月別ブログ for September of 2014

もう少しでアウト

全社協のあるビルに着いてすぐ1階のトイレに向かった。用を足す目的ではなく、強い風に髪がみだれたので、取りあえず身なりを直す目的でトイレ入り口の洗面台の鏡を覗いた。するとその鏡に自分の後ろを通りすぎる若い女性が写った。男子トイレに何故???  すぐにそのトイレを出て表示を見るとそこは女性トイレだった。間違っていたのは自分だったのだ。全社協に行く時はいつも使うので間違えるはずはないのだが・・・。
しかし、後で思ったが後ろを通り過ぎた女性が悲鳴をあげていたら・・・。「誰かぁ。ここにチカンがいます-」と。もう少しでアウトだった。


全社協のあるビルに着いてすぐ1階のトイレに向かった。用を足す目的ではなく、強い風に髪がみだれたので、取りあえず身なりを直す目的でトイレ入り口の洗面台の鏡を覗いた。するとその鏡に自分の後ろを通りすぎる若い女性が写った。男子トイレに何故???  すぐにそのトイレを出て表示を見るとそこは女性トイレだった。間違っていたのは自分だったのだ。全社協に行く時はいつも使うので間違えるはずはないのだが・・・。
しかし、後で思ったが後ろを通り過ぎた女性が悲鳴をあげていたら・・・。「誰かぁ。ここにチカンがいます-」と。もう少しでアウトだった。

【→続きを見る】

パンツからのメッセージ

台風が近づくなかの東京出張。初日の会議は13時スタート。10時30分に羽田に着いたため取りあえず新橋まで。いつかのテレビ番組を思い出し、新橋駅前のビル地下1階においしいチャーハンを出す店があることを思いだし行ってみた。時間は11時すぎだったがすでに1階までの階段に30人くにいの行列が・・・。待つことが嫌いな性格の自分はさすがにあきらめた。そんなことがあった翌日の会議は12時で終了。台風の影響か強い風が吹くなか、けだるい身体で最寄りの地下鉄まで歩いていると、目の前に若い二人の女性が歩いていた。すると吹いてきた風がその女性のスカートをふわりと。目の前の女性のパンツが目の前に。なんとそのパンツには「しっかり」という文字が大きくプリントされていた。そのメッセージが疲れていた身体をシャキっとしたかどうだか。パンツからのメッセージだった。



台風が近づくなかの東京出張。初日の会議は13時スタート。10時30分に羽田に着いたため取りあえず新橋まで。いつかのテレビ番組を思い出し、新橋駅前のビル地下1階においしいチャーハンを出す店があることを思いだし行ってみた。時間は11時すぎだったがすでに1階までの階段に30人くにいの行列が・・・。待つことが嫌いな性格の自分はさすがにあきらめた。そんなことがあった翌日の会議は12時で終了。台風の影響か強い風が吹くなか、けだるい身体で最寄りの地下鉄まで歩いていると、目の前に若い二人の女性が歩いていた。すると吹いてきた風がその女性のスカートをふわりと。目の前の女性のパンツが目の前に。なんとそのパンツには「しっかり」という文字が大きくプリントされていた。そのメッセージが疲れていた身体をシャキっとしたかどうだか。パンツからのメッセージだった。

【→続きを見る】

うまい手羽先

竹町に出来た「奇跡の手羽先サラリーマン横町」というお店に行ってみた。店内は広くないのだが、なんと言っても手羽先がうまい。食べ方があって、こつを覚えるわけでもなく骨からするりと肉だけが口の中に・・・。味もスパイシーなものからカレー味までどれを食べてもビールとよく合う。どのくらい食べたかわからないほど食べてしまった。また、串揚げもあったりしてサラリーマンがちょっと寄るには手軽だ。料金も食べ放題飲み放題で2,500円。さらにいいことにテイクアウト(15本1,000円安い!)ができるのだ。何かくせになりそう。


竹町に出来た「奇跡の手羽先サラリーマン横町」というお店に行ってみた。店内は広くないのだが、なんと言っても手羽先がうまい。食べ方があって、こつを覚えるわけでもなく骨からするりと肉だけが口の中に・・・。味もスパイシーなものからカレー味までどれを食べてもビールとよく合う。どのくらい食べたかわからないほど食べてしまった。また、串揚げもあったりしてサラリーマンがちょっと寄るには手軽だ。料金も食べ放題飲み放題で2,500円。さらにいいことにテイクアウト(15本1,000円安い!)ができるのだ。何かくせになりそう。

