«Prev | | 1 | 2 | 3 |...| 218 | 219 | 220 |...| 231 | 232 | 233 || Next»

閑話Q題

実写版!?由布市、ジャスコ挾間店で発見
『最近、マジメな福祉話題が多いやん!』って言われたからかどうかは、ご想像にお任せ四万十川(by高知県)ってことで。
(^^
年末から年始にかけて・・・ってか、今日も、任天堂の「NewスーパーマリオブラザーズWii」を親子で楽しんでいる家族は多いんではないでしょうか?特に、若い親子の世帯では必須アイテムじゃないでしょうか?(クリスマスプレゼントで、サンタさんが多数用意した模様(^^)

知ってます?「NewスーマリWii」?←知らない人は情報収集
特に、子どもさんの居る世帯への支援には、欠かせない話題です(ホントか、それ(^^;?)。ちなみに、ご年配の方々への支援では、こちらのほうが宜しいかと。「NHK紅白クイズ合戦」←知らない人は情報収集

今回はゲームを採り上げましたが、いろんな素材を上手に使って、いろんな方向から話をしていくってのもオツかと。私としては、サロン活動やデイ、支援ハウスなどで、たまには、みんなで楽しむ「Wii大会」などの行事をやったら良いと思うんだけど、その辺、みなさんのご意見は?

130名以上集まりました。

東洋大学社会学部社会福祉学科の髙山直樹教授をお招きして、21年度第1回権利擁護・成年後見セミナーを開催。福祉サービス利用者の権利擁護の仕組みづくりをテーマに、専門職に求められる権利擁護の実践活動について、2時間にわたって集中講義しました。
高齢者や障がい者が地域の中で当たり前に生活できるよう、福祉・医療関係者や弁護士さんなどが、地域の生活者「その人」を中心に会議を開催して、生活者の意向に沿って支援プランをたてるという事例など紹介されました。
*普通に暮らす・・・地域生活支援
*自分らしく暮らす・・・自立生活支援
*みんなと暮らす・・・地域(共感力)支援
の3つを、関係者らが連携して考えていけばイイノダー!
1~2か所、数人だけで支えてはダメナノダー!!・・・って、そんな内容だったかと。

今は「るつぼ」って言わずに「サラダボウル」って言うんだ~

合成写真じゃないですよ
お空が合成写真のように澄み切った今日、別府市社協さんを訪れました。
建物は、白壁づくりで、城下町をホーフツとさせます(?)。
竹田市社協さんも同様。
共通点ですね(^^。
局長さんと地域担当さん2人と、有意義なお話しができましたよ~!
何だか、イロイロな活動が生まれそうな気がしましたよ~!

大分県内の社会福祉協議会

【→続きを見る】

出たな!余分三兄弟!(byダカラ)

杵築社協本所です
来年度事業の説明やらで、今日は杵築市社協へお邪魔しました。
生活福祉資金&自立支援事業&地域福祉担当の3兄弟?で、局長さんと地域担当さんと話をしてきました。
杵築は、旧杵築市内には福祉委員がいましたが、旧山香と旧太田地域に、今年度「福祉委員」を新設して、市全体で、自然体で(ダジャレか!?)福祉のまちづくりを進めようとしていますよ!

帰りにちょっと遠出をして、杵築市山香支所に寄りました。移転して初めて訪れましたが・・・

【→続きを見る】

イクラが嫌い、っていう人もいるよね

別府のお寿司屋さん
そういえば、最近通販で「お取り寄せ」ってのをやってみてます。今さらながら、ですが。
あまり高価なものは手が出ませんが、何回か頼んでみてます。そのホームページの「内容(文章)」と「画像(写真)」で、自分で判断、自分で選択・決定するんですが、当たりはずれはありますわな。
今のところ、大きなハズレはないものの、思っていたものと若干違っていた時、『自分で選んだ』からいいか(しょーがない)、なんて思ってみたりして。

福祉サービスも、同じようなもんでしょうか?
いろんなメニューから、利用者自身が選択して、決定する。
実際に思っていたのと違う。
そんなとき、『いかがでした?』と聴いてあげる?
そこんとこ、どうなん?

