月別ブログ for June of 2017

男メシ

その日も一人のディナー。まずは風呂上がりの一杯として、冷えたグラスにプレミアムモルツを注ぎ喉に流しこんだ。フゥー。つまみのナッツをかじりながら2杯目のビール。さてそろそろ支度をするかと立ち上がり、買ってきた野菜ミックスを焼き肉のタレで炒め、同じくサイコロステーキを焼く。ミィディアムな焼き加減で皿に盛りステーキソースを。グラスに赤ワインを注ぎ出来上がり。たまにある男メシ。一つ床に落とした肉は3秒ルールで・・・。


その日も一人のディナー。まずは風呂上がりの一杯として、冷えたグラスにプレミアムモルツを注ぎ喉に流しこんだ。フゥー。つまみのナッツをかじりながら2杯目のビール。さてそろそろ支度をするかと立ち上がり、買ってきた野菜ミックスを焼き肉のタレで炒め、同じくサイコロステーキを焼く。ミィディアムな焼き加減で皿に盛りステーキソースを。グラスに赤ワインを注ぎ出来上がり。たまにある男メシ。一つ床に落とした肉は3秒ルールで・・・。

【→続きを見る】

試しに。

職場のベランダに置いてあるゴミ捨て用のポリバケツ。そのフタを開けることを学習したカラスは、得意げにゴミをあさり散らかして行く。今度片付けを学習させようかと思うが授業をさぼってばかり。ネットで対策を検索すると「カラス進入禁止」と張り紙をしたら来なくなったとウソのような投稿が。ものは試し、早速ゴミ捨て場にその張り紙を貼ってやった。まわりの職員の白い目が気になるが、カラスよ、国語の学習もしなさい。


職場のベランダに置いてあるゴミ捨て用のポリバケツ。そのフタを開けることを学習したカラスは、得意げにゴミをあさり散らかして行く。今度片付けを学習させようかと思うが授業をさぼってばかり。ネットで対策を検索すると「カラス進入禁止」と張り紙をしたら来なくなったとウソのような投稿が。ものは試し、早速ゴミ捨て場にその張り紙を貼ってやった。まわりの職員の白い目が気になるが、カラスよ、国語の学習もしなさい。

【→続きを見る】

自分の後ろでは・・・。

職場の机から振り向くとすぐガラス窓だ。ベランダの緑のカーテンの成長具合を見るのが毎日の楽しみ。そんな昨日、振り向くと何か変な虫のような見たことのないものがガラスに・・・。好奇心一杯にベランダまで出て見に行くと、何と小さな蛾2匹がお互いのおしりをつけて後尾中。一匹は逆さになっている状態で・・・。しばらくしてまた振り向くと2匹はそのまま。仕事中何となく後ろの気配が気になりながら2匹の蛾は愛を・・・。結局朝から夕方まで2匹は・・・。


職場の机から振り向くとすぐガラス窓だ。ベランダの緑のカーテンの成長具合を見るのが毎日の楽しみ。そんな昨日、振り向くと何か変な虫のような見たことのないものが・・・。好奇心一杯にベランダまで出て見に行くと、何と小さな蛾2匹がお互いのおしりをつけて後尾中。一匹は逆さになっている状態で・・・。しばらくしてまた振り向くと2匹はそのまま。仕事中何となく後ろの気配が気になりながら2匹の蛾は愛を・・・。結局朝から夕方まで2匹は・・・。

【→続きを見る】

輪廻転生

20歳の頃から首に何かがかかってないと落ち着かない。若い頃は十字架のペンダントだったり、コインペンダントだったり・・・。今はチェーンだけだが・・・。きっと前世は犬か何かでずっと首輪をされていたんだと思う。ということは現世で人間に昇格したということか・・・。来世は黄金の冠をかぶってどこかの国の・・・。


20歳の頃から首に何かがかかってないと落ち着かない。若い頃は十字架のペンダントだったり、コインペンダントだったり・・・。今はチェーンだけだが・・・。きっと前世は犬か何かでずっと首輪をされていたんだと思う。ということは現世で人間に昇格したということか・・・。来世は黄金の冠をかぶってどこかの国の・・・。

