月別ブログ for March of 2015

だいふくんスタンプ

作成するのにかなり時間がかかったが、この度スマホのLINEで使える「だいふくんスタンプ」が完成した。このことをLINEの家族グループで知らせると3人の子ども達はすぐに購入してくれた。そして早速スタンプを受信した。しかし、一つ困ったことが・・・。自分が購入しようとするが、何かの不具合で購入出来ずにいる。何が原因なんだ?


作成するのに時間がかなりかかったが、この度スマホのLINEで使える「だいふくんスタンプ」が完成した。このことをLINEの家族グループで知らせると3人の子ども達はすぐに購入してくれた。そして早速スタンプを受信した。しかし、一つ困ったことが・・・。自分が購入しようとするが、何かの不具合で購入出来ずにいる。何が原因なんだ?

【→続きを見る】

アンニュイな朝

送別会の翌朝、寝室のカーテンを開けると雲一つない青空。前からいつか行こうと思っていた「天海の湯」へ迷わず車を走らせた。朝の9時30分。西大分の高台にある温泉の露天風呂はちょうどいい湯加減。しかもこの時間は誰もいない。別府湾に浮かぶ船と青い空を飛んでいく鳥を眺めながら、少し二日酔いのアンニュイな身体が柔らいで行く。そして気づいた。その日は海の色と空の色が同じであることを。露天風呂にあるイスに座り、いつまでもその青を眺め続けた。


送別会の翌朝、寝室のカーテンを開けると雲一つない青空。前からいつか行こうと思っていた「天海の湯」へ迷わず車を走らせた。朝の9時30分。西大分の高台にある温泉の露天風呂はちょうどいい湯加減。しかもこの時間は誰もいない。別府湾に浮かぶ船と青い空を飛んでいく鳥を眺めながら、少し二日酔いのアンニュイな身体が柔らいで行く。そして気づいた。その日は海の色と空の色が同じであることを。露天風呂にあるイスに座り、いつまでもその青を眺め続けた。

【→続きを見る】

LINEグループ

夕食を終え、スマホのLINEグループで家族の談笑。それぞれ別の部屋で。福岡と熊本にいる子どもたちとも同じ空間にいるみたいに会話が出来て楽しい。スタンプもいろんな表情があり笑えたりする。早くだいふくんスタンプを作らなければ。


夕食を終え、スマホのLINEグループで家族の談笑。それぞれ別の部屋で。福岡と熊本にいる子どもたちとも同じ空間にいるみたいに会話が出来て楽しい。スタンプもいろんな表情があり笑えたりする。早くだいふくんスタンプを作らなければ。

【→続きを見る】

黄色

夢の中で連想ゲームをしていた。黄色で連想するものは?自分は菜の花畑と即答していた。春になり道端に咲いている菜の花を見ると、何故かほっとするものだ。試しに夢占いで黄色を検索してみると金運アップの予兆だとか。春よこい。


夢の中で連想ゲームをしていた。黄色で連想するものは?自分は菜の花畑と即答していた。春になり道端に咲いている菜の花を見ると、何故かほっとするものだ。試しに夢占いで黄色を検索してみると金運アップの予兆だとか。春よこい。

【→続きを見る】

上タン施設?

大分で初の情短施設(情緒障害児短期治療施設)の開所式があった。試しに職員に情短施設って知ってる?と聞いてみた。すると焼き肉の「上タン」の施設?と返ってきた。  わからないわけでもない。そういう私もしばらくは関係者の会議の中で自然と出てくる「じょうたん」の意味が「???」の時期があった。略語は知らない人には全くわからないものだ。



大分で初の情短施設(情緒障害児短期治療施設)の開所式があった。試しに職員に情短施設って知ってる?と聞いてみた。すると焼き肉の「上タン」の施設?と返ってきた。  わからないわけでもない。そういう私もしばらくは関係者の会議の中で自然と出てくる「じょうたん」の意味が「???」の時期があった。略語は知らない人には全くわからないものだ。

【→続きを見る】

先は長い

スマホゲームのキャンディソーダクラッシュにはまっていることは先のブログで書いた。最近このゲームのTVコマーシャルがあるが、ステージ56をクリアするにはどうのこうのと・・・。自分はまだ21ステージで悪戦苦闘しているのに・・・。まだまだ先は長い。


スマホのゲームのキャンディソーダクラッシュにはまっていることは先のブログで書いた。最近このゲームのTVコマーシャルがあるが、ステージ56をクリアするにはどうのこうのと・・・。自分はまだ21ステージで悪戦苦闘しているのに・・・。まだまだ先は長い。