【→続きを見る】

邪念

週刊誌を読んでいるとこんな事が書かれていた。ある高齢者が道を歩いていると足下に一匹の蝉の死骸を見つけ、そっと木のわきにおいてあげたんだとか。するとその高齢者が買っていたロト7が8億円当たったんだとか。
会館の周辺には夏を一生懸命に生きた蝉たちの死骸がいくつもころがっている。すべてを集めて敷地のすみに埋めてあげようかな。そしてロト7を・・・。こういう邪念があるうちは当選は無理だな。


週刊誌を読んでいるとこんな事が書かれていた。ある高齢者が道を歩いていると足下に一匹の蝉の死骸を見つけ、そっと木のわきにおいてあげたんだとか。するとその高齢者が買っていたロト7が8億円当たったんだとか。
会館の周辺には夏を一生懸命に生きた蝉たちの死骸がいくつもころがっている。すべてを集めて敷地のすみに埋めてあげようかな。そしてロト7を・・・。こういう邪念があるうちは当選は無理だな。

【→続きを見る】

バッタリ

連休の3日間でしばらく会っていない知り合い3人とバッタリ会った。その日、その時間、その場所に行かなかったら会わなかったのだが・・・。しかも、今日は誰とも出会いたくないようなずぼらな格好をしている時に限ってバッタリなのだ。


連休の3日間でしばらく会っていない知り合い3人とバッタリ会った。その日、その時間、その場所に行かなかったら会わなかったのだが・・・。しかも、今日は誰とも出会いたくないようなずぼらな格好をしている時に限ってバッタリなのだ。

【→続きを見る】

子育て環境セミナー!!


9/17、別府ビーコンプラザであった大分県社会福祉協議会と大分県民生委員児童委員協議会共催の子育て環境セミナーに参加しただいふくん!約600名の方々が参加した会場で、別府市のひめやま幼稚園の


みんなによるマーチング演奏に合わせてダンスを踊りました!また、終わった後にもみんなと写真撮影したり、一人一人とハグをしたりと楽しそうだっただいふくん!



最後にマーチング演奏のお礼にと、だいふくんから、ひめやま幼稚園の園児のみんなに、「だいふくん」クレパスとスケッチブック、「だいふくん」シールのセットを渡して、園児のみんなもとても喜んでくれました!!



だいふくんも「みんな喜んでくれて良かったんダイ!また、みんなと一緒に演奏やダンスをしてみたいんダイ!」と楽しそうに話していました!!


子育て環境セミナーでは、佐伯市企画課柴田係長さんから食育に関するお話もあり、風邪予防には「あいうべ体操」を1日3回、10回繰り返すのがよいとのことです。


信じたいが

4~5年前までは他人が運転する車が信用出来なくて、どんな時も自分が運転していたものだ。いかに人を信用していないか疑心暗鬼。そんな自分が何をきっかけか忘れたが平気で人の運転の車に乗るようになった。すると運転する時には見えない景色が見えて案外楽しいものだ。自動運転の車が実用化されるのもそう遠くない。その時人ではなくコンピュータを信じなければならなくなる。人とコンピュータ、どちらも狂いは生じる。


4~5年前までは他人が運転する車が信用出来なくて、どんな時も自分が運転していたものだ。いかに人を信用していないか疑心暗鬼。そんな自分が何をきっかけか忘れたが平気で人の運転の車に乗るようになった。すると運転する時には見えない景色が見えて案外楽しいものだ。自動運転の車が実用化されるのもそう遠くない。その時人ではなくコンピュータを信じなければならなくなる。人とコンピュータ、どちらも狂いは生じる。

【→続きを見る】

対面

連休に長男は約束通り彼女を家に連れてきた。小学校の先生だけあってしっかりしている。しばし家族でランチを食べながら談笑する。彼女が帰った後ふと思った。娘達が彼ですと男を連れてきたら・・・。結婚が決まったら・・・。さだまさしの歌の「親父の一番長い日」ではないが、娘をうばっていく君を一発なぐらせろと言うのだろうか・・・。


