月別ブログ for August of 2012

峠は越えたようです。(ホッ)

 


昨日午後から、輝く!「第81回全国民生委員児童委員大会」in大分大会の第3回目の実行委員会を開催しました。


開催地市町村の行政・社協・民児協、県民児協正副会長、県と県社協に加え、今日はホテルや会場等斡旋している旅行業者(名鉄観光)さんが出席。


当日の動きや式典の内容、10個の活動交流集会の参加人数速報値、大会用資料袋や記念品、オープニングとエンディングのアトラクション、メイン会場前のホールレイアウト、各都道府県からの来県行程表などについて、現在の大会準備にかかる進捗(進み具合)の状況について説明、意見等を求めました。


こうなってくると、間近に迫ってるんだな~・・・と実感がわいてきます。現在参加者数は、3,000名を超えています。ゼヒとも、実のある盛大な大会にしたいものです。


今週1週間は、怒濤の会議研修ウィークでした(^^。


しかし!来週も死のロードが・・・???ある??ない??

全国大会の件で・・・


大分県民生委員児童委員協議会の正副会長会議を開催しました。

研修は続くよどこまでも


由布市、臼杵市、津久見市の民生委員児童委員さんを招いての研修会です。県社協4階大ホールにて開催。230名参加。


東九州短期大学の特任教授松田先生の講義、「虐待をしない、させないために 私たちにできることは・・・」は、体験談などを交えて難しい話を面白く話していただきました。

結構な量です・・・


毎年の全国民生委員児童委員大会のとき、各県の参加者あてのおみや(土産)の一つに「活動事例集」という冊子が配られます。


大分でも、現在その冊子を作成中でして、今日はその委員会を開催しました。各市町村の民生委員・児童委員さんの活動事例が掲載されたこの冊子、県内18の全市町村から、約40事例ほどを集めて作成しちょります。結構な量です・・・


皆さん、結構独特の口調で書かれていて、それはそれで活かそう、という方向性を保ちながら、それでいて全体的に統一した流れや構成で作り上げるという感じで・・・。実は今日が第4校正ですが、委員の皆さんにもご意見をいただきながら、タイトルなども大幅に見直してみました。


メイン担当者に、「あと2回位、校正があるんかな?」ってきいたら、目をまあるく見開いて「いやいやー!、あと2回位じゃないですよー!」って言われた(笑)。 気合入ってます。


一応10月5日に完成予定で、全国大会参会者へお渡ししますよ!

報道関係者たくさんキター!


2日目です。今日は、県内社会福祉協議会のほか、県(地域福祉推進室、防災危機管理課、県民生活支援室(ボランティア関係))や、被災市の民生委員児童委員協議会会長さんに出席いただき、先月の7月豪雨災害での、災害ボランティアセンターの立ち上げ、運営、ボランティアの受け入れ体制などなど、「その時」の運営方法について検証して、課題などを共有しながら、今後よりよい運営や連携の方法などを協議しました。


被災当初は、行政との連携がうまく回らず、混乱したり情報が入りにくかったり。災害ボラセン運営時は、被災された方々のニーズ(要望)と作業ボランティアさんの数とのマッチングになかなか苦労したり。


今回の豪雨で被災した3市では、延べ約9,600人のボランティアさんにお越しいただきました。そのご恩に報いるためにも・・・ですね!


今後は、各社協間の相互応援協定を交わしたり、社協職員の資質向上のための研修の実施などを続けていきたいと思います!

災害は、忘れないうちに


「災害は、忘れたころにやってくる」と、一昔前は言っていましたが、今は「災害は忘れないうちにやってくる」になっているって、以前T社協のМさんが言ってたのを聞いたことがありますが、最近は特に、まさにそのとおりかと。


災害がそんな風なら、こっちだって黙っちゃおれません!(?)こっちとしても、災害を忘れないうちに振り返り、検証しまっせ引っ越しの~サカイ(ほんまかいな~そーかいな)!


