«Prev | | 1 | 2 | 3 |...| 235 | 236 | 237 | 238 | 239 || Next»

陸と島が繋がる光景(歩いて島へ渡る)

出発ダー!
沖合の島へ道が出来て、泳がずに歩いて渡れる島のことをご存じの方も多いでしょうか?それが、鹿児島にある知林ヶ島(ちりんがしま)です。
旧約聖書のモーゼもびっ栗!
実際に渡ってみました。モデルは、今日たまたま遊びに来たという、大分市のゆうしくん。“島には水もトイレも何もない。しっかり準備して行け”との看板に、思わず戦地へ赴く兵士のように敬礼
null
少し進むと、黒板に何やら文字が。
なになに、「本日は16時で砂洲が消えます。15時30分までには帰りましょう」・・・・って、なにぃ~!!!今何時!?14時55分やん!・・・大丈夫かな・・・?
下の白い看板も恐怖をあおります。「万一、島に取り残されたときは、下記に連絡してください・・・」
null
さあ、気を取り直して出発です。
何だか大したことはない気がしてきましたが(^^。
島までは、800mもあるという・・・
null
寄り道しながら、ずんずん進みます。
さすがに、この時間から渡りはじめる人は少ないのか、周りに人はいません・・・
null
真ん中あたりまで来ました。
一見、簡単に歩いて渡れそうですが、海底の砂利は思っていた以上にめり込んで、すごく歩きにくいのです。なかなか、容易に前に進めません。
null
後もう少しのところまで来ました!
前方に白い砂浜が見えます。あそこが、ゴールの知林ヶ島です!
null
上陸です!やった~!
null
突然、門番が現れた!どうする?
1 たたかう
2 呪文を唱える
3 逃げる
null
・・・というのは冗談で、見事渡って来れた人には、【渡島証明書】を発行してくれるのです。
1枚100円。
null
ふり返ると、長い道のりを歩いてきたのが分かります。
人生そのものです(大げさ)。
感慨に浸る間もなく、折り返しです。・・・また800mの旅が続きます。
null
帰りに、雲間から太陽の光が差してきました。
神様の降臨を思わせます。うーむ、モーゼ繋がり。
null
やっとこさ、九州本土へ戻ってきました(観光ガイドのオヤジを残して)。
すでに潮が満ち始めました。
今回、たまたま通りかかりましたが、とても貴重な経験をしました。

あっ、ちなみにこの島は「縁結び」の効力があるそうですよ!
(大地と島が繋がるから?)
該当者は、ぜひ。

おたからゲットだぜ!?

財宝「ブラック」って、ハズレでドクロが入ってそう(失礼な奴)
鹿児島の人に言わせると「普通でごわす」(←鹿児島どんなイメージやねん!)と言うかも知れませんが、「財宝コーヒー」です。しかも90円。
同じ物産館で販売していたので、思わずパチリス。しかし、すごいネーミングのセンスに、思わずフォーリンラブ

グルメ番組ではありません

手前がみそ豚骨。奥がネギ味噌
鹿児島スイッチです。民( )党が「来年から高速タダにしちゃん!」と言うので、この夏買ったばかりの車載器を搭載して、鹿児島へ行ってきました。かごしまふるさと物産館の地産地消レストランで昼食。弾力のある麺(決してのびているのではない)でした。いつも博多系ラーメンの堅麺を食べているので、少し不思議な感じ。お味は・・・・・・・・・・・
大分から休み休み進んで、5時間30分かかりました。
ネギ味噌は、超~激辛!!!かなりやばいです。
ざぼんラーメンのほうが美味しかったかも・・・激辛スープ!!

