月別ブログ for November of 2012

平田さん(仮名)に手紙を書きました。


別府ホテルサンバリーで、中堅民生委員児童委員研修会を開催ちう。明日まで。私は久々に、1年半ぶりくらい?に司会をしました。
今日は「対人援助の基本技術と視点」を学習するために、大分県社会福祉士会の和田会長さんを講師に4時間、たっぷり講義&演習をお願いしました。人権を尊重する視点からの「傾聴」と「受容」について、演習問題を織り交ぜながら具体的にすすめました。 演習の中にはタイトルにあるとおり【お手紙を書いてみる】といったものもありました。
書いた手紙の内容を発表する時になり、普通なら恥ずかしくて発表者が出るかどうか分からない状態になる・・・・かと思いきや、次から次へと発表者の手が上がり(笑)。さすが民生委員さん、手紙の内容もそれぞれ感激するものが多かったです。
演習3では、なぜか私が相談者役で、舞台上に駆り出され・・・・(@O@)。同じ内容の演技(相談者)を2回やって、面接者(和田講師)の態度の違いをみて、参加の皆さんに「傾聴」の気づきを求める、というものだったのですが、何とか無難にやれてよかったです(爆)。
皆さんからは「日々活動の中で忘れがちな対応の再確認ができた。意識の高揚ができました」「尊重と信頼の絆で個別化できる視点で初心を忘れずにしたいと思った」などの声がありました。
夕刻前からは、法律と生活ということで、お馴染みの三井先生からお話し。ひとくち問題などを行い、「実生活の中での身近な問題定義、○×方式による回答説明で分かりやすく馴染めた」「身元保証人の設問など今まで勘違いしていたものもあり大変参考になった」などの声が聞かれました。
その後の交流会の会場テーブルも、演習のグループ分けをそのまま充てましたので、引き続き皆さん盛り上がっていましたし、私も盛り上がりました(^^。