月別ブログ for February of 2012

絶好調!復興庁?


復興庁が絶好調かどうかは定かではありませんが、今ごろ!!?って感じる今日この頃。


そんななか、絶好調!な地区社協の役員さん、福祉委員・自治委員・民生委員さん、婦人会の皆さんや愛育委員さんなど地域づくりの担い手の皆さん約200名が集まり、竹田市総合社会福祉センターで「地域福祉活動研修会」が開催されましたので行ってきました。


前半はみんなで、おもしろ脳トレ講座ということで、夢コラボの松尾先生が「いきいきフェイス&いきいき脳」で、みんな明るく、地域も明るくなるような講義を行いました。「表情筋をほぐすと心もほぐれる」、「褒められ上手は愛され上手」など、実演を交えてのお話で皆さんも笑ってリラックスした感じで楽しく脳トレを行いました。


後半は事例発表。竹田市の宮砥(みやど)地区社協の内田会長さんと合澤局長さんが、地域の支え合いづくり基礎組織となる社協活動について具体的な取り組みを約30分間。中でも目を引いたのは、今年度(23年度)から緊急あんしんポット(緊急医療キット)の配布活動を始めた、ということで、集中豪雨で河川の氾濫や竹田の大水害など、過去に地区で起きた災害による被害発生を教訓として、対象者世帯を年齢や世帯構成などで絞らず、地区全世帯(自治会に属していない世帯も)に配布して、緊急の場合や災害時などに備えていると話されました。


自治会での声かけ、気配りを始め、見守りカード効果の検証を行っていってるところだとか。このアイテムをみんなで持つことで、安全・安心な地域づくりの一翼を担っているという感じがしました(^^。


(タイトルと本文はほぼ関係ないです)