月別ブログ for February of 2016

知っていれば・・・。

サザエさんの番組を見ててサザエさん症候群なる症状、つまり憂鬱になる人がいるんだとか。自分はそんなことはないが、最後のジャンケンに負けると憂鬱になったりする。ところがこのジャンケンの必勝法があったのだ。エンディングの時、サザエさん一家が家に入る時、煙突の煙が輪っかだったらグー。ニョロニョロの煙だったらチョキ。何も出てなかったらパーなんだとか。まだ検証はしていないが、これが本当だったら憂鬱にならなくて済んだのに・・・。


サザエさんの番組を見ててサザエさん症候群なる症状、つまり憂鬱になる人がいるんだとか。自分はそんなことはないが、最後のジャンケンに負けると憂鬱になったりする。ところがこのジャンケンの必勝法があったのだ。エンディングの時、サザエさん一家が家に入る時、煙突の煙が輪っかだったらグー。ニョロニョロの煙だったらチョキ。何も出てなかったらパーなんだとか。まだ検証はしていないが、これが本当だったら憂鬱にならなくて済んだのに・・・。

【→続きを見る】

ポジティブシンキング

ネガティブの思考よりポジティブの思考を持った方が9年も長生きする結果が報告されたとか。だから笑いも健康にいいんだろう。そしてやはり人は笑顔の人のところに近づきたくなるもんだ。そう考えていくとネガティブな思考を持つ人はやはり表情も・・・。朝のあいさつは元気よく笑顔で。今日も1日頑張ろう!


ネガティブの思考よりポジティブの思考を持った方が9年も長生きする結果が報告されたとか。だから笑いも健康にいいんだろう。そしてやはり人は笑顔の人のところに近づきたくなるもんだ。そう考えていくとネガティブな思考を持つ人はやはり表情も・・・。朝のあいさつは元気よく笑顔で。今日も1日頑張ろう!

【→続きを見る】

耳からの薬

車の中や寝る前に好きな音楽を聴くと気持が落ち着くものだ。音楽もひとそれぞれ好みがあり、逆に嫌いな音楽を耳にすると不快になることもある。先日カーラジオから流れていた演歌。昔だったら興味もなかったが、最近では少しずつ体が受け入れるように。気分が優れない時、耳からの薬として音楽の処方箋を。


車の中や寝る前に好きな音楽を聴くと気持が落ち着くものだ。音楽もひとそれぞれ好みがあり、逆に嫌いな音楽を耳にすると不快になることもある。先日カーラジオから流れていた演歌。昔だったら興味もなかったが、最近では少しずつ体が受け入れるように。気分が優れない時、耳からの薬として音楽の処方箋を。

【→続きを見る】

お座り

愛犬ペロが死んでもうすぐ半年になる。今でも職場のデスクには子犬の時の写真をデスクマットに。あの頃は「お座り」と「お手」を何回も教えたなと思い返しながら・・・。我が家は最近トイレを新しいものに据え換えた。その日から相棒よりの躾が・・・。これからは小用の時も座ってするようにと。つまり「お座り」をしろと・・・。果たして世の男性諸君、同じように躾けられている人は何%?


愛犬ペロが死んでもうすぐ半年になる。今でも職場のデスクには子犬の時の写真をデスクマットに。あの頃は「お座り」と「お手」を何回も教えたなと思い返しながら・・・。我が家は最近トイレを新しいものに据え換えた。その日から相棒よりの躾が・・・。これからは小用の時も座ってするようにと。つまり「お座り」をしろと・・・。果たして世の男性諸君、同じように躾けられている人は何%?

【→続きを見る】

迷い

東京羽田で大分便の待合席。しばらくするとアナウンスが。「9時50分発大分行き633便は満席のうえ、1名超過した受付となっております。この後11時50分発大分行き650便に変更出来る方は、お申し出ください。ご協力金として1万円を差し上げます。」と。何気なく聞いていたアナウンスの「1万円」というところに私の耳はピクンと。1万円あればおいしいお寿司とお酒が飲めるなぞと頭の中は・・・。しかし、自分は予定の便で戻らないと午後予定の会議に間に合わない。いっそ、その会議出席を放棄しようか迷った。結果、真面目な私は頭の中のお酒とお寿司を振り払い予定の便に搭乗。いつかのドストライクのスッチーを探しながら予約席に座った。