・・・怒られそうなのでまじめに。


大分アリストンホテルで、「市町村社協会長・常務理事・事務局長研究協議会」を開催しました。


初日は「災害支援に向けて、社会福祉協議会が備えておくこと」というテーマで、大分大学の山崎先生に講演いただき、社協が行うべき防災教育の話や、災害対応に必要な知識、障がい者など個人情報を取り巻く関係など様々な角度から社協が行っておく「備え」についてお話しいただきました。


その後、実際に被災した県内3つの社協の事務局長さんから、「大規模災害における社協の支援活動」のテーマで、組織としての動きや、災害ボランティアセンター活動における運営上・支援上の課題点などについて、報告いただきながら意見交換しました。90分でしたが、あっという間にスギちゃん。(←ここで出たか)


で。夜の交流会でも盛り上がり、明日の研究協議へと進みました。

最近、過去に例のないくらい・・・って多いよね・・・


大型で非常に強い台風15号。今夜、沖縄本島に最接近する見込みとのことです。


明日にかけて沖縄で予想される最大瞬間風速は70メートル!!だと・・・・・!?「過去にほどんど例のないくらいの暴風の吹く恐れ」だそうです。雨量も記録的に多くなる見込みとのこと。大雨・暴風に最大の警戒が必要です。


今後の進路にご注意ください!

おい!しじみ!!アップしとけ!!


ついに俺の出る番が来たか・・・。


(夏バテですか?しかし、オルニ珍味って・・・(笑))

準備しながら、食べながら・・・


来週行われる市町村社協の研究協議会の準備に奔走中。んで、今日は開催会場の下見にホテルへ。・・・ってここは交流会場でした(^^。



夜は、企画情報課の会合で、大分市誕生100年市民企画実施イベント「マチコイ」に、一市民として参加。1店700円!でセットメニューが食べられます。いいね!このイベント!存分に堪能しました(^^。

ブロ研!3回目!


別府ビーコンプラザにて、別府市・日出町の民生委員児童委員さんの研修会を開催しましたよ~。

あつはなついので

ブログにおいて夏季休暇をいただいております。



昔、子どもの頃、テレビが「しばらくお待ちください」になった時の画像が怖かったのは何でだろう??未だに謎。そして永遠に・・・


※本気でそのままパソコンの前で待たないでください(笑)

ついに完成!だいふくんあまざけ!


限定数十本!

3プラスアルファ(+α)~波


会議しよって、α波が出たらまずかろう。


先日は、日田市、中津市と県北の社会福祉協議会を訪ねて、「災害時 一人も見逃さない ボランティアセンター」の運営状況について(一人も見逃さない、って部分は、違う運動やろ)伺いましたが、10日は、まだ災害冷めやらぬお忙しい中でしたけど、竹田市社会福祉協議会にお伺いして、災害ボラセンのことについて打ち合わせをしました。


ココでも、他の2社協とは少し違った、“その土地ならでは”の災害ボラセンの運営を行いながら復旧にあたられました。


私もボラバスなどでなんどもかんどもお邪魔させていただきましたが、九州各地の社会福祉協議会をはじめ、遠くは福島県から、災害ボランティアセンターの運営支援にスタッフが駆けつけていただき、運営してました。(日田市社協も、隣県の社協などから多くの運営支援に入ってもらいましたけど)。


3つの社協が、それぞれ3つのやり方で災害ボラセンを運営しました。どこが良いとか悪いとか、そういうのは抜きにして、今後1+1+1=3+α(アルファ)なボラセン運営等についての考えがまとめられればいいな、と思ったりしちゃったりして。


運営方法も風化させないようにしなきゃなーと思いました!

Σ (゚д゚lll)ノノ アブナッ !