連休に長男は約束通り彼女を家に連れてきた。小学校の先生だけあってしっかりしている。しばし家族でランチを食べながら談笑する。彼女が帰った後ふと思った。娘達が彼ですと男を連れてきたら・・・。結婚が決まったら・・・。さだまさしの歌の「親父の一番長い日」ではないが、娘をうばっていく君を一発なぐらせろと言うのだろうか・・・。

【→続きを見る】

告白

熊本から帰宅した長男が「今度の連休、時間ある?」と聞いてきた。何かいつもと違う雰囲気に何事かあるのか問いただすと、結婚を決めたので彼女に会ってほしいと言う。
5年のつきあいの結論に反対はしないが、少し早い気がしないわけではない。後で思ったが、この告白が長女と次女からだったら・・・。きっと取り乱すんだろうなぁ。


熊本から帰宅した長男が「今度の連休、時間ある?」と聞いてきた。何かいつもと違う雰囲気に何事かあるのか問いただすと、結婚を決めたので彼女に会ってほしいと言う。
5年のつきあいの結論に反対はしないが、少し早い気がしないわけではない。後で思ったが、この告白が長女と次女からだったら・・・。きっと取り乱すんだろうなぁ。

【→続きを見る】

何人と出会えるのかな?

♪ あの日、あの時、あの場所で君に出会わなかったら、僕らはいつまでも見知らぬ二人のまま。♪ そう、東京ラブストーリーの主題歌である。
職業にもよるんだろうが、一生でどれくらいの人と出会えるんだろうか。もちろん挨拶をしたまま二度と会えない人もいるだろうし、出会ったことすら忘れる人もいるし  ・・・。親友にしろ恋人にしろそんなに出会えない気がする。いつも週末にサマサマばかり行ってては出会いはないだろうな。受付の人とは顔見知りになったけど・・・。



♪ あの日、あの時、あの場所で君に出会わなかったら、僕らはいつまでも
見知らぬ二人のまま。♪ そう、東京ラブストーリーの主題歌である。
職業にもよるんだろうが、一生でどれくらいの人と出会えるんだろうか。もちろん
挨拶をしたまま二度と会えない人もいるだろうし、出会ったことすら忘れる人もいるし  ・・・。親友にしろ恋人にしろそんなに出会えない気がする。いつも週末にサマサマば かり行っては出会いはないだろうな。受付の人とは顔見知りになったけど・・・。

【→続きを見る】

こんなもんさ

毎年ソゥエルクラブからいただく日用品。どれもほしいものがないので今年は食材に目をつけレトルトカレー10食セットをいただいた。早速休みの日の朝食としていただいているのだが・・・。そんなある日の日曜日、そのカレーを食べてとある市町村の行事にだいふくんを連れて参加。どこに行ってもお昼の弁当はおいしいものだ。その日もそれを半分期待していたのだが、行事の司会者のアナウンスにガックリきた。「本日の関係者の昼食は3階に用意しています。なお、昨年までは弁当でしたが今年はレトルトカレーを用意していますので、各自ご飯にかけて食べて下さい」と。こんなもんさ。


毎年ソゥエルクラブからいただく日用品。どれもほしいものがないので今年は食材に目をつけレトルトカレー10食セットをいただいた。早速休みの日の朝食としていただいているのだが・・・。そんなある日の日曜日、そのカレーを食べてとある市町村の行事にだいふくんを連れて参加。どこに行ってもお昼の弁当はおいしいものだ。その日もそれを半分期待していたのだが、行事の司会者のアナウンスにガックリきた。「本日の関係者の昼食は3階に用意しています。なお、昨年までは弁当でしたが今年はレトルトカレーを用意していますので、各自ご飯にかけて食べて下さい」と。こんなもんさ。

【→続きを見る】

佐伯市社協ちびっこフェスティバル


昨日(9/7)は、佐伯市社協ちびっこフェスティバルに「だいふくん」呼ばれて、佐伯のゆるキャラ達と一緒にAKB48さんの「恋するフォーチュンクッキー」を踊ったり、子ども達と腕相撲をしました。