【→続きを見る】

仲間はいいな

土曜日、熊本で長男の結婚式。天気に恵まれ約100人が出席してくれた。その3分の2は新郎新婦の友人だが・・・。披露宴が始まりつぎつぎと披露されるメッセージや余興。つくづく仲間に恵まれて長男は幸せものだなと思った。最後のクライマックス。司会者が「ここで新郎と新婦からご両親へプレゼントがあります」と。長男から手渡されたものは熊本の大吟醸の日本酒だった。私が喜ぶツボをおさえているいい息子だ。無事に披露宴も終了したが、一つ気になることが。祝辞の中で一人が2世のおめでたがどうのこうの言っていたが赤ちゃんが・・・。まだ確認出来ずにいる。


土曜日、熊本で長男の結婚式。天気に恵まれ約100人が出席してくれた。その3分の2は新郎新婦の友人だが・・・。披露宴が始まりつぎつぎと披露されるメッセージや余興。つくづく仲間に恵まれて長男は幸せものだなと思った。最後のクライマックス。司会者が「ここで新郎と新婦からご両親へプレゼントがあります」と。長男から手渡されたものは熊本の大吟醸の日本酒だった。親が喜ぶツボをおさえているいい息子だ。無事に披露宴も終了したが、一つ気になることが。祝辞の中で一人が2世のおめでたがどうのこうの言っていたが赤ちゃんが・・・。まだ確認出来ずにいる。

【→続きを見る】

二人分

二人前のカレーライス。まだまだ平気で食べられるだろう。二人前のラーメン。これも大丈夫だろう。二人前のカツ丼。少し苦しいかな。この度、二人分の業務をこなすように内示が発令された。果たして・・・。


二人前のカレーライス。まだまだ平気で食べられるだろう。二人前のラーメン。これも大丈夫だろう。二人前のカツ丼。少し苦しいかな。この度二人分の業務をこなすように内示が発令された。果たして・・・。

【→続きを見る】

見たことのある足

長女が福岡から久しぶりに帰宅した。長女の風呂上がり、ふと足を見るとどこかで見たような足だなと。足の親指の大きさ、指のバランス・・・。そうだ自分の足だった。親子でこんなにも似るものなのか。のんきな性格も似ているのだが・・・。遺伝は不思議だ。


長女が福岡から久しぶりに帰宅した。長女の風呂上がり、ふと足を見るとどこかで見たような足だなと。足の親指の大きさ、指のバランス・・・。そうだ自分の足だった。親子でこんなにも似るものなのか。のんきな性格も似ているのだが・・・。遺伝は不思議だ。

【→続きを見る】

キリン淡麗極上生

毎日愛飲しているキリンの淡麗生(発泡酒)がこの度フルリニューアルされた。何でもキレがあり、飲み応えのある力強いものになり更にビールの味に近づいたんだとか。期待を込めて6缶買ってみた。早速試飲。感想は「うーん・・・」期待が大きかったのか体調が優れなかったのか感動は感じられなかった。舌が発泡酒に慣れてしまったのか・・・。今晩再度試飲することに。


毎日愛飲しているキリンの淡麗生(発泡酒)がこの度フルリニューアルされた。何でもキレがあり、飲み応えのある力強いものになり更にビールの味に近づいたんだとか。期待を込めて6缶買ってみた。早速試飲。感想は「うーん・・・」期待が大きかったのか体調が優れなかったのか感動は感じられなかった。舌が発泡酒に慣れてしまったのか・・・。今晩再度試飲することに。

【→続きを見る】

一人の残業

休日にやらなければならない仕事をしに職場へ。雨の日曜日、濡れたアスファルトの上をスピードをあげて走っていくトラックの音。時たま音をたてて送られてくるFAXの音。それ以外は静かな執務室だ。自分は採用後から残業の多い部所に配属されてきたもんだとその静寂の中でふと昔のことが思いだされた。20代前半はある事業の電算化によりうどんとカツ丼の出前を食べながら夜遅くまで残った。その一時期は2か月間休日はなく、同じ作業をしなければならなかった。20代中盤は新設された部所に配属され、ここでも一人で残業せざるを得なかった。ある時は伝票の計算が合わず頭に血がのぼり、鼻血を出しながら続けたものだ。タイムスリップしたかのようにあの時代が蘇ったが、そんな経験を乗り切ったから今があるのかなと現実にもどった。さあ、早めに切り上げてサマサマへ行こう。


休日にやらなければならない仕事をしに職場へ。雨の日曜日、濡れたアスファルトの上をスピードをあげて走っていくトラックの音。時たま音をたてて送られてくるFAXの音。それ以外は静かな執務室だ。自分は採用後から残業の多い部所に配属されてきたもんだとその静寂の中でふと昔のことが思いだされた。20代前半はある事業の電算化によりうどんとカツ丼の出前を食べながら夜遅くまで残った。その一時期は2か月間休日はなく、同じ作業をしなければならなかった。20代中盤は新設された部所に配属され、ここでも一人で残業せざるを得なかった。ある時は伝票の計算が合わず頭に血がのぼり、鼻血を出しながら続けたものだ。タイムスリップしたかのようにあの時代が蘇ったが、そんな経験を乗り切ったから今があるのかなと現実にもどった。さあ、早めに切り上げてサマサマへ行こう。

