«Prev | | 1 | 2 | 3 |...| 217 | 218 | 219 |...| 224 | 225 | 226 || Next»

ぐるり二人旅(豊後大野市)

1null
2null
3null
4null
5null
日常生活自立支援事業(前のブログ内で説明済み)で、市町村社協が地域でこの事業を利用されている方々から預かっている物(通帳や印鑑など)について、定期的に確認をしています。
先日、豊後大野市の犬飼・千歳・朝地・大野・緒方・清川の6地域で確認作業をしましたよ。
いや~、豊後大野市の広さを改めて実感しました・・・!

★突然!社協カルトクイズ<1>
社協カルトクイズ司会の左京福子(しゃきょうふくこ)と申します。一度きりの出演ではございますが、さて、
左の建物は、豊後大野市内の社協でございます。
どこの支所でございましょうか?
ちなみに、1か所本所がございますが、
貴方にはお分かりかしら?
分かった方は、かなりの社協マニアよ。(一部支所ではなく、施設が含まれています)

騙されたと思ってよく見ると・・・

null
鳩山新政権となり、鳩山総理夫妻(画面中央)と、プロゴルファーの石川遼プロ(画面左)が、豊後大野市緒方の原尻の滝を見学に来ていましたので思わずパチリス。
手前にSP(水路)がおり、これ以上近づけなかったので写りは悪いですが、気になる人は現地へ行って確認してみることをオススメします。(道の駅原尻の滝の近くです)
というか、あまりにインパク強だったので、右の二人は何者か、見るのも忘れました(^^;。

福祉ボランティアリーダー養成講座♪


11月3日文化の日。別府鶴見岳にも雪が積もり、と~っても寒かったこの日に、福祉ボランティアリーダー養成講座1日目が行われました!!
講師はIIHOE「人と組織と地球のための国際研究所」代表の川北秀人先生です。
日頃ボランティア活動を行っている方、これから始めようと思っている方、社協職員約30名が受講しました。

講義・ワークショップの中で「自分がやっている活動を15秒で説明できるか?」という話がありました。
短い時間で人に伝えて共感してもらうって難しいですよね(^_^;)
そう考えると印象に残るTVCMってすごい!!と思いませんか?
自分が所属している団体のCMを作ってみる・・・意外とおもしろいかもしれません(*^▽^*)

それ以外にも、「組織活動」という一見堅くなりそうな内容を大分県内の状況や分かりやすい具体例を交えて講義してくださいました!
聞くだけではなく「自分で考える」講座。
講座はあと4回あり、最終日に修了証書が交付されます。受講者のみなさんはボランティアリーダーとしてきっとご活躍されることでしょう♪

FAXが送られてきましたよ。

null
大分大学福祉科学研究センターが、カフェ講座を開催するとのことです。
普段生活するうえで身近な、福祉関係をはじめ様々なテーマについての講座があるそうです。12月17日までの毎週木曜日で、時間は19時から20時30分とのこと。会場は、別府市の流川通りと桜町通りの交差点にある「まちなかカフェ」です。
毎回のテーマと内容について詳しくは、【まちなかカフェ】←ここからホームページへジャンプ!(イベント情報)へ

ちなみに、まちなかカフェとは?

第2回地域福祉推進委員会があったよ

大分県民生委員児童委員協議会の第2回地域福祉推進委員会を開催しました。
民生委員・児童委員さんは、3年を一期として厚生労働省から委嘱されて、地域の福祉力向上のために頑張っています。
大分県民児協が、この3年間で掲げている活動の重点項目は3つ。
①災害時要援護者マップづくり(更新)
②こんにちは赤ちゃん事業とのつながり
③民生委員・児童委員のPR   です。
今年は、改選期のちょうど中間年(2年目)ということで、自分たちの取り組んできたことをふり返り、これからの活動推進につなげていくため、活動(取り組み)中間調査を行うこととしています。
今日は、その調査する内容について、協議を行いましたよ。

釘宮謙司先生百歳おめでとうございます!


