドーゾ
あいおい損害保険株式会社の社員の皆様からの募金により、善意銀行に車いす3台の寄贈がありました。
あいおい損害保険では、あいおいの「IOI」にちなんで、1人1か月101円を1口として、最高30口、福祉・医療・環境への募金活動を行っているそうです!
車いすは、第一博愛寮さんと大分市社協さんで、施設を利用されている方や子どもたち等への体験事業で活躍することとなりました。誠にありがとうございました。

あっ、そうそう。このブログをご覧の皆様からの募金もお待ちしておりますですよ~!あなたの善意を1コインで。あなたの善い行いが誰かの幸せに、きっと役立ちます(^^。
それと、忘れちゃいけないのが大分合同新聞のF記者さん。いつも取材にお越しいただきありがとうございます(^^!

県内には約40団体あるそうで・・・

熱気ムンムン
今日は久々朝から雨やな~。そんな中、午後から「住民参加型在宅福祉サービス研修会」を3階母子研修室で行いましたよ。60名参加。
今後のそれぞれの活動を活性化させるため、3つの団体の実践報告と全体での情報交換をしました。たまには地域で頑張っている人たちが集まるのも良いね。心のガソリンを蓄えることが出来たでしょうか(^^?

住民参加型在宅福祉サービスって・・・何?

表の裏はウラ

null
ウラを見せてくれって言うんで、見せます。
水くみできるそうですが・・・
水はキレイなんでしょうけど・・・(^^;

明日はガソリン特売日(25・26日)

予算編成の時期となりましたが、皆さんいかがお過ごしでしょうか(^^?今日は日がな一日予算関係などなど、事務をしておりました。
外出たことといったら、大分銀行へ入出金の手続き+ビーコンプラザへの支払いへGO。
たまには?こんな日もあるよね(誰に納得を求めてるんだ?)
ちなみに写真は、竹田市の道の駅「竹田」です。駅中央にこのようなオブジェがあって、裏に水くみできる装置?がついていました。駅には、「水」の駅って書いてあるように、竹田は湧水群(湧き水がたくさん出るところ)で有名です。水野駅。水野さんが居るところ、という意味でもあるかと。(絶対違う)
コーヒーの味は、まろ茶になります(いや、お茶にはなんないでしょ)。まろやか。

写真トルの忘れました(^^;

null
小地域福祉活動検討部会を開催しました。地域福祉における社会福祉協議会の現在の状況から、部会が今後取り組む活動内容についてたっぷり2時間協議しました。
市町村社協の皆様、今後調査用紙をお送りしますのでご協力をよろしくお願いいたします!!

久々に地球の上にいる小さな自分を実感(^^;

null
null
null
今日の帰りは、ちょっと寄るところがあって、水分峠からやまなみハイウェーを通って久住高原へ。夕景がとてもキレイでした。
(^^

応援します!「日本一の田舎づくり」

満員で立ち見の人も

九重町文化センターで「福祉と健康と社会教育を考える集い」がありました。福祉、健康、社会教育の各分野の協働した取り組みを考えるとても良い機会でした。
前半は各分野の功労者表彰がありましたが、受賞者の功績が冊子に掲載されていて、門外漢の人でも、その人が地域でどんな活動をしてこられたのかが分かるようになっていました。まさに地域に居る「人」が見えるようです。
後半はシンポジウム。「地域の力で、こころといのちをつなぐ。」をテーマに、“日本一の田舎づくり”をめざす九重町の「まちづくり分野」と「教育分野」と「保健福祉分野」の住民代表3名+助言者のトークで、あっという間に時間が経ちました。

若ぇシを育てちいかななえ。

一方その頃?、福祉会館4階では、ボランティア協力校などの学校関係者や社協職員、地域のボランティア団体やNPOの方が参加して「福祉教育実践活動発表会」を行いました。
これまで学校では、児童や生徒の豊かな人間関係を築くため、学校を中心とした福祉教育が実践されてきましたが、やっぱ今後は地域にも目を向けて、「地域を支えていく人を育てる」っつー目線で、学校&地域&市民活動団体が連携していく必要がある、とのおおせじゃ。
小・中・高校の実践発表+今後の学校・地域における福祉教育の講演があり、いろいろ考えさせられました。分かっちゃいるけど、って人が多いと思うテーマですが、いざとなったら、ねぇ。
出た芽を絶やさないで、地道に一歩ずつ前進あるのみ。

蛍の光窓の雪、という、今回で解散(ハッピーエンド?)

最後に記念写真をば
県社協地域福祉委員会「研修企画検討部会」の3回目の会議を行いました。今年度、ってか、一応。研修企画部会としては最後の会議です。
「社協の人材育成基本方針」「研修基本方針」「職場研修の手引き(管理監督者用)」の3点セットが完成しました!!
・・・いや?何とか一応出来上がりました。
・・・いや?出来上がったような感じです。
・・・いや?出来上がったふうに見えます。
・・・いや・・・・・・・(フェードアウト)

部員の皆様、大変お世話になり、ありがとうございました(^^!!
私たち、フツーの職員になります!!
(部屋を出際に、マイクを置く)

«Prev | | 1 | 2 | 3 |...| 237 | 238 | 239 |...| 253 | 254 | 255 || Next»