東京羽田で大分便の待合席。しばらくするとアナウンスが。「9時50分発大分行き633便は満席のうえ、1名超過した受付となっております。この後11時50分発大分行き650便に変更出来る方は、お申し出ください。ご協力金として1万円を差し上げます。」と。何気なく聞いていたアナウンスの「1万円」というところに私の耳はピクンと。1万円あればおいしいお寿司とお酒が飲めるなぞと頭の中は・・・。しかし、自分は予定の便で戻らないと午後予定の会議に間に合わない。いっそ、その会議出席を放棄しようか迷った。結果、真面目な私は頭の中のお酒とお寿司を振り払い予定の便に搭乗。いつかのドストライクのスッチーを探しながら予約席に座った。

【→続きを見る】

急いでいる時に限って

今年に入って2度目の東京出張。会議の始まりは13時15分。羽田からモノレールに乗り浜松町着が12時45分。どこでもいいから空いている店に飛び込み、丼物でもかき込もうと。以前にも東京でカツ丼を頼んだら貧相なものを出されたので、それをイメージしてカツ重を頼んだ。それはすぐに運ばれてきたが、ウソォー、と口にでるほどボリュームのあるりっぱなものだった。急いでいる時に限って・・・。しかも味噌汁は無茶苦茶熱い。それでも口にかき込みその店を後にした。カツ重で満たされた重たいお腹を抱え、早足で会場へと向かい何とか会議に間に合った。そして睡魔が・・・(笑)


今年に入って2度目の東京出張。会議の始まりは13時15分。羽田からモノレールに乗り浜松町着が12時45分。どこでもいいから空いている店に飛び込み、丼物でもかき込もうと。以前にも東京でカツ丼を頼んだら貧相なものを出されたので、それをイメージしてカツ重を頼んだ。それはすぐに運ばれてきたが、ウソォー、と口にでるほどボリュームのあるりっぱなものだった。急いでいる時に限って・・・。しかも味噌汁は無茶苦茶熱い。それでも口にかき込みその店を後にした。カツ重で満たされた重たいお腹を抱え、早足で会場へと向かい何とか会議に間に合った。そして睡魔が・・・(笑)

【→続きを見る】

マシンガントーク

鹿児島へ日帰り出張。日頃バタバタしているので、せめて電車の中では週刊誌でも読みながらゆっくりしようと思いながらホームで電車を待った。そこには4人のご婦人が賑やかに談笑している。よくも朝からテンション高くいられるなと思いながら指定席に座ると、アチャー、自分の前の座席にシートを向かい合わせにしてそのご婦人たちは腰をおろした。座ると同時にマシンガントークの始まりだ。犬の名前が「はかま」(笑)だの、今度はどこどこに行こうなどと一向におしゃべりは止まらない。しばらくすると定番のポッキーという銃弾を口に装着し、さらにヒートアップ。ついてないなと思いながら車窓を眺めた。



鹿児島へ日帰り出張。日頃バタバタしているので、せめて電車の中では週刊誌でも読みながらゆっくりしようと思いながらホームで電車を待った。そこには4人のご婦人が賑やかに談笑している。よくも朝からテンション高くいられるなと思いながら指定席に座ると、アチャー、自分の前の座席にシートを向かい合わせにしてそのご婦人たちは腰をおろした。座ると同時にマシンガントークの始まりだ。犬の名前が「はかま」(笑)だの、今度はどこどこに行こうなどと一向におしゃべりは止まらない。しばらくすると定番のポッキーという銃弾を口に装着し、さらにヒートアップ。ついてないなと思いながら車窓を眺めた。

【→続きを見る】

違うだろ

大分県人は本当に鳥天が好きだ。そんな先日町に用事が出来てお昼前、なんとなく鳥天定食が食べたくなり、ある店の階段を上った。早速メニューを確認して鳥天定食を注文。しばらくして運ばれてきたものは・・・。たまにあるのだが、鳥天と唐揚げの中間のようなものが出されることがある。まさにその店はそれだった。他県の人が初めて大分を訪れ
名物の鳥天を注文して、これが出されたら信じこむだろうなぁ。色で判断するとしたら焦げ茶色の鳥天は・・・。


大分県人は本当に鳥天が好きだ。そんな先日町に用事が出来てお昼前、なんとなく鳥天定食が食べたくなり、ある店の階段を上った。早速メニューを確認して鳥天定食を注文。しばらくして運ばれてきたものは・・・。たまにあるのだが、鳥天と唐揚げの中間のようなものが出されることがある。まさにその店はそれだった。他県の人が初めて大分を訪れ
名物の鳥天を注文して、これが出されたら信じこむだろうなぁ。色で判断するとしたら焦げ茶色の鳥天は・・・。

【→続きを見る】

年に1回の

バレンタインデーが特別の日じゃなくなって数十年。そんな特別の日じゃないその日、 義母からチョコレートをいただいた。毎年いただくウイスキーボンボンの詰め合わせ。  ありがたいことだ。普段は滅多に口にしないチョコレート。その日だけはブランデーのつまみとして一箱分のチョコをペロリと。チョコの中では「ラミー」がお気に入り。そういえば今でもパラソルチョコレートはあるのかな?


