月別ブログ for April of 2014

粋に生きる

納戸を片付けていると20歳くらいに書いた作詞ノートが出てきた。その表紙には 「粋に生きる」と大きく自分で書いた文字が残されていた。その頃はそういう気持ちだったのだろうが、それから30年、粋に生きてこれただろうか?まだ間に合うのだろうか?職場のパソコンの待ち受け画面に「粋に生きる」と入力してみるか。