【→続きを見る】

あのなぁ。

週末、朝一番の映画を見ようと映画館に足を運んだ。いつものように若い男性店員に生ビールとホットドックを注文。しばらくしてホットドックを持ってきたその店員が言った。「すいません、今生ビールがきれてまして、提供できるまで10分かかります」と。上映時間が迫るなか、自分の選択肢の中に「じゃぁ、もういいよ」はない。「待ってるから、早くしてよぉ」といい、その店員を動かした。だいたい朝一からきらすということはどういうことなんだ?。思わず店員の最初のことばに「あのなぁ・・・・」というクレームの言葉を飲み込んだ日曜日。しかし、朝一からビールを飲むのもどうかと・・・。


週末、朝一番の映画を見ようと映画館に足を運んだ。いつものように若い男性店員に生ビールとホットドックを注文。しばらくしてホットドックを持ってきたその店員が言った。「すいません、今生ビールがきれてまして、提供できるまで10分かかります」と。上映時間が迫るなか、自分の選択肢の中に「じゃぁ、もういいよ」はない。「待ってるから、早くしてよぉ」といい、その店員を動かした。だいたい朝一からきらすということはどういうことなんだ?。思わず店員の最初のことばに「あのなぁ・・・・」というクレームの言葉を飲み込んだ日曜日。

【→続きを見る】

運命の出逢い 2

テレビではトワイライトエクスプレス瑞風の乗客へのインタビューが。その男女は以前トワイライトエクスプレスで知り合って、この度の瑞風の旅が新婚旅行なんだとか。なんともうらやましい限りだ。以前ブログで書いた寝台車での出逢い。東京から乗ったその女性は自分の席の前。すぐに話しがはずみロビーカーで談笑。その人は確か下関で降りた記憶があるが・・・。運命の出逢いとはいかなかった女性だ。


テレビではトワイライトエクスプレス瑞風の乗客へのインタビューが。その男女は以前トワイライトエクスプレスで知り合って、この度の瑞風の旅が新婚旅行なんだとか。なんともうらやましい限りだ。以前ブログで書いた寝台車での出逢い。東京から乗ったその女性は自分の席の前。すぐに話しがはずみロビーカーで談笑。その人は確か下関で降りた記憶があるが・・・。運命の出逢いとはいかなかった女性だ。

【→続きを見る】

運命の出逢い

東京モノレールは羽田空港第一ターミナル駅へ到着した。窓辺の席から立ち上がり、出口へ向かおうとすると後ろから声が・・・。「あのー。」振り返ると若い女性だ。「これ、落ちてました。」と手渡されたのは自分の名刺入れ。背広のポケットから落ちるはずはないのだが、それはその女性の手に握られていた。「どうもすいません。」と言ってそれを受け取ったが、30年前の自分だったら、「よかったらお茶でも・・・」と言っていたかもしれない。運命の出逢いではなく、その人とは縁がなかったのだ。再び人混みに紛れ出発ゲートへと向かった。



東京モノレールは羽田空港第一ターミナル駅へ到着した。窓辺の席から立ち上がり、出口へ向かおうとすると後ろから声が・・・。「あのー。」振り返ると若い女性だ。「これ、落ちてました。」と手渡されたのは自分の名刺入れ。背広のポケットから落ちるはずはないのだが、それはその女性の手に握られていた。「どうもすいません。」と言ってそれを受け取ったが、30年前の自分だったら、「よかったらお茶でも・・・」と言っていたかもしれない。運命の出逢いではなく、その人とは縁がなかったのだ。再び人混みに紛れ出発ゲートへと向かった。

【→続きを見る】

パーソナルスペース

東京地下鉄の電車の座席に座り、目的地までの時間をぼんやり過ごしていた。あっという間に着く駅と乗り降りの人波の繰り返し。だんだんと混み合ってきて、自分の隣は人がぎりぎり座れるかどうかというスペース。すると乗り込んできた若い女性は、躊躇することもなく自分の隣に腰をおろした。都会の人はパーソナルスペースがないのか?それとも座りたいという身体的欲求が強いのか?都会の人混みがなじめない田舎者は、さらに膝と膝のとの間を縮めたのだった。
※ パーソナルスペース → 他人に近付かれると不快に感じる空間のことで、パーソナルエリアとも呼ばれる。一般に女性よりも男性の方がこの空間が広い。


東京地下鉄の電車の座席に座り、目的地までの時間をぼんやり過ごしていた。あっという間に着く駅と乗り降りの人波の繰り返し。だんだんと混み合ってきて、自分の隣は人がぎりぎり座れるかどうかというスペース。すると乗り込んできた若い女性は、躊躇することもなく自分の隣に腰をおろした。都会の人はパーソナルスペースがないのか?それとも座りたいという身体的欲求が強いのか?都会の人混みがなじめない田舎者は、さらに膝と膝のとの間を縮めたのだった。
※ パーソナルスペース → 他人に近付かれると不快に感じる空間のことで、パーソナ   ルエリアとも呼ばれる。一般に女性よりも男性の方がこの空間が広い。