バレンタインデーが特別の日じゃなくなって数十年。そんな特別の日じゃないその日、 義母からチョコレートをいただいた。毎年いただくウイスキーボンボンの詰め合わせ。  ありがたいことだ。普段は滅多に口にしないチョコレート。その日だけはブランデーのつまみとして一箱分のチョコをペロリと。チョコの中では「ラミー」がお気に入り。そういえば今でもパラソルチョコレートはあるのかな?

【→続きを見る】

さすがに

いつものようにテイクアウトの焼き鳥を買って帰り、まずは風呂で体を温めた。そして風呂上がりビールで喉を潤し、次に焼き鳥をレンジで温めた。その次は日本酒をお燗する。これで準備万端。焼き鳥の3本目に手をのばしたところでスマホの着信音。職員からだ。今駅で飲んでいるのでよかったらという内容。昔だったら二つ返事で「わかった。すぐ行く」というんだがさすがに・・・。丁重にお断りして3本目を口にした。又今度飲みに行きましょう。


いつものようにテイクアウトの焼き鳥を買って帰り、まずは風呂で体を温めた。そして風呂上がりビールで喉を潤し、次に焼き鳥をレンジで温めた。その次は日本酒をお燗する。これで準備万端。焼き鳥の3本目に手をのばしたところでスマホの着信音。職員からだ。今駅で飲んでいるのでよかったらという内容。昔だったら二つ返事で「わかった。すぐ行く」というんだがさすがに・・・。丁重にお断りして3本目を口にした。又今度飲みに行きましょう。

【→続きを見る】

意外な特技

以前次女の部屋に置かれていた小さなぬいぐるみの数々。すべて自分がUFOキャッチャーでとったものだ。意外とこれは得意な方で、大きなぬいぐるみもいくつかとったもんだ。そんな先日、いつものサマサマへ行き、久しぶりにドンキ2階のゲーセンにブラリと。数あるUFOキャッチャーの中で一つに狙いを定め100円玉を投入。レバーを操作してみごとに獲物をキャッチ。まだまだ腕はおちていない。


以前次女の部屋に置かれていた小さなぬいぐるみの数々。すべて自分がUFOキャッチャーでとったものだ。意外とこれは得意な方で、大きなぬいぐるみもいくつかとったもんだ。そんな先日、いつものサマサマへ行き、久しぶりにドンキ2階のゲーセンにブラリと。数あるUFOキャッチャーの中で一つに狙いを定め100円玉を投入。レバーを操作してみごとに獲物をキャッチ。まだまだ腕はおちていない。

【→続きを見る】

ウインナーがない

出張の楽しみの一つに宿泊したホテルの朝食がある。当然前夜は飲んでいるので、翌朝の朝食はどんなものもおいしい。だいたいバイキング形式のブレックファーストなのだが。白いご飯と味噌汁、そして好みのおかずをチョイスしていく。そんな中で外せないのはウインナー。だいたいどこのホテルもあるのだが、先日泊まった小倉のホテルでは見当たらない。しかたなくベーコンで我慢したが・・・。一緒に同行していた職員も同じようにウインナーを探したそうだ。次回このホテルに泊まることはないだろう。


出張の楽しみの一つに宿泊したホテルの朝食がある。当然前夜は飲んでいるので、翌朝の朝食はどんなものもおいしい。だいたいバイキング形式のブレックファーストなのだが。白いご飯と味噌汁、そして好みのおかずをチョイスしていく。そんな中で外せないのはウインナー。だいたいどこのホテルもあるのだが、先日泊まった小倉のホテルでは見当たらない。しかたなくベーコンで我慢したが・・・。一緒に同行していた職員も同じようにウインナーを探したそうだ。次回このホテルに泊まることはないだろう。