・・・話は変わりますが、通販で買ったイクラを軍艦巻きにして食べました。
いつも回るお寿司屋さんに行っていますので、ことのほか好評でした(^^。

財産管理と生活支援を連携して取り組もう

120名が参加
高齢者・障がい者の権利擁護に向けて連携を進める県弁護士会と県社会福祉士会が、協定を結ぶ記念として「地域と生きる高齢者・障がい者」をテーマとして、県労働福祉会館(ソレイユ)で「協定記念講演会」を開きました。記念講演とシンポジウムがあり、県社協職員もシンポジストとして参加しました。

県内巡回訪問記(継続中)

佐伯市での風景でっす
昨日(21日)は、竹田市社協さんと豊後大野市社協さん、今日(22日)は、佐伯市社協さんと津久見市社協さんに訪問しましたよ。
それぞれに、新年度へ向けての県社協の事業、方向などについて話をしました。
それぞれの社協が、それぞれの方向へ頑張ってます。詳しくは、また、後日のブログででも・・・。
またお伺いしますので、懲りずにお付き合いください(^^。

イチゴ一会

“ドイツ”にウッドボール(決まり)!
県民児協の正副会長会議がありましただ。
隔年で実施されている「福祉の翼」が来年度あるため、行き先等について話し合っただよ。
行き先は、このブログの中に隠されているだよ。

身体動かし介護予防教室

セノビック
豊後大野市は朝地町であったいきいきサロンを、取材のために訪れました。
午前中2時間、介護予防のための頭の体操を行ったあと、身体の体操(フツーに「体操」で良いか(^^;)を行っていました。
中でも「風船綱引き」は、2人1組のチームに分かれて、ビニールひもにぶら下がった風船をうちわで扇ぎ合うものでしたが、最初は皆さん、「まあ、お互いにお手柔らかに~(^^」と言っていましたが、開始の合図とともに、急に真剣勝負になり、うちわの扇ぎ方もウナギ屋顔負けの速さで、白熱した戦いを繰り広げていました(笑)。
暑く(熱く?)なりすぎて、試合終了後、うちわは、本来の使われ方(身体をあおぐものとして)で活躍してました(^^。

ふれあいサロン発会式を訪れました

顧問の佐藤さん。自治会長さんです。
発会式の冊子は、民生委員安東会長作成のもの。
社協も事業説明をしてます
「地域ふれあいサロン」の発会式があるとのことで、伺いました。
地区は、大分市末広町1丁目。末広町は、大分駅のほぼ真ん前の地域で、多くのビルが建ち並ぶ中心商業地区。

地価が高いため?地域住民の公民館などありません。・・・じゃあ、どこでする?
・・・実は、駅前の「グリーンリッチホテル」さんが、『地域の方のために』と、会議室を開放してくれたそうです。
サロンの名称は「すえひろ会」。会長を含む16名の会員さんでの発足。
中心市街地で、日中は若者の姿があるため、高齢化率はそんなないと思いきや・・・実は、33.9%。3人に1人は65歳以上なんだそうです。
ちなみに、大分市全体では19.7%(21年末現在)。日中、いかに若者が郊外から流入しているかが伺えますね。

そんなわけで、地域の皆さんの集い場が必要、と、民生委員さんが一念発起したそうじゃ。めでたしめでたし・・・で、終わるんじゃなくって、今後この活動をいかに継続させていくか。参加者(会員)獲得も必要ですが、活動企画運営の後継者育成も大切になってくるのでしょうね。
兎にも角にも、発足おめでとうございました!会の名称どおり、活動が幾重にも広がっていきますようお祈りします。

«Prev | | 1 | 2 | 3 |...| 218 | 219 | 220 |...| 231 | 232 | 233 || Next»