【→続きを見る】

父の日に

この時期、娘が二人いて良かったと思う。毎年それぞれの気持が届けられる。特に嫁いでいく日が近づいている長女からメッセージ。「ちっち(自分)がお父さんで、私は幸せだよ。」(原文そのまま)早くも涙腺が・・・。次女からもドストライクのプレゼントが・・・。二人ともこの先も面倒見てくれよ。頼むぜ。長男よ、熊本の地から無言のメーセージを確かに受け取った。(笑)


この時期、娘が二人いて良かったと思う。毎年それぞれの気持が届けられる。特に嫁いでいく日が近づいている長女からメッセージ。「ちっち(自分)がお父さんで、私は幸せだよ。」(原文そのまま)早くも涙腺が・・・。次女からもドストライクのプレゼントが・・・。二人ともこの先も面倒見てくれよ。頼むぜ。長男よ、熊本の地から無言のメーセージを確かに受け取った。(笑)

【→続きを見る】

何を思ったのか

歳をとるごとに高所恐怖症になってきた。昔は平気だったのに・・・。そんな先日の東京出張の仕事も終わり、時間があったのでどうしようか思案した。結果、スカイツリー見学でもするかと地下鉄に乗った。その高い建物は下から見上げるとさすがにデカイ。スマホで写真を撮ってそのまま帰るつもりだったのだが、当日券購入時間が5分という案内版が目に入った。少し考えたが、折角ここまできたのだからという思いにチケットを購入。エレベータに乗り50秒で展望台へ。おーっ、これはすごい。高所恐怖症のことは頭の片隅に追いやり、しばらくは眺めを・・・。さすがに床がガラスになっているところは避けて通ったけどね。


歳をとるごとに高所恐怖症になってきた。昔は平気だったのに・・・。そんな先日の東京出張の仕事も終わり、時間があったのでどうしようか思案した。結果、スカイツリー見学でもするかと地下鉄に乗った。その高い建物は下から見上げるとさすがにデカイ。スマホで写真を撮ってそのまま帰るつもりだったのだが、当日券購入時間が5分という案内版が目に入った。少し考えたが、折角ここまできたのだからという思いにチケットを購入。エレベータに乗り50秒で展望台へ。おーっ、これはすごい。高所恐怖症のことは頭の片隅に追いやり、しばらくは眺めを・・・。さすがに床がガラスになっているところは避けて通ったけどね。

【→続きを見る】

ネタ探し

6月15日~16日まで東京出張。ブログのネタを探してきますのでお楽しみに。今回の飛行機の座席の隣は・・・。


6月15日~16日まで東京出張。ブログのネタを探してきますのでお楽しみに。今回の飛行機の座席の隣は・・・。

【→続きを見る】

サバイバル

以前「サバイバル」というマンガ(単行本)を読んだことがある。大地震によりひとりぼっちになった小年が、過酷きわまる環境のなか生き抜く物語だが、人間が生きるためにあらゆる工夫をしながら、学習しながら生きていく。日常の我々はただ平凡のその日暮らし。たまには食べられる感謝を忘れてはならない。最近職場のベランダに置いてあるゴミ入れポリバケツが荒らされる。犯人はそのフタを開けることを学習したカラス。カラスは毎日がサバイバルなんだな。


以前「サバイバル」というマンガ(単行本)を読んだことがある。大地震によりひとりぼっちになった小年が、過酷きわまる環境のなか生き抜く物語だが、人間が生きるためにあらゆる工夫をしながら、学習しながら生きていく。日常の我々はただ平凡のその日暮らし。たまには食べられる感謝を忘れてはならない。最近職場のベランダに置いてあるゴミ入れポリバケツが荒らされる。犯人はそのフタを開けることを学習したカラス。カラスは毎日がサバイバルなんだな。

【→続きを見る】

イケメンor宇宙人

いつもの休日の午後、お決まりの露天風呂のホワイトチェアーに座り、サウナのほてりを冷まそうとしていると、前から来るスタイルのいい若者が目にとまった。そしてその顔を見た時に・・・。イケメンには違いないのだが、目が・・・。黒すぎる・・・。よく宇宙人を描く時、目が大きく黒目だけを描くがそれに近いほど・・・。もしかして宇宙人?カラーコンタクトかなと思ったけど、お風呂につけたまま入るのかな?