【→続きを見る】

自分年齢

映画「さらばあぶない刑事」を見に行った。相変わらずのコンビの活躍だが、柴田恭兵の走りが爽快だ。64歳であれだけ走れたらたいしたもんだ。なんでも草野球の盗塁で鍛えているんだとか。人は案外年齢にこだわったりするもの。70歳だからもう無理だとか80歳だから何々をしたらあぶないだとか、その歳で出来ること出来ないことを決めつけて判断したりする。その人それぞれに自分年齢があって、若々しく生きられたらそれでいいと思うのだが。自分は80歳になってもジーンズとTシャツでギターを弾いていたい。


映画「さらばあぶない刑事」を見に行った。相変わらずのコンビの活躍だが、柴田恭兵の走りが爽快だ。64歳であれだけ走れたらたいしたもんだ。なんでも草野球の盗塁で鍛えているんだとか。人は案外年齢にこだわったりするもの。70歳だからもう無理だとか80歳だから何々をしたらあぶないだとか、その歳で出来ること出来ないことを決めつけて判断したりする。その人それぞれに自分年齢があって、若々しく生きられたらそれでいいと思うのだが。自分は80歳になってもジーンズとTシャツでギターを弾いていたい。

【→続きを見る】

対面

ソニックに乗り博多方面に行くと、行きも帰りも小倉で進行方向が変わるため、乗客は立ち上がって座席を回す作業を自然と行う。そんな先日、小倉から大分に帰るため、ソニックに乗り込んだ。指定席にたどり着くと、自分の席の前には若い女性が向き合うように座っている。まわりの乗客はいっせいに座席の向きを変えているのに、その女性はじっとしたまま。このままでいると自分は膝がふれあう距離で、お互いを見つ合う姿勢になる。さすがに声をかけた。「座席を回さなくてよいですか?」と。するとその女性ははじめてまわりの状況を理解したみたいで、座席をまわしてくれた。多分ソニックに乗ったのは初めてなのかな?いつかのJAL便のドストライクのスッチーだったら、そのまま声をかけることななかっただろうな。


ソニックに乗り博多方面に行くと、行きも帰りも小倉で進行方向が変わるため、乗客は立ち上がって座席を回す作業を自然と行う。そんな先日、小倉から大分に帰るため、ソニックに乗り込んだ。指定席にたどり着くと、自分の席の前には若い女性が向き合うように座っている。まわりの乗客はいっせいに座席の向きを変えているのに、その女性はじっとしたまま。このままでいると自分は膝がふれあう距離で、お互いを見つ合う姿勢になる。さすがに声をかけた。「座席を回さなくてよいですか?」と。するとその女性ははじめてまわりの状況を理解したみたいで、座席をまわしてくれた。多分ソニックに乗ったのは初めてなのかな?いつかのJAL便のドストライクのスッチーだったら、そのまま声をかけることななかっただろうな。

【→続きを見る】

ビールとの相性

小倉で会議があった夜、交流会終了後の2次会に誘われた。北九州市社協職員の後をついて行き案内されたところは、小倉駅構内にある「小倉鉄なべ」というお店。鍋のお店ではなくギョーザのお店だ。早速運ばれてきたものは鉄板の上にのせられたアツアツのギョーザ。タレにつけて一口かじり、左手のジョッキを傾けると・・・。しあわせ感が。この繰り返しでつぎつぎとジョッキがカラに。その日の会議の次期開催県は大分県だ。おもてなしはどこの店でしようかなと思いながら箸は動いた。途中席をはずして辛明太子を手土産に渡してくれたKさん。5年ぶりの再会でしたがありがとう。今度大分に来たときは倍返しに期待してください。


小倉で会議があった夜、交流会終了後の2次会に誘われた。北九州市社協職員の後をついて行き案内されたところは、小倉駅構内にある「小倉鉄なべ」というお店。鍋のお店ではなくギョーザのお店だ。早速運ばれてきたものは鉄板の上にのせられたアツアツのギョーザ。タレにつけて一口かじり、左手のジョッキを傾けると・・・。しあわせ感が。この繰り返しでつぎつぎとジョッキがカラに。その日の会議の次期開催県は大分県だ。おもてなしはどこの店でしようかなと思いながら箸は動いた。途中席をはずして辛明太子を手土産に渡してくれたKさん。5年ぶりの再会でしたがありがとう。今度大分に来たときは倍返しに期待してください。

【→続きを見る】

不一致

これまでも幾度か書いたが、基本的に次女と私の食の好みは一致する。だからいつも取り合いになる。ところが最近、ドンキで「焼きひも」なるつまみを見つけ買って帰った。これはひもを焼いているんじゃなく(当然だろ)、ホタテ貝のまわりについているギザギサになっているものをバター醤油で味付けしたものだ。いつものように次女はそれを見つけると早速寄ってきて一切れを口に・・・。「まずい・・・」と一言。自分はビールのつまみとしておいしいと思うのだが、初めて食の不一致がおきた夜だった。