 先日(11月1日)、「社会福祉法人博愛会創立60周年記念式典及び名誉会長百歳祝賀会」に行ってまいりました。あいにくの雨の中ではありましたが、300人を超す多くの関係者の皆さんが出席され、大変賑やかに盛大に行われました。
 名誉会長の釘宮謙司さん、以前県社協の副会長を長く務められていました。久しぶりにお会いしましたが本当にお元気でいらっしゃいました。(感動です!)

 博愛会は、釘宮さんが満州からの引揚者として幾多のご苦労と多くの人たちから救われてきた経験から、感謝の思いを、負戦後の混乱期に街にあふれた浮浪児や失業者たちのための入所施設を建てたのが始まりです。以来、知的障害者のため、福祉施設の建設や事業展開などに尽力されてきました。

 釘宮先生、これからも益々お元気で、我々福祉関係者に叱咤激励をお願いします。本当におめでとうございます!”

第78回全国民生委員児童委員大会in新潟

null null null null null null null null
参加者の皆さま、おつかれさまでした・・・。

災害が起こる前の下準備として・・・

null
災害ボランティアセンター設置と運営のマニュアルを作成するための会議を行いました。
災害が起こったとき、被災された地域の実情を十分に把握して、個々のニーズに対する適切な生活支援を行い、被災者の自立支援や被災地の復興を支援するための手順について、話し合いました。
いつ起こるか分からない災害に対して、発災後、社会福祉協議会としていかにスムーズに対応できるかについての手引きです。出来上がったマニュアルは、各地の社協の実態に応じて多少加工してもらうことになりますが、今後あと1回検討会議を行い、完成する予定です。

子育てネットワーク大分集会in湯布院☆part2



つづき・・・

写真③こちらは集会名物「子ども商店街」の通貨。プリントされている正体はヒミツです♪♪中身はペットボトルのキャップですよ。今回はペットボトルキャップを回収してワクチンに変えよう!ということで、この通貨も使用後は回収してワクチンに変身です('-^*)
写真④なんだかわかりますか?実は「とうろう」なんです。学生さんが作ったもので、夜の闇に映えてとてもキレイでした☆光の正体はLEDライトですよ。

子どもも楽しんでいましたが、大人も10分間子育てトークで共感したり、講演聞いて目から鱗!!と感動したり、先輩パパママからいろんな情報をもらったり、分科会で白熱したり・・とこちらも休む暇なしの充実した内容だったと思いますo(^▽^)o
県内外から参加されたみなさん、本当にありがとうございました!そしてスタッフの皆さん、本当にお疲れさまでした!!

子育てネットワーク大分集会in湯布院☆



10月24日・25日に湯布院の「ゆふの丘プラザ」(以前は青年の家でした)で「子育てネットワーク大分集会in湯布院」が開催されました!県社協も後援してますよ☆
今年で6回目の集会。私はスタッフとして3回目の参加でした(^▽^)
今年も多くの大人と子どもが参加してくれました!

写真は①大学生と一緒に竹とんぼを作る小学生。慣れない手つきの小学生もお兄ちゃんと一緒に頑張りました♪
写真②小学生の女の子が作った布ぞうり。習って一人で編んだそうですよ!!とっても上手です!

ものづくりをする子どもたちの目は真剣です!!燻製、チーズ、お菓子、染め物、竹とんぼ、ちぎり絵、布草履、水でっぽう、万華鏡、とうろう・・・普段なかなか作れないものを作る体験にテンションがかなり上がっていました(^▽^)
この他にも紙芝居やパネルシアター、人形劇・・・食い入るように見ている子どもたちに混ざって、私もかなり食いついてました(^_^;)

«Prev | | 1 | 2 | 3 |...| 217 | 218 | 219 |...| 224 | 225 | 226 || Next»