 ぴかジューーーー!(10万ボルト)


いや~、今日の雷はすごかった!大気の不安定さにもほどがある!マルデ イマノセイキョクノヨウナフアンテイサダ。 雷鳴りっぱなでした。皆さんの地域でもあったかと思いますが・・・


前にも書いたけど、『地震、雷、火事、オヤジ』ってのが、ニポンの昔からの“4強”ならぬ「4恐(きょう)=4大怖いものの象徴」といわれていたものですが・・・


「地震」は皆さんの納得のいくところでありましょう。3.11の東日本大震災もあったし、その後の余震なども。


でも近頃の地球温暖化の影響もあろう気候の変動などを見ていると、「雷」ってのも捨てたもんじゃないと思います(いやいや、表現まちがっとるやろ)。


ちなみに、オヤジ(親父)は、とうの昔に4恐のランク外になってしまった感満載。カアチャンの台頭で、お父さんたちも弱く(やさしく)なってきたよね!(誰に同意を求めてるんだ(笑))


ただ、本来の意味は、「オヤジ」ではなくて「ヤマジ(山嵐)」=台風らしいですね。
確かに、オヤジだと、雷系でダブって(カミナリ親父とかいうじゃん)、おかしいなとは思ってましたが・・・(イメージとしては、「ばかも~~~ん!」の磯野波平(^^;)


・・・とはいえ、3年ほど前は、地震・火事・インフル(=新型インフルの脅威があった)だったんでしょうけど、今は4番目に来るのは・・・豪雨か?


皆さんの4番目の恐いものは、なんでしょう(笑)?

「昼」なんです


に、10号線沿いのレストラン「暖家(だんけ)」で長崎チャンポンのような「天火麺」。840円。


職場のGさんが、県内出張で10号線を通るルートで行くときに、いつも?じゃないけど立ち寄って昼食をとるらしく、帰って来ては『暖家のチャンポン』、『暖家のチャンポン』ウルサかったので(爆)、そんなに言うなら・・・と思い、立ち寄った次第です(^^。


チャンポン麺じゃなくて、少し細めの麺です。


10年ぶりくらいに食べたけど、ボリュームがあってウマかった。


ありがとうGさん!また違う場所も教えてくださーい(^^。

応援ありがとうございました(^^g


大分南高校の福祉科の生徒さんと生徒会の先生が来局。7月豪雨災害被災地への義援金の寄贈がありました。


大分南高校は、今年度から福祉科が設立され、国語算数理科社会・・・じゃなかった(それは小学校)、国語数学地理歴史公民理科外国語家庭芸術・・・・・といった、高校生ならではの学習のほか、社会福祉介護福祉生活支援技術介護実習など、福祉に関するいろんなことを勉強されています。今年からできた!ということで、1年生が1期生なわけです。


課外学習として、パークプレイスでハンドマッサージをおこなったりしています。


南高校は創立30周年ということで、その一環の行事として行なったそうですが、パークでするっていうのが素晴らしいですね。何か、普通だと「学校に招いて(来てもらって)」ということが多いかも知れませんから。学生さんも、いい体験ができ自信がついたんじゃないでしょうか。 先生方の下準備も、結構あったと思いますが(^^。


何か話がそれてきましたが、『被害があった地域に、少しでもお見舞い出来たら・・・』というみんなの気持ちは、必ず相手に届くと思います!そして大きな実りとなって、皆さんに帰ってくることでしょう。


夏休み期間だと思いますが、届けに来てくれてありがとう!皆さんの「想い」、しっかり受け止めました!

県内最大級の、福祉関係者が集う大会


11月14日に開催の、「第7回大分県地域福祉推進大会」の実行委員会を開きました。


今年も、とてもスムーズに議事が進行して、趣旨、特別講演、大会宣言、スローガン、意見発表などなど、@言う間に決定されました。


大会スローガンは、各委員さんの投票で、「ひとりじゃない! 声かけ! あいさつ! 助けあい!」と「子どもの未来は大分(ちいき)の未来 育てよう子どもたちの健やかな心」に決まりました。