佐伯のゆるキャラ達は、まず、主催者佐伯市社協のゆるキャラ「ひとしずくちゃん」、目が大きくて水色の体の真ん中にハートのあるキャラクターです。次は、黄色の佐伯市本匠の蛍のゆるキャラ「ホタッピー」です。
蛍の生息地として有名な佐伯市本匠の蛍のゆるキャラです。3体目は、アジのヒラキングです。佐伯はお魚がとてもおいしいところなので、佐伯のおいしい魚をPRしています。最後は、ピンキーくんです。大分県警のゆるキャラで、昨日は、佐伯署から駆けつけてくれていたようです。
そんなゆるキャラ達に囲まれて、子ども達もとても喜んで、各キャラと一緒にイベントを楽しんでいました。


他にもイベントでは、お茶会や大分県警の歩行環境シミュレーターの体験、折り紙制作コーナー、紙風船やコマで遊ぶコーナー、佐伯市内の福祉施設の商品販売等が催されていました。


このようなイベントをとおして、これからも佐伯っ子に福祉が身近なものになってくれればいいなと思いました。


なんじゃぁ、こりゃぁ

スーパーに食材を買いに行くと2パック500円の刺身を発見。一つはブリでもうひとつはタコ。どちらも地物と標記している。酒のつまみにとためらわず買い物かごへ。
帰って早速口にしたが・・・。タコはゴムをかんでいるみたいで、ブリは水っぽく味がない・・・。おいしくないのでつい刺身醤油をつけすぎる。気分が滅入る晩酌となった。職場の職員で刺身がどうしておいしいのかわからないと口にしない職員がいたが、きっとこのようなまずい刺身の経験があるからだな。案の定、醤油のとりすぎで喉が渇き夜中に目覚めることに・・・。一杯の麦茶はうまかった。


スーパーに食材を買いに行くと2パック500円の刺身を発見。一つはブリでもうひとつはタコ。どちらも地物と標記している。酒のつまみにとためらわず買い物かごへ。
帰って早速口にしたが・・・。タコはゴムをかんでいるみたいで、ブリは水っぽく味がない・・・。おいしくないのでつい刺身醤油をつけすぎる。気分が滅入る晩酌となった。職場の職員で刺身がどうしておいしいのかわからないと口にしない職員がいたが、きっとこのようなまずい刺身の経験があるからだな。案の定、醤油のとりすぎで喉が渇き夜中に目覚めることに・・・。一杯の麦茶はうまかった。

【→続きを見る】

よだきい

大分方言の代表といえば「よだきい」である。大分県人は何かに付け「よだきい」を口にする。「明日は日帰り出張じゃぁ。よだきいのう」。「帰りに卵買ってきて!」と頼まれて「よだきいのう」。「今度の日曜は地区の掃除じゃ。よだきいのう」・・・。しかし、「よだきい」といいながら実行するのが大分県人のいいところである。素直に実行すればいいのだが一言言わずにいられないのだ。あーよだきい。


大分方言の代表といえば「よだきい」である。大分県人は何かに付け「よだきい」を口にする。「明日は日帰り出張じゃぁ。よだきいのう」。「帰りに卵買ってきて!」と頼まれて「よだきいのう」。「今度の日曜は地区の掃除じゃ。よだきいのう」・・・。しかし、「よだきい」といいながら実行するのが大分県人のいいところである。素直に実行すればいいのだが一言言わずにいられないのだ。あーよだきい。

【→続きを見る】

にんにくみそ

毎晩お酒のつまみとして食べる豆腐。これだけではさっぱりしているので、これまでいろいろな食材をトッピングとして食べてきた。納豆、辛し高菜、イクラ、キムチ、紫蘇ワカメ・・・。どれも食べ続けると飽きるのでまたまたスーパーをぶらぶらした。そして見つけたのが「にんにくみそ」。瓶に入っていてパッケージを見ると数種類の味噌とにんにくを刻んだものが練り合わさっているんだとか。早速購入して食べてみた。豆腐だから何を乗せてもだいたいおいしいんだが、これもおいしかった。しかし、味が濃いので飽きる可能性あり。


毎晩お酒のつまみとして食べる豆腐。これだけではさっぱりしているので、これまでいろいろな食材をトッピングとして食べてきた。納豆、辛し高菜、イクラ、キムチ、紫蘇ワカメ・・・。どれも食べ続けると飽きるのでまたまたスーパーをぶらぶらした。そして見つけたのが「にんにくみそ」。瓶に入っていてパッケージを見ると数種類の味噌とにんにくを刻んだものが練り合わさっているんだとか。早速購入して食べてみた。豆腐だから何を乗せてもだいたいおいしいんだが、これもおいしかった。しかし、味が濃いので飽きる可能性あり。