【→続きを見る】

海を見ながら

休日に参加した催し物でいただいた弁当。その帰りにふと思いつき海辺に車を走らせた。車を駐め、弁当をもって海辺のベンチに座ってそれを食べた。青い空と潮騒と潮風につつまれお弁当をよりおいしくいただいた。登山家は山頂で食べるおにぎりが最高にうまいというが、やはり自然の中で食する行為は自然なのかもしれない。


休日に参加した催し物でいただいた弁当。その帰りにふと思いつき海辺に車を走らせた。車を駐め、弁当をもって海辺のベンチに座ってそれを食べた。青い空と潮騒と潮風につつまれお弁当をよりおいしくいただいた。登山家は山頂で食べるおにぎりが最高にうまいというが、やはり自然の中で食する行為は自然なのかもしれない。

【→続きを見る】

言い方で

「このバカ者がぁ」と言われるのと「おバカさんだなぁ」と言われるのは、受け止め方が大きく違うものだ。同じバカと言われているのに後者はなんとなく微笑ましいものだ。たった一言で深く傷ついてしまうこともある。感情的になった時は深呼吸を一つ。そういえば昔、遠藤周作著の「おバカさん」という本を読んだ記憶が蘇ってきた。


「このバカ者がぁ」と言われるのと「おバカさんだなぁ」と言われるのは、受け止め
方が大きく違うものだ。同じバカと言われているのに後者はなんとなく微笑ましいものだ。たった一言で深く傷ついてしまうこともある。感情的になった時は深呼吸を一つ。
そういえば昔、遠藤周作著の「おバカさん」という本を読んだ記憶が蘇ってきた。

【→続きを見る】

習性

テントウムシを捕まえて手のひらを這わせ、立てた指を登りつめると羽を広げて飛んで行ってしまう。テントウムシの習性である。缶ビールをグラスに注ぎ、缶が空になると2本目の缶のふたを開けてしまう。私の習性である。


テントウムシを捕まえて手のひらを這わせ、立てた指を登りつめると羽を広げて飛んで行ってしまう。テントウムシの習性である。缶ビールをグラスに注ぎ、缶が空になると2本目の缶のふたを開けてしまう。私の習性である。

【→続きを見る】

強い親

親は子どもに対して正しい道を教えながら時にはやさしく、そして強くなければいけない。アニメの「巨人の星」の星一徹は、父親として最後まで子どもの飛雄馬と男と男の勝負を繰り広げた。お互いに親子としてそして男として負けられない勝負だ。最近、スマホのゲームがどうしても次女に勝てない。今度プリン(次女の好物)を買ってあげるからコツを教えてくれないかな?序文に反して弱い親である。(-_-;)


親は子どもに対して正しい道を教えながら時にはやさしく、そして強くなければいけない。アニメの「巨人の星」の星一徹は、父親として最後まで子どもの飛雄馬と男と男の勝負を繰り広げた。お互いに親子としてそして男として負けられない勝負だ。最近、スマホのゲームがどうしても次女に勝てない。今度プリン(次女の好物)を買ってあげるからコツを教えてくれないかな?序文に反して弱い親である。(-_-;)

【→続きを見る】

レバ刺し

牛のレバ刺しが食べられなくなりさびしい限りであるが、先日いつもの馬肉料理専門店で馬のレバ刺しを食べた。それは見た目も色がよく新鮮であることがすぐわかった。一切れ箸でつまみ、専用のタレにつけて口に運ぶと・・・。あの懐かしい味が・・・。ついでに馬肉ステーキも食べ身体に活力を充電した。最後はサクラ寿司だが、本当にここは馬肉が新鮮でおいしい。別府市の「大阿蘇」という店だ。


牛のレバ刺しが食べられなくなりさびしい限りであるが、先日いつもの馬肉料理専門店で馬のレバ刺しを食べた。それは見た目も色がよく新鮮であることがすぐわかった。一切れ箸でつまみ、専用のタレにつけて口に運ぶと・・・。あの懐かしい味が・・・。ついでに馬肉ステーキも食べ身体に活力を充電した。最後はサクラ寿司だが、本当にここは馬肉が新鮮でおいしい。別府市の「大阿蘇」という店だ。

【→続きを見る】

ハイヒール

久しぶりに電車に乗りふと前に立っている女性の足元を見ると、10㎝位の高さがあるハイヒールを履いている。今まで一度も履いたことはないが(当たり前か)、見ていてつま先が痛くないのか、またきつくないのかいろいろと考えてしまう。つまり足の裏は地面に対して平行ではなく、かかとは相当な角度がついているわけだが・・・。考えてもしょうがないので、一度靴屋さんで履いてみるか。多分店員から白い目で見られるのは確実だが。


