月別ブログ for July of 2012

水害地域の把握に、中津市社協へ・・・


行きました。午前中は本部で課・係長会議へ出席、各地の被害状況の把握と、今後の対応について協議しました。その後、現場へ。 途中川沿いの道では、未だ残る災害の痕跡。心を痛めます。



本耶馬溪に着きました。 街中も土砂の流入で、家屋の玄関、とびら、窓などを全部外して、泥の掻き出し作業が行われています。


中津市社協が運営する特養「やすらぎ荘」、隣接のデイサービスセンターにも泥が流入、辺りは大変な状況になっていましたが、家屋内は、職員さん総出で泥だし、洗浄、消毒の繰り返しで、何とか居住することが可能になっていました。「利用者の方が一刻も早く、普段の生活リズムを取り戻せるように。」とスタッフの方が言っていました。力を合わせ懸命に作業をして、何とか生活できるように復旧していました。



ただ、外にあった軽自動車は、ドアの取っ手まで水が押し寄せ、24台ほぼすべてがダメになっていました。写真をクリックして拡大すると分かりますが、腰の高さまで水が来たようです。もちろん、中も泥水が溜まっていました。


また、近所に掛かる橋は、流木やがれきで一部が壊れ、通行止めになっていましたので、迂回して施設に入りました。


その他の地域でも、一瞬のうちに被害が拡大していて、想像以上の光景でした。早急に、県内社協どうしを連携して、災害復旧にあたるようにしています。