いつもの休日の午後、お決まりの露天風呂のホワイトチェアーに座り、サウナのほてりを冷まそうとしていると、前から来るスタイルのいい若者が目にとまった。そしてその顔を見た時に・・・。イケメンには違いないのだが、目が・・・。黒すぎる・・・。よく宇宙人を描く時、目が大きく黒目だけを描くがそれに近いほど・・・。もしかして宇宙人?カラーコンタクトかなと思ったけど、お風呂につけたまま入るのかな?

【→続きを見る】

その目は・・・。

もうすぐホラー映画の「こどもつかい」が上映される。予告を見ると子ども達の目はみんな白目。なんとも不気味だ。しかし、身近にそんな目を目の当たりにすることがある。それは職員のX君。彼と話をしていて、話す内容の困難さの度合いにによって、白目になるのだ。なんともわかりやすいシグナルだ。(笑)というか最近はもう飽きたので今度から寄り目に・・・。


もうすぐホラー映画の「こどもつかい」が上映される。予告を見ると子ども達の目はみんな白目。なんとも不気味だ。しかし、身近にそんな目を目の当たりにすることがある。それは職員のX君。彼と話をしていて、話す内容の困難さの度合いにによって、白目になるのだ。なんともわかりやすいシグナルだ。(笑)というか最近はもう飽きたので今度から寄り目に・・・。

【→続きを見る】

ときめき

80歳すぎのおじいちゃん医師がラジオで言っていた。いくつになっても、ときめくことが長寿につながると。野球マンガ「ROOKIES」の川藤先生は口癖のように言う「夢にときめけ!明日にきらめけ!」と。何でもいい、毎日ときめいていられたら・・・。最近思うけど、やっぱり1日を大事にしていないなと。職場の敷地にある小さな紫陽花。今年も花が咲くのを楽しみにしている。


80歳すぎのおじいちゃん医師がラジオで言っていた。いくつになっても、ときめくことが長寿につながると。野球マンガ「ROOKIES」の川藤先生は口癖のように言う「夢にときめけ!明日にきらめけ!」と。何でもいい、毎日ときめいていられたら・・・。最近思うけど、やっぱり1日を大事にしていないなと。職場の敷地にある小さな紫陽花。今年も花が咲くのを楽しみにしている。

【→続きを見る】

もう一度

昔大分駅近くにダイエーがあった。小学6年生だった自分は、今は亡き母とそこの食堂へ。鉄板の上でジュージューと音をたてて出される焼きそば。そしてその真ん中には生卵が落とされ、鉄板に流れ落ちた白身が焼けて行く。ソース味の焼きそばと黄身をからめながら食べるあの味。鮮明に残っているその光景。出来るなら母ともう一度食べて見たい。43年前の思い出。


昔大分駅近くにダイエーがあった。小学6年生だった自分は、今は亡き母とそこの食堂へ。鉄板の上でジュージューと音をたてて出される焼きそば。そしてその真ん中には生卵が落とされ、鉄板に流れ落ちた白身が焼けて行く。ソース味の焼きそばと黄身をからめながら食べるあの味。鮮明に残っているその光景。出来るなら母ともう一度食べて見たい。43年前の思い出。

【→続きを見る】

逆三角形

サマサマの風呂上がり、鏡に写る全裸の姿をまじまじと見た。まだ逆三角形のシルエットは保たれている。台形ではない。後はシックスパック。しかし、風呂場にいる人達を見回すとどうしてあそこまで膨らむのかという、りっぱなお腹の持ち主が多い。ついつつきたくなるような・・・。外見の若さは内面の若さと比例するという。取りあえず定年までは今の体型を維持することを目標とするか。自分の中でビール腹という言葉は存在しない。


サマサマの風呂上がり、鏡に写る全裸の姿をまじまじと見た。まだ逆三角形のシルエットは保たれている。台形ではない。後はシックスパック。しかし、風呂場にいる人達を見回すとどうしてあそこまで膨らむのかという、りっぱなお腹の持ち主が多い。ついつつきたくなるような・・・。外見の若さは内面の若さと比例するという。取りあえず定年までは今の体型を維持することを目標とするか。自分の中でビール腹という言葉は存在しない。

【→続きを見る】

適任?