久しぶりに電車に乗りふと前に立っている女性の足元を見ると、10㎝位の高さがあるハイヒールを履いている。今まで一度も履いたことはないが(当たり前か)、見ていてつま先が痛くないのか、またきつくないのかいろいろと考えてしまう。つまり足の裏は地面に対して平行ではなく、かかとは相当な角度がついているわけだが・・・。考えてもしょうがないので、一度靴屋さんで履いてみるか。多分店員から白い目で見られるのは確実だが。

【→続きを見る】

気持ちがあるか

コンビニでレジを終え出口に向かう時、「ありがとうございましたぁ」と店員の声。何人ものこの声を聞いてきたが、みんなマニュアル的で気持ちが入っていない。そうであればただの音でしか響かないわけである。なおかつ笑顔がない場合は店員失格である。ガム一つ買う時も何か悪いようで、ついでにビールを買ってしまう小心者の私にはせめて笑顔を見せておくれ。


コンビニでレジを終え出口に向かう時、「ありがとうございましたぁ」と店員の声。何人ものこの声を聞いてきたが、みんなマニュアル的で気持ちが入っていない。そうであればただの音でしか響かないわけである。なおかつ笑顔がない場合は店員失格である。ガム一つ買う時も何か悪いようで、ついでにビールを買ってしまう小心者の私にはせめて笑顔を見せておくれ。

【→続きを見る】

思い直しが心の健康に

もしこうだったら楽なのに、もっとこうだったら楽しいのに、こうならなければ苦しまなくてすんだのに・・・。こんな風に不満な気持ちが芽生えた時一呼吸入れて思い直すことに。これくらいのことは我慢出来るだろ?全ては生かされているから経験することだろ?と。その日1日を生きれたことの感謝は忘れないようにしている。


もしこうだったら楽なのに、もっとこうだったら楽しいのに、こうならなければ
苦しまなくてすんだのに・・・。こんな風に不満な気持ちが芽生えた時一呼吸入れて思い直すことに。これくらいのことは我慢出来るだろ?全ては生かされているから経験することだろ?と。その日1日を生きれたことの感謝は忘れないようにしている。

【→続きを見る】

氷点

幾度となく読み返した三浦綾子著の「氷点」。人間の弱さや、許すことの難しさを書いた小説だ。過去に映画にもなったし、TVでも放映されたものだ。本では「氷点上下」と「続氷点上下」があるが案外すらすらと読めてしまうものだ。信じること、許すことの難しさ。人生の中で時間が解決してくれることも多くあるがそれでも・・・。


幾度となく読み返した三浦綾子著の「氷点」。人間の弱さや、許すことの難しさ
を書いた小説だ。過去に映画にもなったし、TVでも放映されたものだ。本では「氷点上下」と「続氷点上下」があるが案外すらすらと読めてしまうものだ。信じること、許すことの難しさ。人生の中で時間が解決してくれることも多くあるがそれでも・・・。

【→続きを見る】

銀だこ

大分駅ビルオープンも間近である。そんな大分駅に新たに「銀だこ」が出店した。個人的には揚げたたこ焼きはあんまり好きではないのだが・・・。そこでこの「銀だこ」の名前の由来だが、何でも創業者が将来東京の銀座にお店を出したいという願いからつけたんだそうだ。もし創業者が赤坂に出したいと願っていたら「赤だこ」になっていたかも。どうでもいい話か。


大分駅ビルオープンも間近である。そんな大分駅に新たに「銀だこ」が出店した。個人的には揚げたたこ焼きはあんまり好きではないのだが・・・。そこでこの「銀だこ」の名前の由来だが、何でも創業者が将来東京の銀座にお店を出したいという願いからつけたんだそうだ。もし創業者が赤坂に出したいと願っていたら「赤だこ」になっていたかも。どうでもいい話か。

【→続きを見る】

燃え尽きるほど

アニメの「あしたのジョー」の最後の場面、ジョーはおっちゃんに「燃えつきたよぉ、真っ白な灰のように・・・」とつぶやき終わる。人生の中で燃えつきるほど何かにうちこんだことのない自分は・・・。みんな燃えつきるほど仕事にうちこめば・・・。いい企画が浮かばない・・・。事業計画の提出期限が迫る。


アニメの「あしたのジョー」の最後の場面、ジョーはおっちゃんに「燃えつきたよぉ、真っ白な灰のように・・・」とつぶやき終わる。人生の中で燃えつきるほど何かにうちこんだことのない自分は・・・。みんな燃えつきるほど仕事にうちこめば・・・。いい企画が浮かばない・・・。事業計画の提出期限が迫る。

【→続きを見る】