月別ブログ for February of 2012

第5回九州社協職員合同研究会議(1日目)


4日から5日にかけ、「災害と社協~東日本大震災からの一年・そして、これから~」を開催しました。九州社協職員合同研究会議です。当日は150名を超える方々に参加いただき、感謝感激、雨あられ状態。計画段階では100名超えたらいいね、って話していたので。(^^ゞ


第1部は「支援に行ったスタッフと現地スタッフの振り返り」。


被災地災害ボランティアセンターの活動とその後について話を伺いました。被災地の社協職員、現地にブロック派遣された職員、支援プロジェクトそれぞれの立場から振り返り。被災地に行った方もそうでない方も、活動を振り返りながらこれまでの支援や活動を考えました。


話し手に、福島県の現地スタッフからは、いわき市社会福祉協議会の草野さん、中央共同募金会から阿部さん、支援に行った側からは、長崎県の新上五島町社会福祉協議会田島さんと、おいたん竹田市社会福祉協議会の水野さん。進め手に、長崎県社会福祉協議会甲能さん。



第2部は、「避難町村社会福祉協議会の現状」。


被災地では現に、災害ボランティアセンターの設置さえままならなかった地域や、社協自体が無くなる危機にある状況のところがあり、被災地社協の“現状”を知る必要があります。実際の被災地の社協職員の方に報告をいただきました。


話し手に、福島県社会福祉協議会の斉藤さん、福島県浪江町社会福祉協議会の門馬さん。進め手は、滋賀県高島市社会福祉協議会の井岡さんでした。



情報交換会では、いわき市の草野さんがプレゼントで持ってきたバッジ(上記写真)のじゃんけん大会などを行なったり、114名も参加していただき、すっごく盛り上がりました!


1部2部ともとてもいい話が聞けましたよ~。ただ、ここに書くと長くなっちゃうし、素晴らしく実況していただいたHPもありますので、内容については「こちらをご覧ください」(感謝)。


◎2日目の様子はこちらをどうぞ


にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 大分県情報へ ←このバナーを毎日数クリックすると、日本の福祉力が多少向上していく(はず)なので、ご協力を!!?