«Prev | | 1 | 2 | 3 |...| 237 | 238 | 239 || Next»

今年こそ

あけましておめでとうございます。2018年のスタート。六年目のブログの始まりです。今年は運動をテーマにいろいろと取り組む決意。まずは毎日のスクワットから・・・。そしてジム通いの検討。ウォーキングの実施。体脂肪の10代数値の実現。継続は力なり。このブログみたいに頑張りますか。


あけましておめでとうございます。2018年のスタート。六年目のブログの始まりです。今年は運動をテーマにいろいろと取り組む決意。まずは毎日のスクワットから・・・。そしてジム通いの検討。ウォーキングの実施。体脂肪の10代数値の実現。継続は力なり。このブログみたいに頑張りますか。

【→続きを見る】

1年を振り返って

あっという間の1年。振り返れば8月の長女の結婚。そして2匹のネコとの同居などいろいなことがあった。家族が増えた年でもある。そして今年1年腰痛がなかったことは身体的に楽なことだった。ぶら下がりは継続することにしよう。5年目の毎日ブログ更新も終わろうとしている。来年から6年目に突入。果たしていつまで・・・。


あっという間の1年。振り返れば8月の長女の結婚。そして2匹のネコとの同居などいろいなことがあった。家族が増えた年でもある。そして今年1年腰痛がなかったことは身体的に楽なことだった。ぶら下がりは継続することにしよう。5年目の毎日ブログ更新も終わろうとしている。来年から6年目に突入。果たしていつまで・・・。

【→続きを見る】

超マズッ!

歯医者で歯のクリーニングが終わりきれいになったので、この状態をキープしようと、薬用リステリン(液体を口に含みグチュグチュしてはきだすもの)なるものを購入してランチ後に口に含んだ。すると口の中が、その液体の刺激と味のまずさに思わず顔をしかめた。10秒も口に入れることなく、はきだしてしまった。超マズッ!今度からお口クチュクチュモンダミンにしよっ!


歯医者で歯のクリーニングが終わりきれいになったので、この状態をキープしようと、薬用リステリン(液体を口に含みグチュグチュしてはきだすもの)なるものを購入して
ランチ後に口に含んだ。すると口の中が、その液体の刺激と味のまずさに思わず顔をしかめた。10秒も口に入れることなく、はきだしてしまった。超マズッ!今度からお口クチュクチュモンダミンにしよっ!

【→続きを見る】

若い時はわからなかったこと

座る時に「よいしょ」と声を出すこと。言わなくていいことをつい口に出してしまうこと。宅配ピザのMサイズが食べれなくなること。(笑)同じ人に同じ事を何回も言うようになること。「あれ、あれ」と固有名詞が口に出せなくなること。身長が少しずつ縮んでいくこと。手にシミが増えること。白い毛が増えること・・・。若い時はわからないことを若い人は理解してくださいな。その内あなたも・・・。


座る時に「よいしょ」と声を出すこと。言わなくていいことをつい口に出してしまうこと。宅配ピザのMサイズが食べれなくなること。(笑)同じ人に同じ事を何回も言うようになること。「あれ、あれ」と固有名詞が口に出せなくなること。身長が少しずつ縮んでいくこと。手にシミが増えること。白い毛が増えること・・・。若い時はわからないことを若い人は理解してくださいな。その内あなたも・・・。

【→続きを見る】

縁日のにおい

職員五名と別府の居酒屋で二次会。テーブルに置かれたガスコンロに網をのせ、生イカを焼く。職員の一人が言う。「縁日のにおいがする。」確かに出店から匂ってくるあの焼きイカのにおい。焼き上がったイカをはさみで切り分け、マヨネーズをつけて食べる。もちろんお酒は日本酒で。いつか東北を走る列車の中で、ストーブで焼くスルメを食べながらお酒を飲んでみたい。


職員五名と別府の居酒屋で二次会。テーブルに置かれたガスコンロに網をのせ、生イカを焼く。職員の一人が言う。「縁日のにおいがする。」確かに出店から匂ってくるあの焼きイカのにおい。焼き上がったイカをはさみで切り分け、マヨネーズをつけて食べる。もちろんお酒は日本酒で。いつか東北を走る列車の中で、ストーブで焼くスルメを食べながらお酒を飲んでみたい。

【→続きを見る】

少しくらい

映画館の予約席に座り、売店で買ったビールをカップ入れに置いた時、聞こえてきたアナウンス。「売店以外の飲食物の持ち込みはご遠慮ください」と。そのアナウンスを半分聞き流し、上着の内ポケットからペンシルササミを1本取り出し一口かじった。これくらいはみのがしてくれよ。缶ビールを持ち込むわけじゃないんだから・・・。20代の時の映画館はマックも持ち込みOK、そしてタバコも・・・。それにくらべたらペンシルササミくらい・・・。


映画館の予約席に座り、売店で買ったビールをカップ入れに置いた時、聞こえてきたアナウンス。「売店以外の飲食物の持ち込みはご遠慮ください」と。そのアナウンスを半分聞き流し、上着の内ポケットからペンシルササミを1本取り出し一口かじった。これくらいはみのがしてくれよ。缶ビールを持ち込むわけじゃないんだから・・・。20代の時の映画館はマックも持ち込みOK、そしてタバコも・・・。それにくらべたらペンシルササミくらい・・・。

