月別ブログ for March of 2012

Show The Frag!(巻き舌で)


って、米国国務副長官のアミたん(アーミテージさん(66歳))が、時のにポン国首相小泉学習デスク(編集長)に言ったとか言わなかったとかが議論となって、国中が「ええじゃないか」と一時騒然となったことは記憶に新しいが、時を経て本日3月16日、ここ豊後の国は国東の地で、「第1回!輝く!レコード・・」じゃなかった、「第1回!輝く黄色い旗サミット」が開催されましたので、大分市から一路、渡米ならぬ渡国東。


では、ここで映像をご覧ください。



平成20年12月から始まったこの運動は、3年経過して、地域の人たちの力で10か所に広がりました。視察やCM取材など、たくさんの人が国東を訪れ、全国に運動を広めようとしています。


そんな中、3年経過して実施・推進している地域の代表者が集まり、「もう一度、始めたころの初心に帰って運動の再確認」ということで、最初に市社協Fさんから、黄色い旗運動の3年間の歩み、黄色い旗運動の効果今後の展開と課題などの説明があり、そのあと、事例発表やグループ討議で意見交換を行いました。


グループ討議では当然、「マンネリ化」による課題も出てきました。でも、「運動をやってなかった時期と比べて、格段に地域の絆は深まっているんよ」という意見も多くありました。


『ソレはソレ。コレはコレ。俺は俺、お前はお前。』っていうか、個人主義が広まってきた世の中。つながりも、プツプツ途絶えてきています。特に三世代交流の機会の減少などから。


“みんなでやってる”、“みんなが仲間、支え合ってる”という「一体感」が、日本人のムラ社会文化っていうか、組織への帰属意識(何らかの集団やコミュニティに所属していると感じること)のいいところなんだなー。今後も、こういった、地域の人たちが自ら支えあう活動広がって行くように応援していきたいですね!


(出だしはどうなることやら・・・と思ったけど、何とかまとまった感はあるかな)