特別講演の講師も、全国で初めて亡くなった方の遺品整理の会社を設立された、キーパーズの代表取締役吉田太一氏に決まりました。

いろいろと混ざってる


チマタでは、ロンドンオリンピックで金メダリストが続々誕生!!・・・を夢見ている毎日で、全国民的に 寝不足な日々を過ごしていると思われるなかですが、大分県ではロンドン五輪の前の先月に大変な豪雨に見舞われまして、甚大な被害が起こったのは、皆さんの記憶に新しいと思います。


そのなかで、各地のボランティアセンターを動かしていたのが、被災した市の社会福祉協議会。災害ボラセン(ボランティアセンター)として、県内外から多くのボランティアの受け入れ派遣をはじめ、地域の人たちに手伝ってほしいことを聞いたり(ニーズ調査)、復旧を手伝いたい(ボランティアしたい)という人たちを派遣するための人数調整をしたり(マッチング)、スコップや土のう袋、一輪車を貸し出したり(資材班)などなど・・・・いろんなチームに分かれて、災害ボラセンは運営されていました。


で、復興してよかったね!・・・じゃあなくって、『その時!社協は動いた』(byNHK)的な活動について、いろんな角度から検証を行おうということで、特に被害が大きかった3つの市の社協(日田市・中津市・竹田市)に、独占インタビュー・・・じゃなかった、打ち合わせを兼ねた、聞き取りをしに行ってきました。


皆さんの中には、 『「災害発生」に向けて準備』すると聞くと、近年では「津波」のことしか意識がなく、 長宗我部氏や 毛利氏の侵攻を警戒して、沿岸部の護りを固めることに専念するよう家臣に伝えた、という人が多かったのではないでしょうか。(話が見えない)


「まあ、日田国も竹田国も、治水度を35から90くらいに上げたから、よもや水害など起こるまい。のう、道雪よ。」などと考えていた矢先の出来事で、今回のように、同時多発的に災害が発生した場合の対応に慌てたことはなかったでしょうか。(今イチ不明瞭)


・・・ということで(?)、今月下旬に開催する「研究協議会」に、それらのテーマを取り上げてみることにしました。


 


午後からは、中津市社協へおじゃまして、聞き取りしました。 話せば話すほど、いろいろなことが見えてきました。


次は竹田市におじゃまします!よろしくお頼み申す(^^!

怪奇


えー、夏場ということで、ここでひとつ怪奇なお話を一つ。


大分ブロックの、民生委員・児童委員研修会を、大分文化会館で行いました。約690名参加。


この『大分ブロック』は、むか~しむかし、「県」民児協主催で開催していましたが、いつの間にやら大分「市」の民児協にキャッチアンドリリース。


大分市では880名もの委員さんがいるので、会場を4つ(4ブロック。だいたい東西南北かと)に分けて長年開催してきていました。ブロックごとに独自性をもった研修会っチュー形で。


そしてこの度、できるだけ統一した研修で、さらなる資質向上を目指そう!ということで、半年間くらいかけて協議したのち、大分県民児協と一緒のプログラミングをすることとなったわけです。


分かりやすく言えば、ジャイアンに取られていたオモチャやマンガが、戻ってきたというわけです。(違うような)


惑星「イトカワ」に行っていた、小惑星探査機「はやぶさ」が、戻ってきたというわけです。(違うような)


トランプの「ババ抜き」で、持ってたババをようやく取ってもらい、ホッとしているのもつかの間、一巡して、戻ってきたというわけです。(しっくりくる)←ヤバいでしょ、これ


午前の1コマは、各ブロックで今一番取り組まなければならない地域課題などについて、テーマや講師を決めて、県民児協に連絡します。その後は、県民児協で講師折衝などを行って資料さくせいやらあーやらこーやら、当日まで右往左往します(爆)。


開会時間まで、楽屋で係員同志でしゃべってコンシェルしていると、後ろから「あ~ども!」という声が。『だっ、誰!?』と思い振り向くと、午前講義の大分大学山崎先生ではありませんか。


私のトイメンに座ってたみんなは、ズンズンと先生が接近してくるのが視界に入っていたはず・・・気づかなかったのか!??サマーバケーションな感じで、ラフなポロシャツでお越しいただいたので、文化会館のエンジニアと間違えたのかっ・・・!!?


