月別ブログ for September of 2019

同じと思うが

もう随分前から晩酌はビールと日本酒だったが、ここ2~3年はビールとワインにかわり、最近はビールと焼酎ロックに。そのロックに使う氷はコンビニで買ってくるロックアイス。冷蔵庫の氷でも同じと思うのだが、大きなグラスに大きな透明の氷を入れた方が、見た目おいしく感じるのだからしょうがない。酒好きはグラスにこだわったり、飲み頃の温度にこだわったり・・・。多分相棒の視線はやれやれである。


もう随分前から晩酌はビールと日本酒だったが、ここ2~3年はビールとワインにかわり、最近はビールと焼酎ロックに。そのロックに使う氷はコンビニで買ってくるロックアイス。冷蔵庫の氷でも同じと思うのだが、大きなグラスに大きな透明の氷を入れた方が、見た目おいしく感じるのだからしょうがない。酒好きはグラスにこだわったり、飲み頃の温度にこだわったり・・・。多分相棒の視線はやれやれである。

【→続きを見る】

第一声がそれかよぉ

近所に住んでいながらもう何年も会っていない悪友。先日家の近くの坂道を下から歩いて上ってくる姿が目に入った。自分は車でその坂を上から下っている。すれ違いざま車の窓を開け「よぉっ、久しぶり!」と声をかけた。するとその悪友の第一声は「まだ、お互い髪はあるなぁ」と笑う。内心、第一声がそれかよぉと思ったが、道路の真ん中にいつまでも車を止めるわけにはいかないので、手をふってわかれた。そのうち昔みたいにウイスキーを片手に遊びにいくかな。


近所に住んでいながらもう何年も会っていない悪友。先日家の近くの坂道を下から歩いて上ってくる姿が目に入った。自分は車でその坂を上から下っている。すれ違いざま車の窓を開け「よぉっ、久しぶり!」と声をかけた。するとその悪友の第一声は「まだ、お互い髪はあるなぁ」と笑う。内心、第一声がそれかよぉと思ったが、道路の真ん中にいつまでも車を止めるわけにはいかないので、手をふってわかれた。そのうち昔みたいにウイスキーを片手に遊びにいくかな。

【→続きを見る】

後悔のち爽快

休日の朝、昨日まで影響があった台風も過ぎたので、山の空気を吸いにハンドルをにぎった。しばらく山道を進むと台風の影響であちこちに折れた枝が散乱している。こんな日に山道に来たことを後悔したが、せっかくきたのでマリオカートを運転するように、笑。その枝をよけながら登って行った。いつもと違うルートに入ると展望台という小さな看板が見えたので、車を駐車して少し坂道を歩くと・・・。360度見渡せる展望台が確かにあった。2階まで階段を上るとおー、ワンダフル。阿蘇山や傾山、由布山、佐賀関まで見渡せる景色が広がる。さっきまでの後悔した気持ちが爽快へとチェンジ。今度弁当を持ってこようと決めた。


休日の朝、昨日まで影響があった台風も過ぎたので、山の空気を吸いにハンドルをにぎった。しばらく山道を進むと台風の影響であちこちに折れた枝が散乱している。こんな日に山道に来たことを後悔したが、せっかくきたのでマリオカートを運転するように、笑。その枝をよけながら登って行った。いつもと違うルートに入ると展望台という小さな看板が見えたので、車を駐車して少し坂道を歩くと・・・。360度見渡せる展望台が確かにあった。2階まで階段を上るとおー、ワンダフル。阿蘇山や傾山、由布山、佐賀関まで見渡せる景色が広がる。さっきまでの後悔した気持ちが爽快へとチェンジ。今度弁当を持ってこようと決めた。

【→続きを見る】

口にするのも・・・。

職員と話をしているとそれぞれ苦手なものがあるようで、その苦手なものを口にするのも、聞くのもいやなんだそうだ。ちなみにそれらはアラファベットで表現しているということなので少し聞いてみた。Gはゴキブリ、Mはムカデ、Kはクモなんだそうだ。自分はKといえばカマキリなんだが・・・。実際に口に入れるのが苦手なものはRかな。そう、いまだに食べることができないラッキョウ。


職員と話をしているとそれぞれ苦手なものがあるようで、その苦手なものを口にするのも、聞くのもいやなんだそうだ。ちなみにそれらはアラファベットで表現しているということなので少し聞いてみた。Gはゴキブリ、Mはムカデ、Kはクモなんだそうだ。自分はKといえばカマキリなんだが・・・。実際に口に入れるのが苦手なものはRかな。そう、いまだに食べることができないラッキョウ。

【→続きを見る】

いつか船の上で

漫画「釣りバカ日誌」。コミックはもう100巻を超えている。そのすべてを持っているわけだが、いくどとなく浜ちゃんとスーさんが船上で釣りの勝負をする。その勝負が終わるとスーさんは、カバンからワイングラスとシャブリを出して飲むシーンがある。このシーンを見るたびに船上で飲む冷えたシャブリはおいしいんだろうなぁと思ってしまう。そしてその海で採れたての牡蠣があれば・・・。いつか実現したいことの一つである。