【→続きを見る】

食べ飲み放題の後悔

長男の送別会を焼き肉なべしまで。店内はまだ新しくきれいな感じ。早速、食べ飲み放題のコースを頼みビールと焼き肉を交互に口に運ぶ。頭の片隅では元をとらなければとペースがあがる。最後の方はもう入らないだろうというお腹の信号は赤なのにさらに一皿追加する。そしていつも胃薬にお世話になる。貧乏性は直らない。


長男の送別会を焼き肉なべしまで。店内はまだ新しくきれいな感じ。早速、食べ飲み放題のコースを頼みビールと焼き肉を交互に口に運ぶ。頭の片隅では元をとらなければとペースがあがる。最後の方はもう入らないだろうというお腹の信号は赤なのにさらに一皿追加する。そしていつも胃薬にお世話になる。貧乏性は直らない。

【→続きを見る】

重要なのは、日頃からのつながりや訓練!


平成26年度大分県中部地区総合防災訓練(由布市)の一環として、由布市災害ボランティアセンター設置・運営訓練が行われました。私は、県社協から、先発隊(現地支援班)という役割で、湯布院のB&G体育館(由布市災害ボランティアセンター)に行ってきました。B&G体育館の横にテントを設営し、由布市災害ボランティアセンターを立ち上げるようにしていました。


その日は、由布市社協さん総勢40名ほどの職員の方々や由布市のボランティア連絡協議会の方や日赤の無線ボランティアの方などが参加され、実際にボランティアさんがお見えになった際の対応方法や各関係機関との連絡調整の訓練を行いました。


 


想定としては、今実際に各地で起きている先月の豪雨災害を想定し、土砂崩れ等の被害が発生したというものでした。地域住民からのニーズに対して、ボランティアの方にボランティア活動を斡旋し、現地で支援し、帰ってきたボランティアから報告を受ける形でした。



また、当日は、災害ボランティアの訓練の他にも、避難所の開設訓練や自衛隊による炊き出し訓練が行われ、その他にも大分県薬剤師会の災害用移動薬局(モバイルファーマシー)も訓練に参加していました。体育館が避難所となり、90名ほどの方が避難してきた、また、観光地ならではで、観光客の方が15名ほど避難されているという想定や、要援護者3名の方が、近くの特別養護老人ホーム温水園に避難されるという想定もなされていました。



実際に災害が起きた際、私達先発隊としては、現地の情報を的確に把握し、県社協本部に状況を的確に伝達する等関係機関との連絡調整を円滑に行うことや現地社協と一緒になり、被災者の立場から何が必要とされているのかについて、ニーズをつかみとり、被災者の立場に立った運営支援をができればと思いました。



由布市社協の皆様、お疲れさまでした。特に、中心的に準備をされていたS係長さん、当日、いろいろとご質問させていただいたH課長さん、大変お世話になりました。ありがとうございました。


災害は忘れた頃にやってきます。大分県では、土砂災害の危険箇所もかなり多く、南海トラフによる地震や津波等の自然被害も想定されています。実際に土砂災害、地震による被害が起きたときにより減災するためにも、平常時のつながりや訓練が非常に重要です。災害時、あなたを助けてくれるのは、誰ですか?自助、共助、公助、皆さんのお住まいの地域でも是非、避難訓練などをとおして、災害時に備えておかれてはいかがでしょうか。

蝉の声

会館の周辺を1日に1回見回りをする。外壁の目視や無断駐車などのチェックのためだ。いつもどおり裏口の方を歩いてふと下を見ると多くの蝉の死骸がころがっていた。
「精一杯生きたよ。」と言っているかのように自分はその声が聞こえた気がした。短い時間の中で、精一杯鳴き続けて悔いなく死んで行く蝉がうらやましいような気もする。
今年も後4か月。時間だけが過ぎていく。


会館の周辺を1日に1回見回りをする。外壁の目視や無断駐車などのチェックのためだ。いつもどおり裏口の方を歩いてふと下を見ると多くの蝉の死骸がころがっていた。
「精一杯生きたよ。」と言っているかのように自分はその声が聞こえた気がした。短い時間の中で、精一杯鳴き続けて悔いなく死んで行く蝉がうらやましいような気もする。
今年も後4か月。時間だけが過ぎていく。

【→続きを見る】