月別ブログ for October of 2012

大規模な災害に備えて!


要援護者を守りぬく訓練をしました。福祉施設の避難訓練でっす。でも、ただ施設から近くの避難所へ避難するんじゃなくて、そこから特別な支援を必要とする方々を、福祉避難所(二次避難所)に輸送する、というもの。


沿岸部・津久見市の高齢者総合福祉施設「しおさい」から、『地震による津波が発生!!』ということで、近隣の一次避難所(旧小学校の体育館)へ利用者・職員併せて31名が避難。その避難者のうち、6名が“特別な支援が必要”となったため、行政へ連絡、山間部・豊後大野市の高齢者福祉施設「紫雲荘」が受け入れることとなり、搬送。というシナリオでの訓練。簡単に言うとそんな感じ。


避難所って、福祉的な擁護を必要としない、一般の避難者も来ますよね?“特別な支援が必要”というのは、たとえば、その避難所での生活が困難な方々(人工透析の方とか、難病など障がいがある方や、高齢で介護を要する方などなど)のことです。


そういった方々が、福祉的擁護を受けられる場所(福祉施設やホテル等)に受け入れてもらい、専門的な治療などを受けて、復旧まで安心して過ごせる場所、それが「福祉避難所」です。行政が指定しますよ。



津久見市の一時避難所(体育館)から、豊後大野市に向かい、移動を開始。その間も、行政や市社協、豊後大野市の施設連絡会などが連絡を取り合い、準備を進めます。


受け入れる側の紫雲荘では、年2~3回、災害を想定した炊き出しなどの訓練を行っており、受け入れの今日も「広域的な地震により、電気・ガスが使えなくなった」という想定で、炭による食事づくり(炊き出し)、明かりはは発電機を点けて・・・と、素早い手際で準備してました。



で、夜。その日のうちにあったことを、その日のうちに反省会。


避難者のお布団を敷いて・・・。


訓練は、明日、『災害発生から7日目。しおさいの復旧も完了し、避難者が住み慣れた場所に戻る』という想定で、午前中まで続きますよ。