県の依頼により「アルコール健康障がい対策推進協議会」の委員に就任した。年に数回協議の場が設けられ、対策推進計画を策定するのだとか。まるで自分のことを協議されるみたいで複雑。委員にはドクターもいることから会議の開始時間は18時30分から・・・。会議のお茶はいいからせめて缶ビールでも出してくれないかなぁ。笑


県の依頼により「アルコール健康障がい対策推進協議会」の委員に就任した。年に数回協議の場が設けられ、対策推進計画を策定するのだとか。まるで自分のことを協議されるみたいで複雑。委員にはドクターもいることから会議の開始時間は18時30分から・・・。会議のお茶はいいからせめて缶ビールでも出してくれないかなぁ。笑

【→続きを見る】

ついに 3

当日、たまたま次女の誕生日。長女が連れてきた男性は、明るく夢と希望を持つサッカー好きな好青年。早速ビールを進めると酒は好きな方らしく(条件クリア)、あっという間に打ち解けた。そして自分への土産としてお酒を(なかなかいいやつ)。その日は長男も熊本からかけつけ、久しぶりに3人の子ども達がそろった。昼前からピザとビールのランチ。あっという間に3時間が過ぎた。二人が帰った後、一人歩いて駅ビルの屋上にあがり、ビールを飲みながら長女の小さい頃を思い浮かべた。


当日、たまたま次女の誕生日。長女が連れてきた男性は、明るく夢と希望を持つサッカー好きな好青年。早速ビールを進めると酒は好きな方らしく(条件クリア)、あっという間に打ち解けた。そして自分への土産としてお酒を(なかなかいいやつ)。その日は長男も熊本からかけつけ、久しぶりに3人の子ども達がそろった。昼前からピザとビールのランチ。あっという間に3時間が過ぎた。二人が帰った後、一人歩いて駅ビルの屋上にあがり、ビールを飲みながら長女の小さい頃を思い浮かべた。

【→続きを見る】

赤い・・・。

最近寝る前に思い出したように山口百恵の赤いシリーズのドラマをスマホで見ている。「赤い運命」や「赤い疑惑」、「赤い絆」に「赤い衝撃」など多くがドラマとして放映され、毎週見るのが楽しみだった。しかし、最近改めて見ていると、韓流ドラマはここからヒントをもらっているんじゃないの?と思ったりする。スマホで1話見終えてトイレにたち、ふと今日は「赤いパンツ」だったことに気づいた。失礼。(笑)


最近寝る前に思い出したように山口百恵の赤いシリーズのドラマをスマホで見ている。「赤い運命」や「赤い疑惑」、「赤い絆」に「赤い衝撃」など多くがドラマとして放映され、毎週見るのが楽しみだった。しかし、最近改めて見ていると、韓流ドラマはここからヒントをもらっているんじゃないの?と思ったりする。スマホで1話見終えてトイレにたち、ふと今日は「赤いパンツ」だったことに気づいた。失礼。(笑)

【→続きを見る】

期待に反して

次女が本棚を整理して、読み終えたコミックマンガが紙袋6つ分出て来た。処分してきてというので、その100冊を越えるマンガを車に積み込み考えた。処分するより買い取り専門店に持ち込めばいくらかのお金が・・・と期待して車を走らせた。受付の店員は早速査定にとりかかったので、どのくらいの査定時間がかかるか聞くと、50分くらいかかると。もしかしたらレアなものがあって高額査定になったりしてと思いながら、店内をぶらつき査定結果を待った。しばらくして番号が呼ばれ、受付に行き査定額が提示された。その額は280円。まっ、処分したらゼロだし、と気を持ち直しその小銭を受け取った。世の中甘くないなとつぶやきながら、そのお金は発泡酒2本へと変身した。


次女が本棚を整理して、読み終えたコミックマンガが紙袋6つ分出て来た。処分してきてというので、その100冊を越えるマンガを車に積み込み考えた。処分するより買い取り専門店に持ち込めばいくらかのお金が・・・と期待して車を走らせた。受付の店員は早速査定にとりかかったので、どのくらいの査定時間がかかるか聞くと、50分くらいかかると。もしかしたらレアなものがあって高額査定になったりしてと思いながら、店内をぶらつき査定結果を待った。しばらくして番号が呼ばれ、受付に行き査定額が提示された。その額は280円。まっ、処分したらゼロだし、と気を持ち直しその小銭を受け取った。世の中甘くないなとつぶやきながら、そのお金は発泡酒2本へと変身した。

【→続きを見る】