漫画「釣りバカ日誌」。コミックはもう100巻を超えている。そのすべてを持っているわけだが、いくどとなく浜ちゃんとスーさんが船上で釣りの勝負をする。その勝負が終わるとスーさんは、カバンからワイングラスとシャブリを出して飲むシーンがある。このシーンを見るたびに船上で飲む冷えたシャブリはおいしいんだろうなぁと思ってしまう。そしてその海で採れたての牡蠣があれば・・・。いつか実現したいことの一つである。

【→続きを見る】

ブラピになりたい

映画「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」を見に行った。160分ほどある長い映画だったが、あっという間に終わった感じだ。ブラット・ピットとレオナルド・ディカプリオの共演だけあっての話題作。しかし、なんといってもブラットピットがカッコイイ。彼は自分より2歳年下だが、体も鍛え上げているし、風になびく髪型もうらやましいかぎりだ。ブラピになりたいと思った男性は自分だけではないはず。きっと。笑


映画「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」を見に行った。160分ほどある長い映画だったが、あっという間に終わった感じだ。ブラット・ピットとレオナルド・ディカプリオの共演だけあっての話題作。しかし、なんといってもブラットピットがカッコイイ。彼は自分より2歳年下だが、体も鍛え上げているし、風になびく髪型もうらやましいかぎりだ。ブラピになりたいと思った男性は自分だけではないはず。きっと。笑

【→続きを見る】

どんだけ

帰りのフライトは早めに羽田につき、ぶらついた後ランチを食べるためトンカツ専門店に入った。と同時に昨日のランチもトンカツ定食だったことに気づき、どんだけ食べれば気が済むんだ?と内心あきれた。メニューをながめていると、おいしそうなトンカツのオンパレード。少しだけ迷ったのだが、結果カキフライ定食を注文した。ほどなくして運ばれてきたそれはアツアツのジューシーで大きなカキフライ。キュベツの千切りにレモンをしぼり、専用ドレッシングをふりかけた。そしてみそ汁を一口飲んで気づいたが、大きなシジミの味噌汁だ。どれもおいしくて、とても満足なお腹をかかえ指定席に腰をおろした。



帰りのフライトは早めに羽田につき、ぶらついた後ランチを食べるためトンカツ専門店に入った。と同時に昨日のランチもトンカツ定食だったことに気づき、どんだけ食べれば気が済むんだ?と内心あきれた。メニューをながめていると、おいしそうなトンカツのオンパレード。少しだけ迷ったのだが、結果カキフライ定食を注文した。ほどなくして運ばれてきたそれはアツアツのジューシーで大きなカキフライ。キュベツの千切りにレモンをしぼり、専用ドレッシングをふりかけた。そしてみそ汁を一口飲んで気づいたが、大きなシジミの味噌汁だ。どれもおいしくて、とても満足なお腹をかかえ指定席に腰をおろした。

【→続きを見る】

刺身かトンカツか

午後からの会議にあわせ東京に早めに着いた。羽田からモノレールに乗り浜松町へ。そのまま新橋へ行き少しぶらついた後、ふらりと店に足を踏み入れた。すぐにカウンターに案内され、メニューに目を通すとランチメニューとして刺身定食が一番上に書いてある。カウンターごしに板前さんが忙しそうに手を動かしているのが見える。多分刺身がウリなんだと思うが、やっぱり大分の刺身と比べてしまう。ほんの少し迷ったあげくトンカツ定食を注文した。少しして運ばれたそれは普通だった。はたして・・・。


午後からの会議にあわせ東京に早めに着いた。羽田からモノレールに乗り浜松町へ。そのまま新橋へ行き少しぶらついた後、ふらりと店に足を踏み入れた。すぐにカウンターに案内され、メニューに目を通すとランチメニューとして刺身定食が一番上に書いてある。カウンターごしに板前さんが忙しそうに手を動かしているのが見える。多分刺身がウリなんだと思うが、やっぱり大分の刺身と比べてしまう。ほんの少し迷ったあげくトンカツ定食を注文した。少しして運ばれたそれは普通だった。はたして・・・。

【→続きを見る】

衝動買い

月曜日は休日なので、ぶらりとアミュプラザに。各階をブラブラしていると、棚に飾られたORICEの長財布に目がとまった。今の財布は10年ほど使っているので、新しいものがほしいなと思っていたところ。その財布を手にとると、とてもいい感じ。しかし、いったん飾られていた棚にそれをもどし、その場を離れブラリ。1周してまたそこにもどり、それを持ちレジへと向かった。いつもの悪い癖である。
※  12日~13日は久しぶりの東京出張のためブログはお休みです。


月曜日は休日なので、ぶらりとアミュプラザに。各階をブラブラしていると、棚に飾られたORICEの長財布に目がとまった。今の財布は10年ほど使っているので、新しいものがほしいなと思っていたところ。その財布を手にとると、とてもいい感じ。しかし、いったん飾られていた棚にそれをもどし、その場を離れブラリ。1周してまたそこにもどり、それを持ちレジへと向かった。いつもの悪い癖である。
※  12日~13日は久しぶりの東京出張のためブログはお休みです。