という感じで、その後いろいろと打ち合わせを行った後、講義は「個人情報の取り扱い」についてでした。守秘義務と民生委員児童委員が入手する個人情報の特徴や災害時要援護者の避難支援のときの個人情報扱いの具体例についてお話しいただきました。


午後までみっちり5つの講座をやったので、参加委員の皆さん多少お疲れのようでした(^^。


 


「・・・で?? ↑いままでの、この話のどこが『怪奇』やねん!」 「・・・・・あ、変換違ってた。『回帰』という話でした。」


おあとがよろしいようで。

ポケットレインコートの使いどき。


災害ボランティアセンターでの作業中、時折雨がバラつく(パラつく、んじゃなくて結構本降りな感じ)時があって。


そん時は役にたったなー。


市町社協のみんなに、「まさかこんな時(災害ボラ)に使うなんて、全く思ってなかった」って言われたけど(^^。


私も全く意図してませんでした(^^。

ああっ!!

そういえば総入れ歯、おいたん県社協の季刊誌でもある機関誌「だいふく」の夏号が発行されてたっぺし!ま~んずきづかなかったっぺやー!


ってことで、機関誌は県社協のホームページでご覧いただけます。ただし容量が大きいので、画像があまり良くないですが・・・。それでも見たい方は、こちらを クリック してね!

なつなつなつなつ


ココ―ナッ!(古)


アイアイアイアイ・・
゚・゚*・ぐは(゚O゚(☆○=(`◇´*)o もういいっちゅーねん!


え!?もういい中年!?
もういい年の中年なんだから止めろって!!??


・・・話を本題に戻します。
先日、佐伯市社協さんが「遊びながら福祉を学ぼう!『第7回!社協ちびっこフェスティボー!』ワ~!ドンドンドンパフパフパフ」なる楽しげなイベントを、地域の子どもたちを招待してやっておりました。(ちゃんと紹介しちゃれよ・・・)


佐伯市保健福祉総合センター「和楽」を利用しての開催。室内の1階2階、屋外での車いすを使用しながら回転ルーレットに挑戦するゲームや、アイマスクを使ってプチゼリーを食べる「何の味でしょうか!?」ゲーム(そんな名前じゃなかったような)など、福祉要素満載のイベリコ・・・じゃなかった、イベントです。


夏休みともあって、子供たちが1000人くらい遊びに来ていまして、会場内は熱気ムンムン。冬場にラーメン食べてたら、すぐメガネが曇っちゃうくらい
のムンムン度。(何?ムンムン度って・・・?)


折り紙コーナーやけん玉など昔の遊び伝承コーナーや、点字を打ってみよう!コーナーなどなど、内容盛りだくさんでした。



佐伯社協とボランティアの皆さんで準備したそうですが、このくらいの規模だと準備が大変だったのでは?
でも、参加者からは「すごく楽しい」、「『社協がこのような行事をするのは素晴らしいと思う』と絶賛してたって言っといて」など、喜びの声が。ご苦労が報われたんじゃないでしょうか。


今後も多くの市民に、福祉をもっと身近に感じてもらえる取り組みをじゃんじゃんうっていきそうな佐伯市社協さん。ご期待申し上げます!!

HPが200回復した!

早いもので、もう8月ですね~・・・。


暑さで何かと だるだるイングリッシュ(byテレ東)になってきそうなこの季節。 オリンピックに挑む、世界のトッププレイヤーも・・・いや、この話はやめておきましょう。


ビシィィィツ!!と気合を入れるために!!本日、HP(ホームページ)を若干、リニューアルしました。


いわゆる「微ニューアルhttp://www.oitakensyakyo.jp/


まだいろいろ不具合があるけれど、一層のごひいきを賜りますれば幸いでございます。


微ニューアルって、いい響きだ・・・