【→続きを見る】

一度きりのクリスマスケーキ

自分の父親は口数の多い方ではなかった。父が幼い頃、祖父が亡くなったと聞いているので、多分父親像がわからないまま自分に接してきたんだと思う。そんな不器用な父は、自分が子どもの頃、一度だけクリスマスケーキを買って帰ったことがある。箱を開けると丸い、白いそして甘いケーキの匂い。今でもその光景は鮮明に覚えている。たった一度だけ食べたクリスマスケーキ。街中のネオンを見ているとふと思い出すあの夜の甘い味。


自分の父親は口数の多い方ではなかった。父が幼い頃、祖父が亡くなったと聞いているので、多分父親像がわからないまま自分に接してきたんだと思う。そんな不器用な父は、自分が子どもの頃、一度だけクリスマスケーキを買って帰ったことがある。箱を開けると丸い、白いそして甘いケーキの匂い。今でもその光景は鮮明に覚えている。たった一度だけ食べたクリスマスケーキ。街中のネオンを見ているとふと思い出すあの夜の甘い味。

【→続きを見る】

信じること

「8年越しの花嫁」の映画を見に行った。これは婚約者の女性が、突然の病気で眠ったままの状態になり長い年月が過ぎるが、婚約者の男性はきっと目覚めて彼女の笑顔を再び見れることを信じ続け、想いを寄せ続けるという実話をもとに作られた映画だ。八割がた埋まった席から途中、鼻をすする音が聞こえ出す。斜め前の男性はしきりとメガネをはずし、ハンカチで目をふく行為を繰り返す。自分といえばメガネをはずす行為もわずらわしく、頬を熱いものが幾度も流れ落ちた。信じ続ける事は容易いことではない。神様はきっといるんだなと思いながら、スクリーン10番の出口までの暗闇で涙をふいた。。


「8年越しの花嫁」の映画を見に行った。これは婚約者の女性が、突然の病気で眠ったままの状態になり長い年月が過ぎるが、婚約者の男性はきっと目覚めて彼女の笑顔を再び見れることを信じ続け、想いを寄せ続けるという実話をもとに作られた映画だ。八割がた埋まった席から途中、鼻をすする音が聞こえ出す。斜め前の男性はしきりとメガネをはずし、ハンカチで目をふく行為を繰り返す。自分といえばメガネをはずす行為もわずらわしく、頬を熱いものが幾度も流れ落ちた。信じ続ける事は容易いことではない。神様はきっといるんだなと思いながら、スクリーン10番の出口までの暗闇で涙をふいた。。

【→続きを見る】

サンタクロースは誰

♪恋人はサンタクロース、恋人はサンタクロース♪この時期、カーラジオからよく流れてくるユーミンの歌。子どもが小さい頃、寝静まった夜中にそっと枕元に置いたおもちゃ。翌朝、「サンタさんがきたよぉ」と喜んで飛んでくる子どもの笑顔を見るのがうれしかった。サンタクロースはパパとママ。知らなくていい事実を知るのは学校での友達という現実。


♪恋人はサンタクロース、恋人はサンタクロース♪この時期、カーラジオからよく流れてくるユーミンの歌。子どもが小さい頃、寝静まった夜中にそっと枕元に置いたおもちゃ。翌朝、「サンタさんがきたよぉ」と喜んで飛んでくる子どもの笑顔を見るのがうれしかった。サンタクロースはパパとママ。知らなくていい事実を知るのは学校での友達という現実。

【→続きを見る】

生活リズム

暗がりの布団の中、何となく目覚めて腕にはめているGショックのライトを点灯させると「5:33」と表示。「やべぇ、寝過ごした」とすぐに飛び起きた。普段は「5:00」に起きるので、バタバタとシャンプーとひげそりをして身支度。そんな時に限ってブレーカーが落ちて真っ暗に。ドライヤーが途中の、半乾きの髪のまま1階に降りてブレーカーをもどす。そして一杯のヨーグルトを飲み干し、玄関のドアを開けた。別に遅刻する時間ではないのだが、生活リズムが狂うのがいやなので、そのままハンドルをにぎり職場へ。6時30分に自分のデスクに座り、いつものリズムに戻した。そしてブログを・・・。


暗がりの布団の中、何となく目覚めて腕にはめているGショックのライトを点灯させると「5:33」と表示。「やべぇ、寝過ごした」とすぐに飛び起きた。普段は「5:00」に起きるので、バタバタとシャンプーとひげそりをして身支度。そんな時に限ってブレーカーが落ちて真っ暗に。ドライヤーが途中の、半乾きの髪のまま1階に降りてブレーカーをもどす。そして一杯のヨーグルトを飲み干し、玄関のドアを開けた。別に遅刻する時間ではないのだが、生活リズムが狂うのがいやなので、そのままハンドルをにぎり職場へ。6時30分に自分のデスクに座り、いつものリズムに戻した。そしてブログを・・・。

【→続きを見る】

«Prev | | 1 | 2 | 3 |...| 237 | 238 | 239 || Next»