【→続きを見る】

10代の頃が・・・。

1階の各部屋も片付いてきたので、自分のスペース空間も少しずつアレンジ。まず、4本あるギターの内2本を壁にかけることにした。ギターハンガーを購入して、ほどなくその作業は終了した。つぎに3段ボックスを組み立て、押し入れに入れていたレコードすべてをそれに並べた。最後にその3段ボックスの上にレコードプレイヤーを置き、ひとまずその日の作業を終えた。1枚のレコードの上に針を落とし、目を閉じると10代のころのことが走馬灯のように。


1階の各部屋も片付いてきたので、自分のスペース空間も少しずつアレンジ。まず、
4本あるギターの内2本を壁にかけることにした。ギターハンガーを購入して、ほどなくその作業は終了した。つぎに3段ボックスを組み立て、押し入れに入れていたレコードすべてをそれに並べた。最後にその3段ボックスの上にレコードプレイヤーを置き、ひとまずその日の作業を終えた。1枚のレコードの上に針を落とし、目を閉じると10代のころのことが走馬灯のように。

【→続きを見る】

もうすぐ40年

よく有名人がデビューして30年だとか40年だとか節目の年にイベントを行ったりする。自分も来年は社協デビュー40年を迎える。振り返ればいろんなことがあったが、大病をすることなく与えられた業務を何とか遂行できたと思う。定年まであと2年となったが、来年は節目の年。そして東京オリンピック・パラリンピックの年。マイイベントを思案中。


よく有名人がデビューして30年だとか40年だとか節目の年にイベントを行ったりする。自分も来年は社協デビュー40年を迎える。振り返ればいろんなことがあったが、大病をすることなく与えられた業務を何とか遂行できたと思う。定年まであと2年となったが、来年は節目の年。そして東京オリンピック・パラリンピックの年。マイイベントを思案中。

【→続きを見る】

不審なショートメール

スマホを見ているとショートメールが届いていた。開いてみると佐川急便から、届け物を持ってきたが不在だったので連絡がほしいとのこと。はて、今頃自分に届け物とは誰からだろう?と考えながらその先へ進むクリックをためらった。つい昨日、ドコモからのメッセージに似せた通知で、詐欺にあった話を聞いたばかりだったから。インターネットで検索してみると、やはりそれは詐欺のようだ。佐川急便はショートメールでは不在通知をしないとのこと。皆さんも気を付けるように。


スマホを見ているとショートメールが届いていた。開いてみると佐川急便から、届け物を持ってきたが不在だったので連絡がほしいとのこと。はて、今頃自分に届け物とは誰からだろう?と考えながらその先へ進むクリックをためらった。つい昨日、ドコモからのメッセージに似せた通知で、詐欺にあった話を聞いたばかりだったから。インターネットで検索してみると、やはりそれは詐欺のようだ。佐川急便はショートメールでは不在通知をしないとのこと。皆さんも気を付けるように。

【→続きを見る】

大分の休日

今更なんだけど、休日に映画「ローマの休日」を見に行った。有名な映画であることは知っていたが、今まで一度も見たことはなかった。感想はあえて言うまでもないが、ピュアな気分で映画館の入り口を出た。よくテレビで「あの人は今どうしてる」というたぐいの番組があるが、たとえそれにオードリーをとりあげても見る人はいないんじゃないかな。オードリーはあの映画の中のままで・・・。と思いながら大分の休日が過ぎていく。


今更なんだけど、休日に映画「ローマの休日」を見に行った。有名な映画であることは知っていたが、今まで一度も見たことはなかった。感想はあえて言うまでもないが、
ピュアな気分で映画館の入り口を出た。よくテレビで「あの人は今どうしてる」という
たぐいの番組があるが、たとえそれにオードリーをとりあげても見る人はいないんじゃないかな。オードリーはあの映画の中のままで・・・。と思いながら大分の休日が過ぎていく。

【→続きを見る】

これで最後

月曜日の振休を使い、1階に住んでいた両親の家財道具の最後の片づけをした。残っていたタンスを抱え、玄関外まで運び額の汗を右手で拭った。この際自分のいらない服も袋にいれて処分した。これで3つの部屋が空っぽの空間となった。しばらくして市のゴミ回収車がきて、あっという間にタンスや雑貨を飲み込んでしまった。市に頼むのもこれで6回目。顔みしりとなった回収作業員から声をかけられた。「まだ、片づけ終わりませんか?」と目が笑っている。「今日で最後ですよ」と答え、ゴミ回収車を見送った。


月曜日の振休を使い、1階に住んでいた両親の家財道具の最後の片づけをした。残っていたタンスを抱え、玄関外まで運び額の汗を右手で拭った。この際自分のいらない服も袋にいれて処分した。これで3つの部屋が空っぽの空間となった。しばらくして市のゴミ回収車がきて、あっという間にタンスや雑貨を飲み込んでしまった。市に頼むのも
これで6回目。顔みしりとなった回収作業員から声をかけられた。「まだ、片づけ終わりませんか?」と目が笑っている。「今日で最後ですよ」と答え、ゴミ回収車を見送った。

【→続きを見る】