これまでも幾度か書いたが、基本的に次女と私の食の好みは一致する。だからいつも取り合いになる。ところが最近、ドンキで「焼きひも」なるつまみを見つけ買って帰った。これはひもを焼いているんじゃなく(当然だろ)、ホタテ貝のまわりについているギザギサになっているものをバター醤油で味付けしたものだ。いつものように次女はそれを見つけると早速寄ってきて一切れを口に・・・。「まずい・・・」と一言。自分はビールのつまみとしておいしいと思うのだが、初めて食の不一致がおきた夜だった。

【→続きを見る】

ドストライク

誰でも異性の好みのタイプがあるもんだ。東京からのJAL便。いつものように週刊誌を片手に座席に腰を下ろした。そして何気に前方を見ると、笑顔のステキなスッチーが。もろに自分のタイプ。しかもドストライク。いつもだとすぐに週刊誌に目をおとし、しばらくすると目を閉じるのだが・・・。その日は飲物のサービスを受けるまで眠らないぞと。しばらくするとワゴンを押して二人のスッチーが近づいてきた。近くで見るほど笑顔がさわやかだ。さーていよいよ飲物のサービスを受けようとすると、もう一人の違うスッチーが飲物を聞いてきた。内心、君じゃないんだけどぉと思いながら、アップルジュースをお願いした。リンゴの味みたいに甘酸っぱい一時のフライトとなった。


誰でも異性の好みのタイプがあるもんだ。東京からのJAL便。いつものように週刊誌を片手に座席に腰を下ろした。そして何気に前方を見ると、笑顔のステキなスッチーが。もろに自分のタイプ。しかもドストライク。いつもだとすぐに週刊誌に目をおとし、しばらくすると目を閉じるのだが・・・。その日は飲物のサービスを受けるまで眠らないぞと。しばらくするとワゴンを押して二人のスッチーが近づいてきた。近くで見るほど笑顔がさわやかだ。さーていよいよ飲物のサービスを受けようとすると、もう一人の違うスッチーが飲物を聞いてきた。内心、君じゃないんだけどぉと思いながら、アップルジュースをお願いした。リンゴの味みたいに甘酸っぱい一時のフライトとなった。

【→続きを見る】

浅草へ

いつも東京出張は仕事が終わるとすぐに帰るというあわただしい行程だが、今回は土曜日がからむ出張。前から一度行ってみたかった浅草へ足をのばした。そこは、正月のどこかの神社みたいに人だらけ。しかもまわりから聞こえる声は中国語ばかり。一瞬ここは異国かと思わせるほど。それでも人垣をくぐりぬけ、お参りをして早々にそこを後にした。人混みがきらいな自分は、やたらにスマホの自撮り棒を手にしている人を多く見かけた印象だけが残った。


いつも東京出張は仕事が終わるとすぐに帰るというあわただしい行程だが、今回は土曜日がからむ出張。前から一度行ってみたかった浅草へ足をのばした。そこは、正月のどこかの神社みたいに人だらけ。しかもまわりから聞こえる声は中国語ばかり。一瞬ここは異国かと思わせるほど。それでも人垣をくぐりぬけ、お参りをして早々にそこを後にした。人混みがきらいな自分は、やたらにスマホの自撮り棒を手にしている人を多く見かけた印象だけが残った。

【→続きを見る】

7づくし

東京出張のため、朝6時に車で出発。大分空港まで約1時間だ。途中気になっていた車の走行距離メーターが77777と並んだ。何となく気分がいいもんだ。そして東京での仕事を終え、いつものホテルへ。受付の女性は「いつもご利用ありがとうございます。」と笑顔でルームキーをわたしてくれた。その部屋番号は「707」。ここでも7を目にしたラッキー(?)な日と思うことにして、部屋でワインを1本飲みほした。


東京出張のため、朝6時に車で出発。大分空港まで約1時間だ。途中気になっていた車の走行距離メーターが77777と並んだ。何となく気分がいいもんだ。そして東京での仕事を終え、いつものホテルへ。受付の女性は「いつもご利用ありがとうございます。」と笑顔でルームキーをわたしてくれた。その部屋番号は「707」。ここでも7を目にしたラッキー(?)な日と思うことにして、部屋でワインを1本飲みほした。

【→続きを見る】