戦いは早朝より始まった

お父さんは頑張った。朝4時から、開門前の幼稚園脇の道路に並んで場所取りの順番待ち。
朝4時の時点で既に30人ぐらい並んでたのでびっ栗。・・・というか、これも恒例行事で、今年で並ぶのは5年目になるんですけどね(^^;。
5時半に開門!と同時に、一斉に場内に場所取りに走る親や祖父母たち!!
・・・どこの園や学校でも見る風景とは思いますが、私はこれを「プログラム0番、オヤジとオカアの場所取り合戦」と呼んでいます(≧∇≦)。
開会式前に行われる、早く起きないと見ることができない貴重なプログラム0番です(^^。・・・次は10月4日の小学校運動会や~・・・・・早起きつらい・・・

幼稚園では運動会シーズン!

null
幼稚園のテント張りに駆り出されただよ。あちい~なか、父母の皆さんでせっせとテント張り。幼稚園の先生も、飾り付けやら水まきやら、ライン引きやら荷物運搬やらで東奔西走。東方神起(byオロナミンC)でした(全くもって意味不明)。
しかし、普段は分からないけど、そういう先生方のたゆまぬ裏努力があって、運動会とか行事とか、成り立っているんだな。
時間にして、僅か半日の運動会。そのために夏休み明けから毎日毎日、コツコツ下準備をして来られた先生方に感謝の意を表します。

秋ですねぇ・・・

null
栗拾いシーズンですよ。今年2回目の栗ご飯をいただきました。栗の皮むき器があると便利です。大量生産できるし、最初は上手くむけないけど、段々上達してくると面白いです。
大量に作って、ご近所にもおすそ分けです。いつもご近所から、釣った魚をいただいたり、畑の野菜をいただいたり(いただいてばっかりやん)。
そういえば、以前アパートに住んでいた頃もやっぱり、唐揚げとか、パンとか(賞味期限近かったけど(^^;)、なんかかんか貰っていたなあ。
さすがに、隣近所での味噌や醤油の貸し借りは無いですけど、おすそ分けの精神は大切ですね。
顔なじみだからこそ、信頼感があってこそできる「おすそ分け」。例えば、アパート暮らしで、普段何の面識もない隣の住人から、「これ食べてください」と食べ物を貰っても、・・・何か引っかかるものがあるような・・・。え?ない?
普段からの、隣近所の支えあいが大切、というお話でした。

「愛」が届きますように・・・

null
null

大分県民児協平成21年度第4回広報紙編集委員会がありました。
大分県民児協だより「愛」は次号で第20号を迎えます。平成14年に創刊され、歴代の編集委員の方々が、忙しい民生委員活動の合間を縫って作成してこられました。
2,872名の民生委員・児童委員の「愛」ある活動が地域の皆さまに届きますように・・・。そして、いつも地域の皆さまのために頑張っている民生委員・児童委員の皆さまには私からの「愛」を送ります・・・

民生委員・児童委員ブロック別研修会

できたてよ~美味そうな親子丼だなあ
国東市の「いこいの村国東」で、220名の参加者のもと開催しました。

こんなところに

null
コレは何だか分かりますか?
ニガウリです。道ばたに生えてました。ここを通ったことのある人は大抵見覚えがあると思いますが、写真左手は畑でも、プランターでも花壇でもない、ただの植え込みです。
誰かが種を蒔いたんでしょう、8月~次々にと言うほどでもありませんが、実を付けて、いくつか成っていました。
でも、実がなると、いつも誰かが採って行きます。恐らく種を蒔いた人でしょうけど。
土も耕さず、肥料もあげず(あげた形跡はない)、ただ、雨水だけで成長している感じです。
今年の真夏の暑さ+長期の雨無し日にも、枯れずに育ってます。すごい生命力。

ネタ古くてすみません

null
地域 住民 支援 技術 研修会がありました。県内各地から、地域総合相談支援センターや地域包括支援センターの職員さんらが参加していました。
この各センターは、「行政」が運営していたり~、社会福祉協議会や介護老人福祉施設である「社会福祉法人」が運営していたり~、介護老人保健施設である「医療法人」が運営していたり~、ラジバンダリ!(古)・・・と、多種多様な事業形態で、意外と同じ運営主体で固まって活動する種別協議会とはひと味違って、独特の雰囲気があって面白い(失礼)感じがします。
地域で強力に協力しあえたら、一層、面白く活性しそうです。
え、もうすでに連携はとれてるって・・・?こりゃまた失礼しました~

«Prev | | 1 | 2 | 3 |...| 235 | 236 | 237 | 238 | 239 || Next»